PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

津金恵が2連覇達成、新井千鶴と稲森奈見の三井住友勢2人が好パフォーマンスで初優勝・全日本ジュニア体重別選手権最終日

(2013年9月23日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
津金恵が2連覇達成、新井千鶴と稲森奈見の三井住友勢2人が好パフォーマンスで初優勝・全日本ジュニア体重別選手権最終日
eJudo Photo
(写真:63kg級決勝、津金恵が能智亜衣美から腕挫十字固「一本」)

全日本ジュニア体重別選手権は8日、埼玉県立武道館(上尾市)で最終日の男女それぞれ4階級の競技が行われた。

有力選手が揃い、そして番狂わせが続いた63kg級は唯一勝ち残った優勝候補にして大本命の津金恵(松商学園高3年)が順当に優勝。決勝は3回戦で嶺井美穂(桐蔭学園高1年)を内股「一本」で下した能智亜衣美(宮崎日大高3年)と対戦し、1分30秒過ぎに内股フェイントの小外刈で相手を転がすと優位な体勢を生かしてすかさず腕挫十字固。あっという間の「一本」を奪って見事2連覇を達成した。
津金は終始落ち着いた戦いぶり。「一つ一つの試合は50点だが、硬くならずに前に出れたことが勝因」と試合を振り返り「実は一緒に優勝したことがなかったので」と同僚で57kg級を制した出口クリスタと記念撮影、初めての同時優勝を喜んでいた。

eJudo Photo
写真:70kg級決勝、新井千鶴が古屋梓を攻める)

70kg級は昨年2位の新井千鶴(三井住友海上)が優勝。決勝は高校時代から幾度も対戦してきた同学年の古屋梓(筑波大2年)と戦い、組み手で優位に立つ続けると2分5秒に左大内刈から左小内刈と繋いで「技有」奪取。さらに2つの「指導」を積み重ねるなど相手を寄せ付けないまま試合を終えて全日本ジュニア初優勝を決めた。「一昨年の3位、昨年は2位だったのでさすがに今日は優勝しないといけないと思っていた」と語った新井は「うれしいよりも安心しました」とホッとした表情。「世界ジュニアは思い切り戦って優勝を目指す。来年の世界選手権出場を目標に置いてしっかり結果を残したい」と既にシニアの国際大会で成績を残しているホープらしい力強いコメントで大会を締めた。

eJudo Photo
(写真:78kg級決勝、梅木真美が浜未悠を左払腰で崩す)

78kg級では梅木真美(環太平洋大1年)が3連覇達成。決勝は浜未悠(淑徳高1年)のしぶとい柔道に手を焼いたが「指導3」まで積み上げた終盤に得意の横三角に捕まえ、崩上四方固に繋いで一本勝ち。試合後は「負けられない気持ちが強かったせいか動きが硬く、小さくなってきた」とまず反省を口にして、「世界選手権の舞台に立ちたい。(高校の先輩の)緒方さんと試合をすることになったら遠慮せずに思い切り戦います」と今後の目標を語っていた。

eJudo Photo
(写真:78kg超級決勝、稲森奈見が井坂希望を支釣込足で転がす)

大本命の朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高2年)が欠場した78kg超級は稲森奈見(三井住友海上)が順当に優勝。準決勝でインターハイ王者月波光貴穂(新田高3年)を小外掛「有効」で下すと、決勝はダークホースの井坂希望(山梨学院大2年)と対戦。序盤に大外刈を透かされて「有効」を失ったが、2分過ぎに鋭い支釣込足で相手の体勢を崩すと、残った井坂の腕を後手に極め制しながらめくりかえして崩上四方固。そのまま抑え切って2分26秒「一本」で初優勝を決めた。「なかなかタイトルが取れず、今日は内容よりも勝つことだけを意識した」という稲森は11年インターハイ以来の全国制覇。巻き込み技と寝技が中心だった高校時代から投技中心にシフトしたスタイルについては「三人打ち込みを増やして投技を作り上げている。自分は小さいので世界で戦うためにはしっかり技を作らないと」と説明し今後のキャリアアップにも野心十分。「チャンスを逃すわけにはいかない。まずは世界ジュニアで必ず優勝したい」と決意を語っていた。


各階級の入賞者と決勝の結果は下記。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:63kg級優勝の津金恵)

■63kg級

【入賞者】
優勝:津金恵(松商学園高3年)
準優勝:能智亜衣美(宮崎日大高3年)
第三位:鍋倉那美(大成高1年)
第三位:佐村槙渉(淑徳大2年)

【決勝】
津金恵○腕挫十字固(1:38)△能智亜衣美

eJudo Photo
(写真:70kg級優勝の新井千鶴)

■70kg級

【入賞者】
優勝:新井千鶴(三井住友海上)
準優勝:古屋梓(筑波大2年)
第三位:福嶋千夏(南筑高3年)
第三位:千葉英里子(環太平洋大1年)

【決勝】

新井千鶴○優勢[技有・小内刈]△古屋梓

eJudo Photo
(写真:78kg級優勝の梅木真美)

■78kg級

【入賞者】
優勝:梅木真美(環太平洋大1年)
準優勝:浜未悠(淑徳高1年)
第三位:佐藤杏香(東海大付属第四高2年)
第三位:吉村静織(三井住友海上)

【決勝】

梅木真美○崩上四方固(3:31)△浜未悠

eJudo Photo
写真:78kg超級優勝の稲森奈見)

■78kg超級

【入賞者】
優勝:稲森奈見(三井住友海上)
準優勝:井坂希望(山梨学院大2年)
第三位:月波光貴穂(新田高3年)
第三位:藤原恵美(筑波大1年)

【決勝】

稲森奈見○崩上四方固(2:26)△井坂希望

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.