PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

100kg級は第1シードのママドフがグロルを破って優勝、5試合戦いきった小野は5位でフィニッシュ・世界柔道選手権第6日男子

(2013年9月1日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
100kg級は第1シードのママドフがグロルを破って優勝、5試合戦いきった小野は5位でフィニッシュ・世界柔道選手権第6日男子
ブラジル・リオデジャネイロで行われている世界柔道選手権は31日、個人戦最終日となる第6日の男子2階級、女子1階級の競技が行われ、100kg級は第1シードのママドフが決勝でグロル(オランダ)を破って優勝を飾った。

準々決勝で小野卓志(了徳寺学園職)を破ったママドフは準決勝ではクルオアボフ(ウズベキスタン)の内股の戻りに支釣込足を合わせて「技有」で快勝。決勝は袖釣込腰で「技有」を奪って優勝を決めた。ユニバーシアードで2階級を制して優勝候補に挙がっていたクリパレク(チェコ)は準決勝でグロルに破れて3位に終わった。

日本の小野は前述の通り準々決勝でママドフに敗戦、敗者復活戦を勝って3位決定戦まで進んだがクリパレクに敗れた。3階級目の世界選手権挑戦、32歳という今代表最年長だったが5試合を戦いきり、表彰台には手が届かなかったが5位を確保する健闘だった。

入賞者と準決勝、決勝の結果、小野の全試合詳細は下記。

【入賞者】
1.MAMMADOV, Elkhan(AZE)
2.GROL, Henk(NED)
3.KRPALEK, Lukas(CZE)
3.PETERS, Dimitri(GER)
5.KURBANOV, Soyib(UZB)
5.ONO, Takashi(JPN)
7.MARET, Cyrille(FRA)
7.SAYIDOV, Ramziddin(UZB)

【準決勝】

GROL, Henk(NED)○小外掛(4:37)△KRPALEK, Lukas(CZE)
MAMMADOV, Elkhan (AZE)○優勢[技有・支釣込足]△KURBANOV, Soyib (UZB)

【決勝】

MAMMADOV, Elkhan (AZE)○優勢[技有・袖釣込腰](5:00)△GROL, Henk (NED)

【日本人選手勝ちあがり】

小野卓志
成績:5位

[2回戦]
小野卓志○優勢[有効・内股]△DARWISH, Ramadan (EGY)

「指導1」を与えられるも、場外際での内股で「有効」を得、逆転。

[3回戦]
小野卓志○優勢[技有・背負投]△PACEK, Martin (SWE)

前に出てきた相手の股下にうまく潜り込み、そのまま前に回して「技有」

[準々決勝]
小野卓志△優勢[技有・釣腰]○MAMMADOV, Elkhan (AZE)

優勝候補筆頭のママドフと対戦。序盤に場外際で肩越しに帯を取られ、そのまま釣腰で持っていかれ「技有」を失う。果敢に攻めるも最後まで追いつくことができず敗戦。

[敗者復活戦]
小野卓志○優勢[有効・腰車]△MARET, Cyrille (FRA)

片手状態で足技をを出し続け、左腕で一気に相手の首を抱えて左腰車「有効」。「指導3」まで受けるが緩急をつけた攻めで最後まで耐えしのぐ。

[3位決定戦]
小野卓志△[有効・内股返]○KRPALEK, Lukas (CZE)

手脚の長い相手に組み手で苦しめられ、指導1つの差で劣勢。残り3秒で放った内股を相手に返され「有効」を失う。これが決定打となり試合終了。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版9月1日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.