PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第1部、第2部ともに埼玉栄高が優勝飾る・朱雀杯高校柔道大会女子

(2013年10月28日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
第1部、第2部ともに埼玉栄高が優勝飾る
朱雀杯高校柔道大会女子
eJudo Photo
(写真:女子第1部決勝、埼玉栄・泉雅子が帝京・西尾直子の猛攻を凌ぐ)

20日に平成国際大学総合武道館で行われた第17回朱雀杯争奪選抜高等学校対抗柔道大会、女子の部は第1部、第2部ともにインターハイ王者の埼玉栄高(埼玉)が優勝を飾った。

埼玉栄はインターハイ、国体と大活躍した1年生・冨田若春を大将に据え、前で凌いで後ろで確実に取るという安定した試合振りを披露。1回戦で作新学院高(栃木)を2-1、準々決勝で加藤学園高(静岡)を3-0と順当に勝利し、準決勝は横須賀学院高(神奈川)を1-1の内容差で振り切って決勝へと進出。

迎えた帝京高(東京)との決勝は先鋒戦で泉雅子が高校選手権57kg級2位の西尾直子を相手に、凌ぎに凌いで殊勲の引き分けを獲得。

eJudo Photo
(写真:女子第1部決勝、冨田若春が大山美穂から僅か14秒の払腰で一本勝ち)

中堅戦も柴田理帆が荒谷莉佳子の払腰中心のパワフルな攻めと体を生かした寝技を最後まで粘りきって引き分け。0-0のタイスコアのまま大将冨田若春に勝負を託すと、冨田は期待に応えて大山美穂を開始早々の僅か14秒に右払腰で叩き付けて一本勝ち。ここまで創志学園高(岡山)、桐蔭学園高(神奈川)と強豪を立て続けに破って来た帝京高を相手に得点を許さず、1-0で優勝を決めた。

中堅戦も柴田理帆が荒谷莉佳子の払腰中心のパワフルな攻めと体を生かした寝技を最後まで粘りきって引き分け。0-0のタイスコアのまま大将冨田若春に勝負を託すと、冨田は期待に応えて大山美穂を開始早々の僅か14秒に右払腰で叩き付けて一本勝ち。ここまで創志学園高(岡山)、桐蔭学園高(神奈川)と強豪を立て続けに破って来た帝京高を相手に得点を許さず、1-0で優勝を決めた。

【決勝】

埼玉栄高 1-0 帝京高
(先)泉雅子×引分×西尾直子
(中)柴田理帆×引分×荒谷莉佳子
(大)冨田若春○払腰△大山美穂

この日は本松好正監督が韓国遠征中で不在、川原篤コーチと長瀬めぐみコーチの2人が指揮を執っての試合だった。川原コーチは「冨田が必ず一本を獲って来るので前2人もしぶとく試合が出来た。信頼感がしぶとさに繋がったチームワークの勝利だと思います」とこの日の試合を総括。負傷のため療養中の桒原佑佳は欠場したが、「2部に出た選手も含めて誰がレギュラーになるのかわからない。競り合う状況が全体を押し上げている。」と1部、2部と両方のカテゴリで優勝する「圧勝」の勝因を分析していた。

3位には嶺井美穂を擁する桐蔭学園高と横須賀学院高の神奈川勢が入賞。
インターハイの快進撃で注目された國學院栃木高(栃木)は1回戦で修徳高(東京)と対戦、エースの山内真子が杉山歌嶺に大外刈「一本」で敗れて2-1で敗退。同じくインターハイで注目を浴びた創志学園高は埼玉栄高校に準々決勝で敗れた。

入賞者と1回戦の結果、準々決勝以降のスコア、第2部結果は下記。

eJudo Photo
(写真:女子第1部優勝の埼玉栄高)

■女子第1部(出場15チーム)

【入賞者】
優勝:埼玉栄高(埼玉)
準優勝:帝京高(東京)
第三位:横須賀学院高(神奈川)、桐蔭学園高(神奈川)

最優秀選手賞:冨田若春(埼玉栄高)
優秀選手賞:西尾直子(帝京高)

【1回戦】

加藤学園高 2-1 東京学館新潟高
桐蔭学園高 2-0 花咲徳栄高
修徳高 2-1 國學院栃木高
埼玉栄高 2-1 作新学院高
創志学園高 3-0 日大三高
木更津総合高 2-1 藤村女子高
横須賀学院高 2-0 前橋育英高

【準々決勝】

帝京高 3-0 加藤学園高
(先)西尾直子○一本背負投△土屋杏花
(中)荒谷莉佳子○小外刈△志村希和
(大)大山美穂○優勢[有効・大内刈]△楠麻衣

桐蔭学園高 ①-1 修徳高
(先)鈴木双葉×引分×高橋瑠衣
(中)嶺井美穂○払腰△齋藤百湖
(大)室家弥央△優勢[指導2]○杉山歌嶺

埼玉栄高 ①-1 創志学園高
(先)泉雅子×引分×友清ほのか
(中)渡辺千尋△優勢[有効・払腰]○井上あかり
(大)冨田若春○内股△小川寧々

横須賀学院高 2-1 木更津総合高
(先)栗田ひなの○優勢[技有・大外刈]△北原優香梨
(中)大川優希△大外刈○鳥潟みちる
(大)岡田彩加○背負投△泉真生

eJudo Photo
(写真:準決勝、嶺井美穂が荒谷莉佳子から大外刈「技有」獲得、そのまま袈裟固に抑え込む)



【準決勝】

埼玉栄高 ①-1 横須賀学院高
(先)泉雅子△優勢[有効・内股]○栗田ひなの
(中)渡辺千尋×引分×大川優希
(大)冨田若春○払腰△岡田彩加

帝京高 2-1 桐蔭学園高
(先)西尾直子○優勢[指導3]△鈴木双葉
(中)荒谷莉佳子△合技○嶺井美穂
(大)大山美穂○横四方固△室家弥央

【決勝】

埼玉栄高 1-0 帝京高
(先)泉雅子×引分×西尾直子
(中)柴田理帆×引分×荒谷莉佳子
(大)冨田若春○払腰△大山美穂

■女子第2部(出場15チーム)

【入賞者】

優勝:埼玉栄高(埼玉)
準優勝:創志学園高(岡山)
第三位:修徳高(東京)、桐蔭学園高(神奈川)

【準々決勝】

埼玉栄高 3-0 木更津総合高
修徳高 1-0 作新学院高
桐蔭学園高 2-0 日本文理高
創志学園高 1-0 帝京高

【準決勝】

創志学園高 2-0 桐蔭学園高
(先)山本夏子○優勢[有効・小外刈]△福島なつき
(中)道原葉月×引分×櫻井直子
(大)大久保夏実○大外刈△馬場彩子

埼玉栄高 3-0 修徳高
(先)斎藤美穂○袈裟固△圷咲良
(中)池田真梨○反則勝△高岡美咲
(大)西願寺保乃加○大外刈△川田美穂

【決勝】

埼玉栄高 1-0 創志学園高
(先)斎藤美穂○横四方固△山本夏子
(中)工藤七海×引分×道原葉月
(大)西願寺保乃加×引分×大久保夏実


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月21日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.