PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

大島優磨が2連覇、竪山将は2年ぶり2度目のジュニア制覇達成・全日本ジュニア体重別選手権男子第1日

(2013年9月23日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
大島優磨が2連覇、竪山将は2年ぶり2度目のジュニア制覇達成・全日本ジュニア体重別選手権男子第1日
eJudo Photo
(写真:60kg級決勝、大島優磨が林浩平を攻める)

20歳以下で柔道日本一を競う全日本ジュニア柔道体重別選手権大会は埼玉県武道館(上尾市)できょう7日に開幕、第1日は男女それぞれ4階級の競技が行われた。

60kg級は昨年王者の大島優磨(国士舘大1年)が2連覇達成。決勝は同門同期の林浩平(国士舘大1年)に「指導」を先行されたが落ち着いて前進を繰り返し、終盤に立て続けに2つの「指導」を獲得、逆転で優勝を決めた。「追い込まれないと力が出ないのは自分の課題」と試合を振り返る表情はあくまで冷静、今後については「昨年なかった世界ジュニアで優勝します。そして高藤(直寿)選手を追い抜きます」と力強く決意を語っていた。

eJudo Photo
(写真:66kg級決勝、竪山将が鳥居天翔の小外刈を抱き返して左大内刈「一本」)

激戦区66kg級は竪山将(鹿屋体育大2年)が2年ぶりの優勝。準決勝ではライバル橋口祐葵(明治大1年)を一本背負投「一本」で破り、決勝は鳥居天翔(山梨学院大1年)の試合運びのうまさに「指導」を先行されたが、2分32秒、相手が試みた抱きつきの小外刈を呼び込んで抱き返し、左大内刈「一本」で勝負を決めた。一発の威力を立て続けに見せての優勝には「大学に入ってから技が決まるようになってきた」と満足げに振り返り、「一緒に世界ジュニアを取った高藤、大野(将平)の世界選手権の活躍に刺激を受けた。僕も負けていられません」と、代表選出確実な世界ジュニア2連覇に向けて決意も新たな様子だった。

eJudo Photo
(写真:55kg級決勝、永山竜樹が左袖釣込腰で「有効」を奪う)

昨年と同じ顔合わせとなった55kg級決勝は今春の全日本カデ王者永山竜樹(大成高2年)が宮川太暉(安田学園高3年)にリベンジ。宮川の右大外刈を跳ね上げるような左袖釣込腰に切り返して「有効」、以後も終始優勢に試合を運び、最後まで危ない場面なく試合を終えた。試合後は「全部『一本』で勝ちたかったが、決勝で取れなかったのが課題。淡々と試合をしてしまうのが自分の悪い癖」と反省の弁、「海外選手と戦うのは得意。世界ジュニアも優勝を狙いたい」と次の戦いに狙いを定めていた。

eJudo Photo
(写真:73kg級決勝、岩渕侑生が左背負投で2つ目の「有効」)

73kg級は岩渕侑生(国士舘大2年)が優勝。決勝は今期の高校選手権とインターハイを制した山本悠司(帯広農業高3年)から1分13秒に左袖釣込腰で「有効」、2分53秒には相手の右背負投に背中合わせで乗りながら、着地しつつ左背負投で切り返して「有効」追加し、この2つのポイントを守りきって勝利を決めた。「もつれた試合はこれまで何度も経験している。最後まで気持ちを切らさずやろうと思った」と、なかなかビッグタイトルに恵まれなかったこれまでの経験を生かしての勝利だった。
岩渕は国士舘高・岩渕公一監督の子息。報道陣の質問に「技術的なところを教えてもらえるのがいいところ、『先生の息子なのに何やってんだ』と言われるのが嫌なところですかね」と苦笑いしつつも、初の全国大会制覇に嬉しそうな表情だった。

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:55kg級優勝の永山竜樹)

■55kg級

【入賞者】
優勝:永山竜樹(大成高2年)
準優勝:宮川太暉(安田学園高3年)
第三位:毎熊拳太(西陵高3年)
第三位:荒木将徳(日本体育大2年)

【決勝】

永山竜樹○優勢[有効・背負投]△宮川太暉

eJudo Photo
(写真:60kg級優勝の大島優磨)

■60kg級

【入賞者】
優勝:大島優磨(国士舘大1年)
準優勝:林浩平(国士舘大1年)
第三位:田中崇晃(筑波大1年)
第三位:齋藤昂矢(鹿屋体育大2年)

【決勝】

大島優磨○優勢[指導2]△林浩平

eJudo Photo
(写真:66kg級優勝の竪山将)

■66kg級

【入賞者】
優勝:竪山将(鹿屋体育大2年)
準優勝:鳥居天翔(山梨学院大1年)
第三位:橋口祐葵(明治大1年)
第三位:高市賢悟(東海大2年)

【決勝】

竪山将○大内刈(2:32)△鳥居天翔

eJudo Photo
(写真:73kg級優勝の岩渕侑生)

■73kg級

【入賞者】
優勝:岩渕侑生(国士舘大2年)
準優勝:山本悠司(帯広農業高3年)
第三位:島羽潤(松本第一高2年)
第三位:本原勇人(東海大3年)

【決勝】

岩渕侑生○優勢[有効・背負投]△山本悠司

※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.