PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

采配と選手の力噛み合った崇徳が初優勝、決勝は作陽との中国勢対決を制す・インターハイ柔道競技男子団体戦

(2013年8月18日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
采配と選手の力噛み合った崇徳が初優勝、決勝は作陽との中国勢対決を制す
インターハイ柔道競技男子団体戦
eJudo Photo
(写真:決勝、崇徳の次鋒香川大吾が合技「一本」で2点目獲得、拳を突き上げる)
インターハイ柔道競技は8日、男子団体戦の準々決勝から決勝までの競技が行なわれ、7日の3回戦で東海大相模高(神奈川)を倒して勢いに乗る崇徳高(広島)が初優勝を飾った。

崇徳高は準決勝で、前戦で優勝候補筆頭の東海大浦安高(千葉)を破った修徳高を2-1で下し決勝進出。準決勝で国士舘高に競り勝った作陽高と決勝を争うことになった。

決勝はお互いに相手との対戦を「想定していなかった」というノーガード対決。崇徳は先鋒戦で野々内悠真が安達健太を相手に「指導」2つを奪って先制。ポイントゲッター同士の対戦となった次戦では香川大吾が終盤に右大内刈を押し込んで「技有」奪取、そのまま横四方固に固めて一本勝ち、2連勝で一気に優位に立った。

中堅戦は「指導2」の優勢で落としたが、副将戦で三村暁之、大将戦で貫目純矢がしっかり引き分け、歓喜のインターハイ初制覇を成し遂げた。


eJudo Photo
(写真:優勝決定の瞬間、大喜びの選手の横で加美監督は顔を上げず、喜びを噛み締める)
東海大相模が3回戦敗退、東海大浦安が準々決勝敗退、そして国士舘高が準決勝敗退と大荒れの大会を見事制した加美富章監督は「まだ実感が湧かない。高校選手権に出れなかった悔しい思いを生かすために頑張ってきた、その甲斐がありました」と感激の面持ち。「どこも強いので、選手の特徴である技の良さを生かす試合、良いところを出せるように考えて指示をしました」と決勝を振り返った。

「地方の時代を作ることを目指してきた」という加美監督は育成の目標を「高校時代だけでなく、将来強くなる選手を育てること」と掲げ、10年東京世界選手権王者の上川大樹(京葉ガス)、11年インターハイ100kg超級王者飯田健伍(山梨学院大)らを輩出してきた。中央の強豪校が勝負にこだわりつづける中、勝負とともに本格派の育成に心を砕き続けてきた崇徳がついに団体戦でも頂点を勝ち取った、価値ある優勝だった。

入賞者、準々決勝のスコア、準決勝と決勝の対戦詳細は下記。


eJudo Photo
(写真:優勝の崇徳高)
【入賞者】
優勝:崇徳高(広島)
準優勝:作陽高(岡山)
第三位:修徳高(東京)、国士舘高(東京)
優秀校:大牟田高(福岡)、東海大浦安高(千葉)、天理高(奈良)、東海大甲府高(山梨)


【決勝】
崇徳高 2-1 作陽高
(先)野々内悠真○優勢[指導2]△安達健太
(次)香川大吾○合技(4:12)△小野翼
(中)山本健太△優勢[指導2]○安田隼人
(副)三村暁之×引分×野地優太
(大)貫目純矢×引分×寺尾拓真


【準々決勝】

崇徳高 2-1 大牟田高
修徳高 3-2 東海大浦安高
作陽高 2-1 天理高
国士舘高 4-1 東海大甲府高

【準決勝】

崇徳高 2-1 修徳高
(先)野々内悠真×引分×前野玲音
(次)香川大吾○崩袈裟固(0:46)△佐藤竜
(中)山本健太△反則[指導4](3:44)○小川雄勢
(副)三村暁之○優勢[技有]△坂口真人
(大)貫目純矢×引分×原澤脩司

作陽高 2-1 国士舘高
(先)安達健太×引分×森翔平
(次)小野翼×引分×磯田範仁
(中)安田隼人○優勢[有効]△吉良儀城
(副)野地優太△優勢[指導2]○江畑丈夫
(大)寺尾拓真○小外刈(3:47)△田崎健祐


※マッチレポートはメルマガ版/携帯版配信後にPC版に転載します


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月8日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.