PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

2013ジュニアスポーツアジア交流大会・団体戦レポート

(2013年10月1日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
2013ジュニアスポーツアジア交流大会・団体戦レポート
アジア19都市から選手が集う2013ジュニアスポーツアジア交流大会・柔道競技が8月31日(土)と9月1日(日)に東京武道館(東京)で開催され、最終日である1日は、男女それぞれの団体戦が実施された。

eJudo Photo
(写真:決勝、花川了と五味佳将による先鋒戦)

■男子

5人制で行われた男子団体戦はまず参加チームを四つに分けてリーグ戦を行い、各リーグ1位のチームでトーナメント戦を行った。

男子は東京A、東京B、福島、ウランバートルがリーグ戦を勝ち残り、決勝戦は東京同士の対決となった。

【決勝】

東京A 1-0 東京B
(先)花川了×引分×五味佳将
(次)中沢和樹×引分×内山寛崇
(中)篠岡慶昂×引分×山下恭平
(副)板東篤×引分×原田侑起
(大)山﨑海×引分×坂口真人
(代)板東篤○優勢[僅差]△原田侑起

先鋒戦はケンカ四つの花川と五味の対戦。互いに軽量級らしい素早い動きで攻め合うがポイントに繋がる技はなく、引き分け。

次鋒戦は右の相四つの中沢と内山の対戦。互いに十分な組み手にならず、効果的な投技は見られない。内山は度々寝技に誘い固技の攻防が見られるが結局、引き分け。

eJudo Photo
(写真:中堅戦、篠岡慶昂が内股巻込で山下恭平を攻める)

個人戦73kg級決勝の再現となった中堅戦は、篠岡が右、山下左組みのケンカ四つ。序盤は引き手の取り合い。中盤お互いに十分な組み手になり、篠岡は内股、山下は背負投を見せるがいずれも不十分。篠岡は途中いわゆる跳び関節を2度試みるも散発、消極的という判断で「指導1」を受ける。以後、ポイントの追加はなく引き分け。

eJudo Photo
(写真:山﨑海と坂口真人の大将戦も引き分け、勝敗の行方は代表戦に委ねられる)

4連続引き分けを受けた大将戦は中堅戦に引き続き個人戦決勝の再現。山﨑、坂口ともに左組みの相四つ。序盤から闘志あふれる激しい攻めあいとなり、互いに大外刈を軸に技を仕掛け合う。
中盤、若干後手に回った坂口に「指導1」が宣告される。その後も互いに攻め合うが決め手なく引き分け。勝敗は代表戦へ。抽選の結果、副将戦の再戦により勝敗が決められることになった。

eJudo Photo
(写真:板東篤と原田侑起の代表戦)

2分間のゴールデンスコア方式で行われた代表戦。板東が開始から奥
襟を持ち圧力を掛け前に出ると、原田はそれに合わせて低い背負投。
板東が圧力を掛けて接近戦を挑み、原田は低背負投で応戦するという構図の展開が続くが、ポイントには至らない。終盤、板東が組み際に仕掛けた内股で原田は腹ばいとなるが、お互いポイントがないまま試合終了。判定は2対1と分かれたが旗は2本が坂東を支持、東京Aの優勝が決まった。

eJudo Photo
(写真:優勝の東京Aチーム)

【入賞者】
優勝:東京A
準優勝:東京B
第三位:ウランバートル
第三位:福島

徳原勉・東京A監督のコメント
「今年は海外勢のレベルが高く、良い選手ばかりでした。日本人選手にとっても良い勉強になったと思います。準決勝戦のウランバートル戦が1つの山でしたが、先鋒の花川選手がいい流れを作ってくれました。決勝戦はお互い手の内が分かっているので、代表戦になると予想していました。ですので、予め選手には誰が代表になっても取りに行けるように伝えました。」

■女子

女子団体戦は東京A、東京B、茨城、宮城が決勝トーナメントへ進出。決勝はこちらも男子と同じく東京同士の対決となった。

eJudo Photo
(写真:尾崎万琳(右)と髙橋瑠衣の先鋒戦)

【決勝】

東京A 1-2 東京B
(先)尾崎万琳△優勢[指導2]○髙橋瑠衣
(中)橋本舞香○釣腰△伴美弥子
(大)浜未悠△送襟絞○荒谷莉佳子

先鋒戦は尾崎が右、と髙橋が左組みのケンカ四つ。
序盤お互いに十分な組み手から尾崎は出足払に背負投、髙橋は左内股を見せるが、1分経過したところで若干技数が少ない尾崎に「指導1」が宣告される。

中盤は双方組み手に完成にこだわらず積極的に攻め合う。試合終了間近、髙橋が左内股を連発して攻めれば尾崎は防御に回り、残り12秒で「極端な防御姿勢」の判断で尾崎に「指導2」が与えられ、そのまま試合終了。東京Bが先制点を挙げた。

eJudo Photo
(写真:橋本舞香と伴美弥子の中堅戦)

中堅戦は橋本が右、伴が左組みのケンカ四つ。
互いに組み手十分、頭を寄せ合うように引きつけあう。伴が先んじて内股で攻めれば橋本に「指導1」。ビハインドを負った橋本は伴の組み手を嫌がっていたが、2分17秒に引き手で襟、釣り手で帯を握り思い切って右釣腰に飛び込めば伴は一回転し「一本」。1-1、東京Aチームが内容差でリードを得る。

eJudo Photo
(写真:荒谷莉佳子と浜未悠の大将戦)

大将戦は荒谷と浜の対戦。体格に勝るのは荒谷だが78kg級の浜は臆することなく前に出る。1分過ぎ、浜が荒谷の払腰を釣り手側に崩して返し隅落「有効」。そのまま抑え込む。これで勝敗が決したかに思えたが15秒で「解けた」が宣告される。直後この寝技の展開を切らずに荒谷が送襟絞に入れば浜はたまらず「参った」。荒谷が逆転の「一本」で勝利。2対1で東京Bが優勝を獲得することとなった。

eJudo Photo
(写真:優勝の東京Bチーム)

【入賞者】
優勝:東京B
準優勝:東京A
第三位:茨城
第三位:宮城

古矢彰浩・東京B監督のコメント
「準決勝戦も逆転勝ちでしたが、決勝戦直前も最後まで諦めないよう選手に伝えました。みんなが力を合わせてやってくれました。チームワークと諦めない心の結果だと思います。」


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月30日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.