PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

IH王者尾方寿應が「一本」連発でチーム牽引、神奈川県が決勝で千葉県下し2年ぶり10度目の優勝・国民体育大会柔道競技少年男子

(2013年10月14日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
IH王者尾方寿應が「一本」連発でチーム牽引、神奈川県が決勝で千葉県下し2年ぶり10度目の優勝・国民体育大会柔道競技少年男子
eJudo Photo
(写真:決勝、神奈川の次鋒込山龍哉が片桐章男から右袖釣込腰で「有効」を奪う)

東京・東京武道館で行われている国民体育大会柔道競技は6日、第2日の少年男子決勝までの競技が行われ、神奈川県が2年ぶり10度目の優勝を飾った。

神奈川県は初戦(2回戦)でインターハイ王者崇徳高を中心に布陣した広島県といきなり対決するという厳しい組み合わせ。この試合に1-1の代表戦(尾方寿應が野々内悠真に僅差2-1で勝利)の末に競り勝つと、準々決勝で長崎県を4-0、準決勝で京都府を4-0と圧勝続きで決勝進出。2年連続優勝を狙い、準決勝で地元・東京都との優勝候補対決に2-1で競り勝った千葉県と優勝を争うことになった。

決勝戦、神奈川・関野晴矢(相洋高)と千葉・手嶋蓮(千葉経大付高)が戦った先鋒戦は引き分け。

次鋒戦は全日本カデ選手権2年連続2位の神奈川・込山龍哉(相洋高)が得意の担ぎ技を連発して片桐章男(東京学館高)を圧倒。48秒に打点の高い右袖釣込腰で「有効」を奪うと以後もペースを落とさず背負投、袖釣込腰と仕掛け続けて2つの「指導」を上積みして優勢勝ち。

eJudo Photo
(写真:尾方寿應が前田宗哉を左払腰「一本」に仕留める)

ここからは神奈川が尾方寿應(東海大相模高)-春日良太(同)-根津信太(桐蔭学園高)、千葉が前田宗哉-村田大祐-ウルアロンの東海大浦安高トリオというポイントゲッター同士の3連戦。互いに得点を挙げるのが難しい対戦と思われたが、中堅戦でいきなり試合が動く。

81kg級の尾方と90kg級前田、今期のインターハイ王者同士によるこの中堅戦は僅か29秒で決着。組み手十分の尾方が前田が場外際に流れたところに鋭い左払腰一閃。掛けた瞬間にはもう前田が一回転という体の素早い一撃は文句なしの「一本」。神奈川が中堅戦終了時点で2-0と大きくリードすることとなった。

副将戦は昨日村井慎太郎(大阪・東海大仰星高)に一本勝ちを果たしている村田が必死に攻めるが、臆せず奥襟を取り返してくる春日の頑強な抵抗にあい詰め切れず。終盤は技を仕掛ける間合いに入れないままノーポイントで引き分け。この時点で神奈川県の優勝が決まった。

神奈川は大将戦も根津信太がウルフアロンを相手に釣り手で奥襟を叩き続け、嫌って組み手をやり直すウルフに攻めのきっかけを掴ませず。この試合も引き分けで終えて2-0の圧勝で優勝を決めた。

神奈川・高橋洋樹監督(東海大相模高)は「久々に勝ってインタビューを受けた。いいものですね」と破顔。「初戦の広島戦が山場と思っていたが、内容が悪いながらもそこで勝ったことで、全員が吹っ切れたような良いパフォーマンスが出来た。」と試合を振り返って選手を称えていた。

入賞者と準々決勝以降の結果詳細、高橋監督と尾方選手のコメントは下記

eJudo Photo
(写真:優勝の神奈川県チーム)

【決勝】
神奈川県 2-0 千葉県
(先)関野晴矢×引分×手嶋蓮
(次)込山龍哉○優勢[有効・袖釣込腰]△片桐章男
(中)尾方寿應○払腰(0:29)△前田宗哉
(副)春日良太×引分×村田大祐
(大)根津信太×引分×ウルフアロン

