PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

インターハイ柔道競技・男子個人戦ひとこと展望

(2013年8月9日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
インターハイ柔道競技・男子個人戦ひとこと展望
■60kg級
V候補筆頭は浅利昌哉、対抗勢力は混戦も比較的ブロック分かれる

優勝候補筆頭は3月の高校選手権を制した浅利昌哉(東海大四)。実力的には頭ひとつ抜けた存在と思われる。

第2グループは高校選手権2位の小倉拓実(柳ヶ浦)を筆頭に、カデ、全中で活躍した55kg級組を交えて多士済々。50kg級と55kgで全日本カデを制している永山竜樹(大成)、高校選手権で第1シード評価だった平原佑多(京都共栄学園)、全日本カデ2位の中原諒人(比叡山)、全日本カデ2年連続3位の秋定礼(神戸国際大附属)らが有力。世界カデ出場のため大島拓海(阿波)と宮川太暉(安田学園)は不在だが、上記の選手はいずれもベスト8からベスト4の力を持ち、力的には横一線。

そしてこれらの選手は組み合わせ上比較的山が分かれた。浅利は3回戦で中原、小倉は準々決勝で昨年全中2位の杉本大虎(日体荏原高)とそれぞれ山場があり、ここでその仕上がりが測られることになる。最序盤のみどころは永山と高校選手権3位の佐藤裕介(前橋育英)によるAブロック1回戦、平原と井澤広大(東海大相模)が戦うこれもAブロック1回戦。

【Aブロック】
永山竜樹(大成)、佐藤裕介(前橋育英)、平原佑多(京都共栄学園)
【Bブロック】
小倉拓実(柳ヶ浦)、杉本大虎(日体荏原)
【Cブロック】
秋定礼(神戸国際大附)、一面護(崇徳)
【Dブロック】
浅利昌哉(東海大四)、中原諒人(比叡山)
■66kg級
混戦階級、軸は野村琢眞と水野隆介

主役級の活躍が見込まれた阿部一二三(神港学園神港)が世界カデで欠場し、大混戦の階級。軸になるのは12年全日本カデ王者の野村琢眞(明大中野)と同インターハイ2位の水野隆介(大成)の2人。力的にこれを追うのは昨年全中2位で1年生にして九州大会を制している村上遥輝(東海大五)、末木貴将(近大福山)ということになる。
以降は実績的に名前を挙げることは可能だが、上位進出を事前に織り込めるインパクトがある選手となると難しい。大混戦と評するしかないが、力と大物食いの可能な柔道の質ということで木戸清孝(四日市中央工)、岩崎康介(田村)の名前は挙げておきたい。木戸は2回戦で野村、岩崎も2回戦で村上に挑むことになりそうでこれが序盤戦の山場。

【Aブロック】
末木貴将(近大福山)
【Bブロック】
野村琢眞(明大中野)、木戸清孝(四日市中央工)
【Cブロック】
村上遥輝(東海大五)、岩崎康介(田村)
【Dブロック】
水野隆介(大成)
■73kg級
山本悠司が頭ひとつ抜け出す、吉田優平と岡田大希の3回戦に注目

優勝争いという観点からは人材が極度に絞られる。高校選手権王者の山本悠司が頭ひとつ抜けた存在で、これに全日本カデを好パフォーマンスで制した吉田優平(大垣日大)、前年度王者磯田範仁(国士舘)を押しのける形で東京を制した岡田大希(日体荏原)の3人までが、この観点から事前評にのぼるべき実力者。山本は高校選手権3位の吉村豪(新田)と3回戦で早くも対戦が見込まれ、ここで今大会の出来が測られる。Dブロックに配された吉田と岡田は3回戦で早くも対戦予定で、これはトーナメント全体を通じた序盤の最注目対決。

以降は7名~10名が横一線で上位候補ということで細かく挙げるとなると、「切りどころ」が設定しにくい大混戦。当日の出来を見守りたい。
■81kg級
人材の密度高い激戦階級、伊藤祐輝の出来に注目集まる

