PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

世界ジュニア選手権団体戦

(2013年10月30日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
世界ジュニア選手権団体戦
日本が決勝でフランス振り切り優勝、稲森奈見は個人戦と合わせて全9試合一本勝ちで大会終える
■ 女子団体戦
スロベニア・リュプリナで行われている世界ジュニア柔道選手権大会は27日、最終日の団体戦の競技が行われ、女子は日本が優勝した。

日本はエクアドルを5-0、イスラエルを5-0、クロアチアを4-1といずれも大差で下して決勝進出。フランスとの決勝は2対2で迎えた大将戦で稲森奈見(三井住友海上)が78kg級3位のマロンガを裏投「一本」で下して優勝を決めた。出口クリスタ(松商学園高3年)と稲森は全勝で優勝に貢献、稲森は個人戦と合わせて9戦全勝、オール一本勝ちという圧倒的な結果で大会を終えた。

女子団体戦の入賞者と日本代表勝ちあがりは下記。

◇      ◇      ◇
【入賞者】
1.Japan (JPN)
2.France (FRA)
3.Croatia (CRO)
3.Germany (GER)
5.Russia (RUS)
5.Brazil (BRA)
7.Mexico (MEX)
7.Israel (ISR)


【日本代表勝ちあがり】

[1回戦]

日本 5-0 エクアドル
[52kg級]志々目愛○小内刈△アルコス
[57kg級]出口クリスタ○崩袈裟固△フェンテス
[63kg級]津金恵○合技△カンポス
[70kg級]新井千鶴○縦四方固△コロゾ
[70kg超級]稲森奈見○横四方固△ビベロス

[2回戦]

日本 5-0 イスラエル
[52kg級]志々目愛○内股△ハヤット
[57kg級]出口クリスタ○後袈裟固△ネルソンレヴィ
[63kg級]津金恵○優勢[指導2]△ショー
[70kg級]新井千鶴○内股△マイェショー
[70kg超級]稲森奈見○不戦勝

[準決勝]

日本 4-1 クロアチア
[52kg級]志々目愛○合技△ガズザック
[57kg級]出口クリスタ○袖釣込腰△シキック
[63kg級]津金恵△背負投○コケザ
[70kg級]新井千鶴○不戦勝
[70kg超級]稲森奈見○不戦勝

[決勝]

日本 3-2 フランス
[52kg級]志々目愛△優勢[技有・内股]○ブシャード
[57kg級]出口クリスタ○払腰△ギユー
[63kg級]津金恵○内股△サンモイ
[70kg級]新井千鶴△優勢[指導2]○ピノ
[70kg超級]稲森奈見○裏投△マロンガ

低調スタートの日本、体勢立て直してなんとか3位を確保
■ 男子団体戦
世界ジュニア柔道選手権大会は27日、スロベニア・リュプリナで最終日の団体戦の競技が行われ、16ヶ国が参加した男子はグルジアが優勝した。日本は3位だった。

日本は1回戦でカザフスタンに3-2で勝利したもののそのうち2つが不戦勝、試合を行っての勝利者が先鋒橋口祐葵(明治大1年)1人のみという低調なスタート。その橋口を入れ替えて臨んだオランダとの2回戦では先鋒から中堅まで3連敗を喫するなどして4-1で敗戦、早くもトーナメント本戦から脱落することとなってしまった。

しかし日本は先鋒を再び橋口に、大将を佐藤和哉(静岡学園高3年)から倉橋功(東海大2年)に入れ替えて臨んだ以降の試合では立ち直りを見せ、敗者復活戦では韓国を4-1、3位決定戦でもスロベニアを4-1で下して表彰台を確保。銅メダル獲得で大会の全日程を終えた。

団体戦の全勝者は小林悠輔(筑波大2年・4勝)、橋口(3勝)、倉橋功(2勝)。橋口は個人戦と合わせて出場9試合全勝という素晴らしい成績で大会を終えた。

73kg級の岩渕侑生(国士舘大2年)と90kg超級の佐藤は団体戦と個人戦合わせて全敗。厳しい結果に終わった。

男子団体戦の入賞者と日本代表の勝ちあがりは下記。

◇      ◇      ◇
【入賞者】
1.Georgia (GEO)
2.Greece (GRE)
3.Ukraine (UKR)
3.Japan (JPN)
5.Netherlands (NED)
5.Slovenia (SLO)
7.Mongolia (MGL)
7.Korea, South (KOR)

【日本代表勝ちあがり】

[1回戦]

日本 3-2 カザフスタン
[66kg級]橋口祐葵○巴投△バイマクハンベトフ
[73kg級]岩渕侑生△優勢[指導2]○アジバエフ
[81kg級]小原拳哉○不戦勝
[90kg級]小林悠輔○不戦勝
[90kg超級]佐藤和哉△隅返○ヌラリノフ

[2回戦]

日本 1-4 オランダ
[66kg級]竪山将△大内刈○デゲン
[73kg級]岩渕侑生△優勢[有効・小外刈2]○ビックマン
[81kg級]小原拳哉△優勢[技有・隅返]○ハーダー
[90kg級]小林悠輔○反則[指導4]△デフリーゼ
[90kg超級]佐藤和哉△優勢[技有・払腰]○リッダスマ

[敗者復活戦]

日本 4-1 韓国
[66kg級]橋口祐葵○内股△アン・ボウル
[73kg級]岩渕侑生△GS内股○リ・ジェオングオン
[81kg級]小原拳哉○不戦勝
[90kg級]小林悠輔○合技△ハン・キュンジン
[90kg超級]倉橋功○小外掛△キム・リーヒュン

[3位決定戦]

日本 4-1 スロベニア
[66kg級]橋口祐葵○袖釣込腰△ゴンバッチ
[73kg級]岩渕侑生△優勢[技有・肩車]○ポツパリッツ
[81kg級]小原拳哉○大外刈△マリンシック
[90kg級]小林悠輔○内股△ムレック
[90kg超級]倉橋功○優勢[指導1]△ドラジック


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月28日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.