PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

「体のおもむくまま」一本勝ち連発の津金恵が激戦の63kg級制して連覇達成、78kg超級は月波光貴穂が初優勝・インターハイ柔道競技

(2013年8月18日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
「体のおもむくまま」一本勝ち連発の津金恵が激戦の63kg級制して連覇達成、78kg超級は月波光貴穂が初優勝
インターハイ柔道競技
eJudo Photo
(写真:63kg級決勝、津金恵が嶺井美穂の大外刈を返し、この日4つ目の一本勝ち)
福岡市民体育館(福岡市)で行われているインターハイ柔道競技(福岡市民体育館)は最終日の11日、女子個人63kg級、70kg級、78kg級、78kg超級の4階級の競技が行われた。

有力選手が目白押しで最もレベルが高い階級と評されていた63kg級は津金恵(松商学園高)が2連覇達成。3回戦で高校選手権王者池絵梨菜(東大阪大敬愛高)、準々決勝で同学年の全国中学大会王者安沙好(埼玉栄高)らと立て続けに戦う厳しい組み合わせだったが、池を足車、安を背負投と勝負どころをことごとく投技「一本」で勝利して決勝に進出。決勝は1年生の大物・嶺井美穂(桐蔭学園高)を相手に開始早々の大外返「有効」、さらに3分7秒に再度の大外返「一本」で勝利。5戦5勝、準決勝の能智亜衣美(宮崎日大高)戦以外はすべて投技「一本」という圧倒的、かつ鮮やかな柔道で見事インターハイ連覇を決めた。

団体戦では不調だったが「減量の影響があったかもしれない。今日はたくさんご飯を食べてメチャクチャ元気です」と試合後は終始笑顔。強敵をことごとく「一本」で倒しての勝利には「体のおもむくままにやってみました」とそのコメントには余裕すら漂っていた。


eJudo Photo
(写真:78kg超級決勝、月波光貴穂が大外落「技有」から崩袈裟固に抑え込む)
78kg超級では昨年1年生でインターハイ制覇を成し遂げた朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が準決勝で滝川真央(富士市立高)の袖釣込腰で逆側に落とされ「
技有」失陥で敗退の波乱。
決勝は高校選手権2位の月波光貴穂(新田高)が滝川を破って優勝。滝川に先手を許して主導権を失いかけていたが、「指導1」失陥直後の1分55秒、組み際に左大外巻込を叩き入れて「技有」獲得。そのまま後袈裟固に抑え込んで合技の一本勝ち、悲願の全国大会制覇を成し遂げた。

「やっと優勝に手が届きました。うれしいという言葉しか出てきません」と勝利決定後の第一声を放った月波。インターハイベスト8、高校選手権2位となかなか獲れなかった高校タイトルの獲得に感無量の様子だったが、「全日本ジュニア、国体とまだまだ試合は続く。次は朝比奈選手を倒して日本一になります」と、目指してきたライバル打倒が頭から離れないようだった。


eJudo Photo
(写真:78kg級決勝、堀歩未が山内真子から送足払で一本勝ち、拳を握り締める)
78kg級は地元・敬愛の堀歩未が優勝。決勝は1年生で関東ジュニアを制して今大会団体戦で大活躍、この日も全試合一本で勝ち上がってきた山内真子(國學院大栃木高)を相手に拮抗が続いたが、1分59秒の組み際に片手で送足払、タイミング抜群の一撃で山内を畳に叩き落し「一本」奪取、見事優勝を決めた。

試合後は報道陣の質問に応えて決勝を振り返り「足技は得意ではないが、体が自然に動いた。岡(史生)、芳田と足技が巧い選手が回りにいるので、自分の意識の中にあったのだと思う」と自己分析。
「団体戦は自分が取れずに負けてしまったので悔いが残った。このまま終わるわけにはいかなかった」と優勝の喜びをかみ締めていた。


eJudo Photo
(写真:70kg級決勝、福嶋千夏が森田智子から左小外刈「有効」)
70kg級も地元福岡勢が優勝。福嶋千夏(南筑高)が、決勝でこれも福岡出身の森田智子(帝京高)を相手に、相手の右背負投を外側に回りこんで捌き、すかさず右小外刈。センス抜群の一撃で「有効」を奪い初の全国タイトル獲得を決めた。

「まさか決勝まで上がれるとは思っていなかったが、誰よりも練習してきたという自信はあった」というダークホースは準決勝で全日本カデと全国中学大会で優勝歴のある中江、そして決勝でこれも全日本カデ王者森田というタイトルホルダー2人を倒しての堂々の戴冠。「次は全日本ジュニアで上位進出、いや、優勝を目指します」と力強く次の目標を語っていた。

各階級の入賞者と準決勝、決勝の結果詳細は下記。


eJudo Photo
(写真:63kg級優勝の津金恵)
■63kg級

【入賞者】
優勝:津金恵(松商学園高)
準優勝:嶺井美穂(桐蔭学園高)
第三位:鍋倉那美(大成高)、能智亜衣美(宮崎日大高)
優秀賞:高澤眞冴(淑徳高)、土井雅子(阿蘇中央高)、安沙好(埼玉栄高)、渡辺聖未(富士学苑高)

【準決勝】

嶺井美穂○GS僅差3-0△鍋倉那美
津金恵○GS僅差3-0△能智亜衣

【決勝】

津金恵○大外返(3:07)△嶺井美穂


eJudo Photo
(写真:70kg級優勝の福嶋千夏)
■70kg級

【入賞者】
優勝:福嶋千夏(南筑高)
準優勝:森田智子(帝京高)
第三位:永瀬貴子(沖学園高)、中江美裕(大成高)
優秀賞:岡田果穂(大分西高)、榎谷ともみ(名張高)、前谷真唯(東海大第四高)、池本彩花(金光藤蔭高)

【準決勝】

森田智子○GS崩袈裟固(GS1:26)△永瀬貴子
福嶋千夏○優勢[指導2]△中江美裕

【決勝】

福嶋千夏○優勢[有効・小外刈]△森田智子


eJudo Photo
(写真:78kg級優勝の堀歩未)
■78kg級

【入賞者】
優勝:堀歩未(敬愛高)
準優勝:山内真子(國學院大栃木高)
第三位:佐藤杏香(東海大第四高)、山中満紀(大垣日大高)
優秀賞:新垣さつき(沖縄尚学高)、吉長桃子(藤枝順心高)、泉真生(木更津総合高)、富山美和(金沢学院東高)

【準決勝】

堀歩未○払腰(3:18)△佐藤杏香
山内真子○内股(0:22)△山中満紀

【決勝】

堀歩未○送足払(0:59)△山内真子


eJudo Photo
(写真:78kg超級優勝の月波光貴穂)
■78kg超級

【入賞者】
優勝:月波光貴穂(新田高)
準優勝:滝川真央(富士市立高)
第三位:朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)、斉藤芽生(東大阪大敬愛高)
優秀賞:岡史生(敬愛高)、荒巻有可里(夙川学院高)、小島有紀(奈良育英高)、冨田若春(埼玉栄高)

【準決勝】

月波光貴穂○GS僅差3-0△斉藤芽生
滝川真央○GS技有・袖釣込腰(GS0:32)△朝比奈沙羅

【決勝】

月波光貴穂○合技[大外落・崩袈裟固](2:14)△滝川真央


※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月11日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.