PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

環太平洋大が失点1の圧勝、2年ぶり3度目の優勝決める・全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子

(2013年11月9日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
環太平洋大が失点1の圧勝、2年ぶり3度目の優勝決める
全日本学生柔道体重別団体優勝大会女子
eJudo Photo
(写真:準決勝、環太平洋大の梅木真美が山梨学院大・西田香穂から大内刈「一本」)

全日本学生柔道体重別団体優勝大会は最終日の3日、ベイコム総合体育館(尼崎市)で最終日の競技が行われ、女子は環太平洋大が2年ぶり3度目の優勝を果たした。

昨年王者で第1シードの帝京大が前日に破れており、環太平洋大にとっての最大の山場は山梨学院大との準決勝。

この試合は先鋒の谷本和が山﨑珠美を相手に、山﨑が釣り手で奥襟を叩こうと手を伸ばした瞬間に小外刈で振り返し「技有」奪取、優勢勝ちで先制。

次鋒戦は梅木真美が西田香穂をあっという間の大内刈「一本」で下し、試合の分岐点になり得るかと思われた強豪対決の五将戦もヌンイラ華蓮が長内香月を大外返「一本」で下してこの時点で早くも3-0の大量リード。

eJudo Photo
(写真:準決勝、ヌンイラ華蓮が長内香月を大外返「一本」に仕留める)

中堅戦は落としたものの、三将戦では渡部優花が山梨学院大主将の学生王者連珍羚を、副将戦では超級枠で起用された安松春香がもと世界ジュニア王者の井上愛美をそれぞれ完封して引き分け。苦戦が予想された大将戦でも黒木和世が佐野賀世子から「有効」を奪ってさらに点を積み上げ、4-1という大差でこの大一番を制して決勝進出を決めた。

eJudo Photo
(写真:決勝、梅木真美が瀬川直莉を大内刈「一本」に仕留める)

東海大との決勝では谷本が福本奈緒を相手に袖釣込腰「有効」を失ったが、残り37秒に小内刈で転がして「有効」を取り返し引き分けで試合を終えると、次鋒梅木が大内刈「一本」、五将ヌンイラが払腰「一本」と再び怒涛の攻め。

eJudo Photo
(写真:渡部優花が岩田奈那子から大外刈「一本」、ここで環太平洋大の優勝が決まった)

2点リードで迎えた三将戦では渡部優花が岩田奈那子を大外刈「一本」に仕留め、この時点で早くも優勝決定。

副将安松は超級の強豪烏帽子美久と対戦、これもまったく隙を見せずに引き分け。大将黒木は背負投「一本」で試合を締め、結局4-0の大差で優勝決定。4試合で失点僅か1という圧勝だった。

eJudo Photo
(写真:観客席の歓声に応える主将・安松ら選手たち)

矢野智彦監督は「どこよりも練習して準備はしてきたので自信はあった。主将の安松が44名の部員をよくまとめてくれた」と優勝の弁。「チームワークが良いチームは興奮しがち。興奮を80%に抑えて、冷静にチャンスを生かせというのがテーマだった」と、昨年の敗退から学んだという戦いの方針が功を奏しての勝利。安松を敢えて超級枠に投入するなど采配も当たり、勝つべくして勝ったという印象の圧勝劇だった。

入賞者と準決勝、決勝の対戦詳細は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:優勝の環太平洋大)

【入賞者】
優勝:環太平洋大学
準優勝:東海大学
第三位:金沢学院大学、山梨学院大学

優秀選手:梅木真美、ヌンイラ華蓮(環太平洋大)
福本奈緒(東海大)、増田沙由美(山梨学院大)、坂下福満(金沢学院大)

【準決勝】

環太平洋大 4-1 山梨学院大
(先)谷本和○優勢[技有]△山﨑珠美
(次)梅木真美○大内刈(1:32)△西田香穂
(五)ヌンイラ華蓮○大外返(1:34)△長内香月
(中)久賀麻美△大内刈(0:08)○増田沙由美
(三)渡部優花×引分×連珍羚
(副)安松春香×引分×井上愛美
(大)黒木和世○優勢[有効]△佐野賀世子

東海大 3-1 金沢学院大
(先)福本奈緒○袖釣込腰(0:17)△谷明音
(次)大和谷千春△内股(4:21)○坂下福満
(五)結城久美子○優勢[有効]小木曽圭希
(中)蓬田智佳×引分×西川沙里
(三)岩田奈那子×引分×西村理沙
(副)烏帽子美久○横四方固(0:59)△中原未奈代
(大)金子岬加×引分×名村友薫

eJudo Photo
(写真:決勝、ヌンイラ華蓮が結城久美子からまず大内刈で「技有」)

【決勝】
環太平洋大 4-0 東海大
(先)谷本和×引分×福本奈緒
(次)梅木真美○大内刈(2:01)△瀬川直莉
(五)ヌンイラ華蓮○払腰(4:12)△結城久美子
(中)久賀麻美×引分×蓬田智佳
(三)渡部優花○大外刈(2:58)△岩田奈那子
(副)安松春香×引分×烏帽子美久
(大)黒木和世○背負投(2:39)△金子岬加


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版11月4日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.