PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ゴンザレスがイリアディス、リパルテルアニ連破で初優勝、西山将士はまさかの2回戦敗退・世界柔道選手権第5日男子

(2013年8月31日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
ゴンザレスがイリアディス、リパルテルアニ連破で初優勝、西山将士はまさかの2回戦敗退・世界柔道選手権第5日男子
ブラジル・リオデジャネイロで開催されている世界柔道選手権は30日、第5日の男子90kg級、女子70kg級と78kg級の3階級の競技が行われ、90kg級ではアシュレイ・ゴンザレス(キューバ)が初優勝を飾った。

第2シードのゴンザレスは準決勝で優勝候補筆頭のイリアディス(ギリシャ)と対戦。本戦終了ギリギリで「指導」ビハインドを取り返してGS延長戦に決着を持ち込むと、イリアディスの圧に下がらずに耐え続けて延長48秒、袖釣込腰を逆側に抜け落として「有効」を奪い決勝進出決定。

決勝では第1シードのリパルテリアニ(グルジア)を左袖釣込腰、背負投を中心に攻め続け、攻撃の手を緩めることなく2つの「指導」を奪って優勢勝ち。歓喜の初優勝を決めた。

日本代表でメダル獲得が期待された西山将士(新日鐵住金)は同ブロックに配されたイリアディスとの因縁対決を待たずに敗退。1回戦は快勝したが、ボズバエフ(カザフスタン)との2回戦の開始早々に痛恨のミス。相手の右背負投に腹ばいとなった際に残った右腕の逆を取られてしまい、あまりの体勢の悪さに次の手の腕挫十字固を防げず一本負け。入賞なしで畳を後にすることとなった。

初日から3日連続金メダル獲得の男子は、一転2日連続の入賞なし。今日31日は100kg級に小野卓志(了徳寺学園職)、100kg超級に七戸龍(九州電力)が出場する。

90kg級の入賞者と準決勝、決勝の結果、西山の勝ちあがり詳細は下記。


【入賞者】 エントリー62名
1.GONZALEZ, Asley(CUB)
2.LIPARTELIANI, Varlam(GEO)
3.DENISOV, Kirill(RUS)
3.ILIADIS, Ilias(GRE)
5.DVARBY, Joakim(SWE)
5.TOTH, Krisztian(HUN)
7.BAUZA, Karolis(LTU)
7.DIAS, Celio(POR)


【準決勝】

GONZALEZ, Asley (CUB)○GS有効・袖釣込腰△ILIADIS, Ilias (GRE)
LIPARTELIANI, Varlam (GEO)○合技[内股・内股](1:22)△DENISOV, Kirill (RUS)
【決勝】

GONZALEZ, Asley (CUB)○優勢[指導2]△LIPARTELIANI, Varlam (GEO)

【日本人選手勝ちあがり】

西山将士(新日鐵住金)
成績:2回戦敗退

[1回戦]
西山将士○支釣込足(3:21)△DILL-RUSSELL, Ryan (NZL)

左相四つ。相手の過剰反応を見て引き手の袖に拘り、相手に「切らせて」指導3まで獲得。支釣込足でフィニッシュして快勝。まことに西山らしい会心の試合。

[2回戦]
西山将士△腕挫十字固(0:43)○BOZBAYEV Islam(KAZ)

開始早々から右組みのボズバエフが激しく上下にあおって小内刈、右背負投。
西山が腹ばいになると残った右腕の逆をとって制し、めくって腕挫十字固「一本」。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月31日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.