PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

東海大浦安三冠ならず準々決勝で散る、国士舘も準決勝敗退で大会は大荒れ

(2013年8月18日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
東海大浦安三冠ならず準々決勝で散る、国士舘も準決勝敗退で大会は大荒れ
eJudo Photo
(写真:修徳の副将・坂口真人が粟野孝平に内股で一本勝ち、修徳が3点目を挙げる)
8日行なわれたインターハイ柔道競技男子団体戦、優勝候補筆頭の東海大浦安高(千葉)は準々決勝で敗れ、2年連続高校三冠獲得の偉業はならなかった。

東海大浦安打倒を果たしたのは東京都第二代表の修徳高。6日のオーダー開示以降、東海大浦安に「噛み合う」並び順の良さが話題となっていたが、その戦略に基づいた作戦がズバリ当たる形でのアップセット完成だった。

先鋒戦は東海大浦安・折原虹之介が開始早々に大外刈を打ち込んで修徳のエース前野玲音から「技有」を奪う浦安ペースのスタート。しかし前野は落ち着いて圧力を掛けて4つの「指導」を奪って反則勝ち、まず修徳が計算通りに一点獲得。

次鋒戦は東海大浦安のポイントゲッター前田宗哉に1年生の佐藤竜がマッチアップ。なんとしても「一本」を獲るべく激しく攻める前田に対し佐藤が粘る構図でまず前田が「指導2」を獲得。さらに引込返から横四方固に抑え込むが、激しく抗う佐藤はなんと鉄砲返しで引っくり返し逆に前田を抑え込む見せ場を作る。これは5秒で前田が逃れたが、毒気を抜かれたように以後のポイントは3分12秒に挙げた大外巻込の「技有」のみ。勝負は中堅戦に引き継がれる。

試合の方向を決定付けたのはこの中堅戦。修徳・小川雄勢の圧力に村田大祐が良く対抗しノーポイントのまま試合は終盤。しかし残り時間が一桁となったところで村田が右内股に入り込み、待ち構えた小川は隅落でめくり返して「有効」奪取、そして宣告と同時に試合終了で、この試合は小川の優勢勝ち。

点数計算上、ここで試合はほとんど決まっていた。修徳のポイントゲッター坂口真人は粟野孝平に対して1分50秒に左内股でまず「有効」、さらに3分25秒に思い切り左内股、粟野に宙を舞わせて文句なしの「一本」。この時点で3点を奪った修徳が勝負を決めた。

【準々決勝】

修徳高 3-2 東海大浦安高
(先)前野玲音○反則勝(2:55)△折原虹之介
(次)佐藤竜△優勢[技有]○前田宗哉
(中)小川雄勢○優勢[有効]△村田大祐
(副)坂口真人○内股(2:21)△粟野孝平
(大)原澤脩司△小外刈(1:18)○ウルフアロン

夢破れた東海大浦安の面々はがっかり。直後、竹内徹監督は報道陣の質問に応えて的確に敗因を分析しながらも、「修徳の執念が勝った。前田が一本を取れれば流れが変わっただろうが、佐藤選手が抑え込みを返したのは立派。相手の頑張りが上でした」と総括し、相手を称えた。

一方の修徳・大森淳司監督は「生徒が勝つことしか考えていなかった。オーダー順は相手どうこうではなく、うちの力が一番出る形を考えた結果」と試合を振り返り、「4月はどこにも勝てなかったチーム。良く頑張りました。またもう1回解体して、良いチームを作り直します」と高校選手権予選の東京5位からここまでの短期間で上り詰めた選手たちを称えていた。


eJudo Photo
(写真:作陽の大将・寺尾拓真が田崎健介の大内返を浴びせ返し、残り13秒で逆転の一本勝ち)
そして東海大浦安の敗退で荒れる大会、一気に優勝候補一番手に躍り出たかと思われた国士舘高も準決勝で敗退。

【準決勝】

作陽高 2-1 国士舘高
(先)安達健太×引分×森翔平
(次)小野翼×引分×磯田範仁
(中)安田隼人○優勢[有効]△吉良儀城
(副)野地優太△優勢[指導2]○江畑丈夫
(大)寺尾拓真○小外刈(3:47)△田崎健祐

国士舘は中堅戦で吉良儀城が、安田隼人が脇を差してきたところに背中を上から抱えて対抗してしまい逆に浴びせ返されて「有効」失陥で1点ビハインド。

しかし副将江畑丈夫が「指導2」で優勢勝ちしてスコアはタイ。大将戦も田崎健祐が55秒に内股で「有効」を奪って試合は終盤、このまま国士舘の勝利で試合終了かと思われたが、残り13秒、寺尾拓真が脇を差してきたところに田崎が抱き返して応じ左大内刈。しかし中堅戦の再現のように被り返され、叩きつけられた結果は無常の「一本」。大逆転で作陽の勝利が決まった。


eJudo Photo
(写真:中学時代最強を誇った国士館の3年生世代はついに団体タイトルなしのままシーズンを終えた)
岩渕公一監督は「抱きついてくる相手への対応が甘かった。選手の良いところばかり見てしまい、やらねばやらないことを詰め切れなかった私の判断ミスです」と試合を振り返り、最後に「プレゼントしてしまった」とポツリと一言。「3強」のうち最後まで畳に残り優勝のチャンス大と思われた大会を落とした悔しさをにじませていた。


※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.