高校選手権優勝の伊藤祐輝(藤島)、同2位の佐藤祐樹(東海大山形)という天才型の2人を軸に、関東ジュニアを制したばかりで春以降一段階段を上った印象の尾方寿應(東海大相模)、曲者タイプの九州王者金山天地(柳ヶ浦)などこの階級は多士済々。事前に織り込むべき優勝候補がこの4人で、力的には向翔一郎(高岡第一)、大物食いの可能な柔道の質というところでは鳥居天凱(神戸国際大附)、大橋賢人(足立学園)、村岡大地(高川学園)らがこれに対抗し得る存在。

伊藤は2回戦で長野享穂(崇徳)、3回戦で昨年度高校選手権73kg級3位の三浦拓海(盛岡大附)、そして準々決勝で金山となかなかに厳しい組み合わせ。

佐藤も尾方と向という正統派の強豪2人と同ブロック、しかも初戦で尾方とマッチアップするという非常に厳しい配置。伊藤、佐藤ともに「際」の強さが売りで研究に左右されないタイプではあるが、事前研究のレベルの高い東海大相模の尾方がどう佐藤と戦うかは非常に面白い。尾方は「団体で優勝したいから」と世界カデ出場を辞退した思いの強さが、団体終了後どういう形で出るかが結果を大きく左右すると見る。団体の結果がメンタルを食ってくる可能性も大で、ここは最大注目の一番。

【Aブロック】
伊藤祐輝(藤島)、金山天地(柳ヶ浦)、長野享穂(崇徳)、三浦拓海(盛岡大附)

【Bブロック】
折原虹之介(東海大浦安)、小野翼(作陽)

【Cブロック】
鳥居天凱(神戸国際大附)、大橋賢人(足立学園、原田昌寛(四日市中央工)、村岡大地(高川学園)

【Dブロック】
佐藤祐樹(東海大山形)、尾方寿應(東海大相模)、向翔一郎(高岡第一)
■90kg級
前田宗哉と江畑丈夫が準々決勝で激突

高校選手権王者の前田宗哉(東海大浦安)と、中学時代の「学年最強選手」、同大会2位の江畑丈夫(国士舘)が激突するBブロックの準々決勝が優勝争いの山場。このブロックには小寺達(東海大仰星)、橋谷田雄登(山形工)という力的にはベスト4以上が見込める選手も詰め込まれまさに死のブロック。小寺は2回戦で江畑と、橋谷田は3回戦で前田と戦う。

高校選手権決勝では互いに引かない「大外刈対決」を演じた前田と江畑、あの名勝負の再現を期待したいところだ。前田は以後内股を中心とした組み立ても獲得、復調気配の江畑も面倒な相手にはどちらかというと大外刈の恐怖を晒しながら技を使いわけて勝っている印象だが、この2人がどう試合を組み立てるか。見逃せない一番。

【Aブロック】
伊藤尚将(沖学園)、山城太志(沖縄尚学)、佐藤圭将(前橋育英)

【Bブロック】
前田宗哉(東海大浦安)、江畑丈夫(国士舘)、小寺達(東海大仰星)、橋谷田雄登(山形工)

【Cブロック】
木下智貴(京都学園)、下田翔大(四日市中央工)、大塚翔悟(桐蔭学園)

【Dブロック】
佐藤允哉(近大福山)、木村竜也(大成)
■100kg級
負傷明けもV候補筆頭は田崎健祐、三村暁之らが後を追う

高校選手権無差別2位、昨年世界カデ王者の田崎健祐(国士舘)が頭一つ抜け出した優勝候補筆頭。ただし春以降は足首、腰と負傷が続き、夏のシーズンには練習参加がようやく間に合ったという状態、金鷲旗では眞砂谷幸弥(東海大相模)に2度投げられるなど、どんなときも田崎を助けてきた武器である安定感に陰りが見えることが不安だ。組み合わせで山場が訪れるのは準決勝以降。田崎を強者と規定して、しのぎながら一発狙うという試合を志向してくるであろう相手には我慢が効くのではと思われるが、東京予選、金鷲旗の状態であれば「上から目線」でかかってくる強者にはアクシデントの可能性が拭い去れない。団体戦、そして準々決勝まででどこまで相手に恐怖感を与えられるかどうかが優勝のカギ。

