PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

いよいよ明日からインターハイ開幕、各校オーダー順出揃う(インターハイ男子団体有力校オーダー順一覧)

(2013年8月7日)

※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
いよいよ明日からインターハイ開幕、
各校オーダー順出揃う
(インターハイ男子団体有力校オーダー順一覧)
あす7日から福岡市民体育館で行なわれるインターハイ柔道競技、6日は監督会議が行なわれ、各校の団体戦登録オーダー順が公式発表となった。

優勝候補の東海大浦安高(千葉)はやはりエースのウルフアロンを大将に配置。先鋒から順に折原虹之介、山寺裕斗、村田大祐、粟野孝平、ウルフアロン。90kg級高校選手権王者の前田宗哉を補欠に置き、次鋒か副将に投入する構え。

国士舘高(東京)はウルフを避けずに敢えて大将にエース田崎健祐を据え、中堅以降に吉良儀城、江畑丈夫、そして田崎と並べる王道オーダー。初戦で戦う静岡学園高は佐藤和哉を中堅に配置、吉良儀城とマッチアップすることとなった。

金鷲旗大会決勝で東海大浦安と大熱戦を演じた東海大相模高(神奈川)は春日良太を補欠、眞砂谷幸弥を登録外とするオーダー。眞砂谷は膝を負傷していて県予選も個人は欠場したという経緯があるが、金鷲旗の出来からして入れ替えはまず間違いない。主将の尾方寿應は先鋒に置かれた。春日、眞砂谷を「持ち駒」としていったん盤の外に置いた東海大相模に対し、早い段階で対戦する崇徳高(広島)も香川大吾を補欠に置いており、次鋒か中堅かで投入を選択でき得る状況。読み合いは必死。

有力とされる各チームのオーダー順は下記。


東海大浦安高(千葉)[Bブロック]
(先)折原虹之介
(次)山寺裕斗
(中)村田大祐
(副)粟野孝平
(大)ウルフアロン
(補)前田宗哉

東海大相模高(神奈川)[Aブロック]
(先)尾方寿應
(次)浅野未来
(中)早川祐斗
(副)長谷川優
(大)藤田圭一
(補)春日良太

国士舘高(東京)[Dブロック]
(先)森翔平
(次)片山大旗
(中)吉良儀城
(副)江畑丈夫
(大)田崎健祐
(補)磯田範仁

[Aブロック]

崇徳高(広島)
(先)野々内悠真
(次)谷口太三
(中)山本健太
(副)三村暁之
(大)貫目純矢
(補)香川大吾

東海大仰星高(大阪)
(先)中川貴文
(次)村井慎太郎
(中)奥野拓未
(副)江口信広
(大)深瀬悠介
(補)小寺達

[Bブロック]

修徳高(東京)
(先)前野玲音
(次)佐藤竜
(中)小川雄勢
(副)坂口真人
(大)原澤脩司
(補)伊藤祐介

[Cブロック]

大成高(愛知)
(先)澤井亮一
(次)三輪龍志
(中)並木泰雅
(副)名垣浦佑太郎
(大)木村竜也
(補)川田修平

天理高(奈良)
(先)副島望夢
(次)並里樹
(中)村上陣亮
(副)西尾徹
(大)古田伸悟
(補)西岡丈

[Dブロック]

静岡学園高(静岡)
(先)星野圭祐
(次)佐野安大
(中)佐藤和哉
(副)藤田尊行
(大)小林駿平
(補)望月飛翔


※ eJudo携帯版「e柔道」およびeJudoメルマガ版8月6日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.