【入賞者】
優勝:神奈川県
準優勝:千葉県
第三位:東京都
第四位:京都府
第五位:鹿児島県、大分県、長崎県、千葉県

神奈川・高橋洋樹監督のコメント
「久々に勝ってインタビューを受けました。気持ちがいいものですね(笑)。初戦の広島戦が山場で、そこを抜けて全員が何か吹っ切ったような良いパフォーマンスでした。決勝は東京よりも千葉のほうがやりやすいかなと思っていましたが、そういう点でも運がありました。次鋒の込山で取って、次の2人でもう1点取るというイメージ通りの試合でした。込山は2年生なのに大したもの。尾方は韓国の遠征から帰ってまもなく疲れていたはずですが、地力がついてきていますし、今日は集中力が素晴らしかった。」

尾方寿應選手のコメント
「相手(前田宗哉)が場外に流れてきたところでしたが、自分の組み手だったので一発掛ければどうにかなると思いました。5回やって4回引き分けて。1回負けている相手ですが、そんなに嫌なイメージもなかったし最初に自分の組み手になっていたので負けるとは思えなかった。これでタイになりました。自分が勝てばチームが楽になると思ってがんばりました。優勝はやっぱりうれしいです」

eJudo Photo
(写真:準々決勝、尾方寿應が祝貴之から内股「一本」)

eJudo Photo
(写真:準々決勝、ウルフアロンが影浦心の大内刈を透かして捻り「一本」)

eJudo Photo
(写真:準々決勝、磯田範仁が乙女慎吾から小外刈「技有」)

【準々決勝】

京都府 3-0 鹿児島県
(先)平原佑多○一本背負投(2:29)△宮一輝
(次)矢野雄大○合技(1:39)△冨永健斗
(中)石田拓穂×引分×宮ヶ原拓也
(副)木下智貴×引分×徳田力也
(大)小柳克摩○支釣込足(3:49)△萩原優太

神奈川県 4-0 長崎県
(先)関野晴矢○袖釣込腰(2:48)△村上貴洋
(次)込山龍哉○優勢[指導2]△川下寛斗
(中)尾方寿應○内股(3:54)△祝貴之
(副)春日良太×引分×斗石凛太郎
(大)根津信太○内股(0:25)△寺田颯志

千葉県 3-0 愛媛県
(先)手島蓮×引分×澤田尚輝
(次)片桐章男×引分×立川新
(中)前田宗哉○合技(3:52)△藤山大夢
(副)村田大祐○優勢[指導3]△好永大輝
(大)ウルフアロン○浮落(0:58)△影浦心

東京都 ②-2 大分県
(先)羽鳥弘伸△優勢[指導2]○小倉拓実
(次)磯田範仁○合技(3:55)△乙女慎吾
(中)江畑丈夫△優勢[技有・内股透]○金山天地
(副)田﨑健祐○優勢[有効・小外掛]△近藤優貴
(大)小川雄勢×引分×松谷鯉太郎

eJudo Photo
(写真:準決勝、根津信太が小柳克摩から支釣込足「一本」)

【準決勝】

神奈川県 4-0 京都府
(先)関野晴矢×引分×平原佑多
(次)込山龍哉○合技(3:54)△矢野雄大
(中)尾方寿應○払腰(3:58)△石田拓穂
(副)春日良太○優勢[指導2]△木下智貴
(大)根津信太○支釣込足(4:00)△小柳克摩

千葉県 2-1 東京都
(先)手嶋蓮×引分×羽鳥弘伸
(次)片桐章男○優勢[指導2]△磯田範仁
(中)前田宗哉×引分×江畑丈夫
(副)村田大祐△優勢[有効]○田﨑健祐
(大)ウルフアロン○浮落(3:03)△小川雄勢


【3位決定戦】

東京都 4-1 京都府
(先)羽鳥弘伸△優勢[指導2]○平原佑多
(次)磯田範仁○小外掛(3:00)△矢野雄大
(中)江畑丈夫○大内刈(2:01)△石田拓穂
(副)田﨑健祐○優勢[指導2]△木下智貴
(大)小川雄勢○合技(0:32)△小柳克摩

【決勝】

神奈川県 2-0 千葉県
(先)関野晴矢×引分×手嶋蓮
(次)込山龍哉○優勢[有効]△片桐章男
(中)尾方寿應○払腰(0:29)△前田宗哉
(副)春日良太×引分×村田大祐
(大)根津信太×引分×ウルフアロン


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版10月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.