PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

5勝1分け4つの一本勝ち、11年ぶり公式戦出場の吉田秀彦が大活躍で会場沸かす・全日本実業団体対抗大会

(2013年7月8日)

※ eJudo携帯版「e柔道」6月15日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード
5勝1分け4つの一本勝ち、11年ぶり公式戦出場の吉田秀彦が大活躍で会場沸かす・全日本実業団体対抗大会
eJudo Photo
写真:3回戦、吉田は瀧澤順(ひらた接骨院)から大外刈で一本勝ち
15日に行われた全日本実業柔道団体対抗大会の畳に、バルセロナ五輪金メダリストの吉田秀彦が登場。自らが監督として率いるパーク24の副将として第三部の1回戦から出場し、6戦して5勝1分、5勝のうち4つが投技による「一本」という大活躍でチームの準優勝に貢献、会場の喝采を浴びた。

11年ぶりとなる実戦に「こんなに柔道って疲れるものかと思いました。体中が痺れています。気持ちはあるけど体がついてこない」と試合後は苦笑いを浮かべた吉田だが、大外刈で2つ、得意の内股で2つの「一本」を決めて見せ、決勝では73kg級強化選手の斎藤涼(旭化成)から2つの「指導」を奪う快勝。43歳という年齢が信じられない堂々たる戦いぶりだった。

「柔道界に明るい話題を提供したい」と出場を決めた吉田。詰め掛けた報道陣に対して「こんなにたくさん、遠い岡山まで来てくださってありがとうございます」と頭を下げ、相次ぐ次回出場を促す声には「次やるとしたらこんな練習ではダメ。(全日本選手権予選は)盛り上げろというなら出ますが、レベルが全く違う。今の内股の入り方では通用しないし、柔道を変えないと」と今後にも含みを持たせて会見を終えた。

吉田の全試合の記録は下記。

※第三部マッチレポートにても詳報します。

eJudo Photo
写真:2回戦、吉田は得意技の左内股をこの日初めて決めて一本勝ち
【1回戦】パーク24 5-0 ナチュラル
吉田秀彦○大外刈(1:13)△石川良如

【2回戦】パーク24 5-0 大阪ガス
吉田秀彦○内股(1:48)△磯田章磨

【3回戦】パーク24 4-0 ひらた整骨院クラブ
吉田秀彦○大外刈(1:59)△瀧澤順

【準々決勝】パーク24 3-1 十全会回生病院
吉田秀彦○内股(2:10)△吉田岳文

【準決勝】パーク24 3-1 つくばユナイテッド
吉田秀彦×引分×鈴木壮太

【決勝】パーク24 1-2 旭化成
吉田秀彦○優勢[指導2]△齋藤涼


※ eJudo携帯版「e柔道」6月15日掲載記事より転載・編集しています。
ドコモ版QRコード
docomo版QRコード
KDDI版QRコード
au版QRコード

→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る



supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.