三村暁之(崇徳)、村田大祐(東海大浦安)、春日良太(東海大相模)、村井慎太郎(東海大仰星)が第2グループ。三村、春日は田崎の逆側の山に配されたが、村田、村井はBブロックに同居、同ブロックは九州王者の松谷鯉太郎(柳ヶ浦)も配されて最激戦地区となっている。

【Aブロック】
田崎健祐(国士舘)、好永大輝(新田)、荒諒太(田村)

【Bブロック】
村田大祐(東海大浦安)、村井慎太郎(東海大仰星)、松谷鯉太郎(柳ヶ浦)、石井大稀(白鴎大足利)

【Cブロック】
春日良太(東海大相模)、斗石凛太郎(長崎南山)、横井勝哉(近江)、松倉海斗(前橋育英)

【Dブロック】
三村暁之(崇徳)
■100kg超級
佐藤和哉とウルフアロンの第3戦は準々決勝、2年生小川雄勢はベスト4入りのチャンスあり

今春の高校選手権王者で4月には全日本選手権出場を経験した佐藤和哉(静岡学園)が優勝候補筆頭。ウルフアロン(東海大浦安)が対抗馬ということになる。

高校選手権では佐藤がウルフに大内返「一本」で勝利、今大会も優位と目されていたが、金鷲旗でウルフが佐藤を早い段階の横四方固「一本」に下していることで勝負はわからなくなってきた。同大会での佐藤が疲労しきっていたことを呼応慮する必要はあるが、間合いに入りこんだ時の強さと足技の切れ、それと相反する攻め手の遅さという長所短所はそろそろ周囲に知れ渡っており、金鷲旗は結果自体よりもウルフがこれを十分踏まえつつ、かつ絶対にアクシデントを起こしてはいけない大将対決で手堅く勝利しているという事情はをより重要視して考えるべき。順行運転なら実はウルフが優位、佐藤が勝つにはリミッターを外すような攻めを見せることが条件になるのでないだろうか。いずれここを勝った側がイコール優勝となる可能性が相当に高い。

佐藤は2回戦で香川大吾(崇徳)という山場が一つあり、ウルフも2回戦では昨秋の朱雀杯で韓国背負で「技有」を食った富樫匠(豊栄)という曲者タイプと戦う可能性がある。まずはここをしっかり勝って波に乗りたいところ。

【Aブロック】
小川雄勢(修徳)、名垣浦祐太郎(大成)

組み合わせ的にはこの2人が2強、かつ対戦は準々決勝。ともに地力の強さで勝負するタイプで、かつともに攻め手がいまひとつ遅い。経験値と勝負どころの見極めは名垣浦が上、小川が勝つとすればアクシデントではなく地力で勝っているときのはずで、ここは成長著しい小川の「達成度」に注目。

【Bブロック】
佐藤和哉(静岡学園)、ウルフアロン(東海大浦安)、香川大吾(崇徳)

前述の通りの最激戦区。勝ち上がった選手がイコール優勝に一番近い選手と見て間違いない。

【Cブロック】
藤井靖剛(桐蔭学園)

優勝争いという観点からは無風区。「勝てる力関係の試合は落とさない」藤井の柔道のタイプからしても、ここはアクシデントの可能性は僅少。

【Dブロック】
西尾徹(天理)、影浦心(新田)

西尾-影浦が2回戦で激突。柔道のスケールが大きい影浦、大技に寝技、勝負力を併せ持つ西尾と予想は難しい。影浦が地力で圧倒する形にならない限り、展開力に勝る西尾のほうがやや優位か。


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月7日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.