PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート

(2013年9月11日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
国士舘中が王座奪還、決勝で田主丸中破り2年ぶりの優勝
全国中学校柔道大会男子団体戦
eJudo Photo
(写真:決勝、GS延長戦にもつれ込んだ代表戦で国士舘の磯村亮太が田中慎太郎から内股巻込「有効」を奪う)

中学柔道日本一を争う全国中学校柔道大会は19日、三重県営サンアリーナ(伊勢市)で第2日目の男子団体戦の競技が行われ、国士舘中(東京)が2年ぶり12度目の優勝を飾った。

大きな山場と目された準決勝で近代柔道杯王者の大成中(愛知)を4-1の大差で下した国士舘中は、決勝で最大のライバルと目されたサニックス旗中学生国際柔道大会王者の田主丸中(福岡)と対戦。この決勝は大熱戦となった。

国士舘中は不利が予想された先鋒戦で山田祐太が「指導」2つを獲得して勝利するが、次鋒戦は田主丸・矢野真我が「指導2」で優勢勝ちして試合はタイスコア。

さらに国士舘の得点ポイントと目された中堅戦で田主丸の素根健誠が見事な内股透で本間壘に宙を舞わせて一本勝ち。エース対決となった磯村亮太と田中慎太郎の副将戦は引き分けに終わり、田主丸中が2-1と1点リード、国士舘中が勝つには一本勝ちして代表戦に持ち込むしかないという状況で試合の行方は大将戦へ。

大将戦は、引き分ければ勝利というバックグラウンドを得た田主丸の巨漢・冨安一真に対して河田闘志が右内股で攻め続け、その攻めの激しさに窮した冨安が不用意に背中を見せて内股を仕掛けるミス。河田はこれを見逃さずに釣り手側に体を捨てて返して「技有」、そのまま崩袈裟固に抑え込んで一本勝ちを果たし、2-2のタイスコアで試合は終了。優勝の行方は代表戦へと持ち込まれることとなった。

副将戦の再現となった代表戦は本戦3分では勝負がつかず、GS延長戦に突入。この延長開始早々の11秒、磯村亮太が右内股巻込で「有効」を奪ってついに試合は決着。国士舘中の優勝が決まった。

eJudo Photo
(写真:優勝決定、抱き合って喜ぶ国士舘中の選手たち)

優勝決定後、抱きあって喜ぶ選手を背に川野成道監督は号泣。「いちばん厳しく接した学年なので、どうしても優勝させたかった」と語り「日本一練習をしてきた。よくついてきてくれた」と選手をねぎらっていた。

3位には大成中と埼玉栄中(埼玉)が入賞した。

決勝結果詳細と入賞校、準々決勝と決勝の結果詳細は下記。


【決勝】

国士舘中 ②代-2 田主丸中
(先)山田祐太○優勢[指導2]△笠原大雅
(次)稲垣由生△優勢[指導2]○矢野真我
(中)本間壘△内股透(0:29)○素根健誠
(副)磯村亮太×引分×田中慎太郎
(大)河田闘志○合技(2:12)△冨安一真
(代)磯村亮太○GS有効(GS0:11)△田中慎太郎

◇      ◇      ◇
eJudo Photo
(写真:優勝の国士舘中)

【入賞校】
優勝:国士舘中(東京)
準優勝:田主丸中(福岡)
第三位:大成中(愛知)、埼玉栄中(埼玉)
第五位:明野中(茨城)、姫路市立灘中(兵庫)、東海大相模高中等部(神奈川)、九州学院中(熊本)
優秀校:天理中(奈良)、宮崎日大中(宮崎)、京都学園中(京都)、南風原中(沖縄)、高松太田中(香川)、静岡学園中(静岡)、丘中(長野)、御野場中(秋田)


【準々決勝】

国士舘中 4-0 明野中
(先)山田祐太×引分×石郷岡秀征
(次)稲垣由生○優勢[有効]△大吉賢
(中)本間壘○上四方固(1:04)△関口龍矢
(副)磯村亮太○上四方固(1:01)△星野俊樹
(大)河田闘志○大外刈(1:03)△斉藤大輔

大成中 4-0 姫路市立灘中
(先)渡邊神威×引分×百々雄弥
(次)田中大地○送襟絞(1:14)△関根聖隆
(中)東部直希○合技(1:51)△櫻井大地
(副)清水祐希○小内刈(1:09)△清水雅義
(大)粟野諒平○優勢[技有]△井上大虎

田主丸中 2-1 東海大相模高中等部
(先)笠原大雅○優勢[指導2]△小島雅弘
(次)矢野真我×引分×山科良悟
(中)素根健誠×引分×小野優太
(副)田中慎太郎○優勢[指導2]△河内優斗
(大)冨安一真△体落(1:22)○辻湧人

埼玉栄中 3-1 九州学院中
(先)池田直輝×引分×土江幹樹
(次)菊池正寛○支釣込足(1:38)△千原靖人
(中)長濱快飛△優勢[技有]○緒方景太
(副)今入晃也○送襟絞(0:30)△井上知洋
(大)蓜島剛○払腰(0:17)△村山雄晟

【準決勝】

国士舘中 4-1 大成中
(先)山田祐太○優勢[指導2]△渡邊神威
(次)稲垣由生○優勢[有効]△田中大地
(中)本間壘△小外掛(0:54)○東部直希
(副)磯村亮太○大内刈(1:53)△清水祐希
(大)河田闘志○合技(1:59)△粟野諒平

田主丸中 ②-2 埼玉栄中
(先)笠原大雅○優勢[指導3]△池田直輝
(次)矢野真我○内股(1:26)△菊池正寛
(中)素根健誠△優勢[指導2]○長濱快飛
(副)田中慎太郎×引分×今入晃也
(大)冨安一真△合技(2:20)○蓜島剛


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月19日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.