PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全日本カデ体重別選手権男子レポート・73㎏級~90㎏超級

(2013年5月20日)


※eJudo携帯版「e柔道」4月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


全日本カデ体重別選手権男子レポート
73㎏級~90㎏超級 1/2


全中66kg級王者の立川新、地力発揮してカデ初優勝
73kg級

13Jcadet_73_1.jpg
写真:今年も決勝に進んだ
吉田優平
決勝に進んだのは吉田優平(大垣日大高2年)と立川新(新田高1年)の2名。

昨年王者の吉田は1回戦で立野宏輔(大牟田高1年)を相手に「指導2」を奪い、さらに背負投「技有」を得て余裕を持っての勝ち抜け。準決勝では昨年3位の佐々木健志(平田高2年)から小外刈で「有効」を奪い、2年連続の決勝進出を決めてきた。

一方の立川は昨年の全国中学大会66kg級王者。1回戦で田中大輝(履正社高1年)から2つの「指導」を奪った末に送襟絞で一本勝ち(2:20)。事実上の決勝との呼び声も高かった昨年の全中王者古賀颯人(大成高)との準決勝は激戦となったが、GS延長戦の残り31秒で払腰で転がして「有効」奪取。見事決勝へと駒を進めることとなった。

13Jcadet_73_3.jpg
写真:吉田の右袖釣込腰は空転、
立川が捌いて掬投の形で潰す
決勝は吉田が右、立川が左組みのケンカ四つ。
立川が二本持つなり吉田が右袖釣込腰。立川余裕を持って潰し、吉田の体をまたいで「待て」の声を聞く。

立川は左小外刈で攻め、吉田は片手の右袖釣込腰を放つが立川は体を捌いて空転させ、回り込んで掬投の形で潰す。

13Jcadet_73_4.jpg
写真:立川、左袖釣込腰のフェイント
から左大内刈に連絡して押し込み
「有効」を得る
立川、組み立てを変えて引き手から持ち、良いタイミングで両袖の左大内刈。さらに左袖釣込腰のフェイントから左大内刈に連絡、吉田を転がして「有効」を得る。経過時間は1分2秒。

リードを得た立川は引き手で袖、釣り手で脇を突いて距離を取る。吉田の反撃の芽を潰し、いったん試合が落ち着いたと見ると再度攻勢に出、吉田は劣勢。

13Jcadet_73_5.jpg
写真:立川、左内股から切り返して
の小内刈で「有効」を得る
2分5秒、吉田が両襟を握って右内股。しかし良く見極めた立川はこの技を透かし、左内股を合わせる。吉田の足を挙げさせておいて、技の戻りに左小内刈を引っ掛けて「有効」。

立川は組み手で優位を得て猛攻。吉田は釣り手で背中、奥と叩いて圧を掛けて一度展開を落ち着かせたいところだが立川はこれを許さず、あくまで早いペースでの攻防に吉田を誘導。

吉田が釣り手を背中に回したところに立川が巴投を合わせた2分45秒、吉田に「指導1」が宣告される。

13Jcadet_73_6.jpg
写真:立川、吉田をいなしながら
攻め続けてクロージング
以降は攻めたい吉田の意図をことごく立川がいなし、自身の攻撃に変換するという展開が続いたまま試合は終盤。残り7秒、吉田が背中を叩いたところに立川が応じて左大外刈。さらに立川が釣り手で脇を突いて前進、吉田が腰を切る前技の動作を見せたところで試合終了のブザーが鳴り響く。

立川、2つの「有効」を得て1学年上の吉田に圧勝。見事全日本カデ初優勝を成し遂げた。

13Jcadet_73_7.jpg
写真:優勝の吉田優平
【入賞者】
優勝:立川新(新田高1年)
準優勝:吉田優平(大垣日大高2年)

立川新選手のコメント
「優勝は狙っていました。今日の柔道は決めの部分がしっかり出来たので、次の課題は体力。世界カデも優勝したいです。目標は野村忠宏選手、オリンピックで金メダルを取れる選手になりたい」

【1回戦】
吉田優平(大垣日大高2年)○優勢[技有・背負投]△立野宏輔(大牟田高1年)
佐々木健志(平田高2年)○横四方固(0:52)△渡辺大地(旭川龍谷高1年)
古賀颯人(大成高)○合技[大外刈・袈裟固]△渡辺甲誠(桐蔭学園高1年)
立川新(新田高1年)○送襟絞(2:20)△田中大輝(履正社高1年)

【準決勝】
吉田優平○優勢[有効・小外刈]△佐々木健志
立川新○GS有効・払腰(GS1:29)△古賀颯人

【決勝】
立川新○優勢[有効・小内刈]△吉田優平


尾方寿應が貫禄の優勝、決勝は釘丸将太を「一本」で破る
81kg級

13Jcadet_81_2.jpg
写真:準決勝、尾方は後輩の飯島俊佑を
小外刈で捻り倒して一本勝ち
決勝に進出したのは尾方寿應(東海大相模高3年)と釘丸将太(国士舘高2年)の2人。

一昨年に73kg級で優勝、昨年81kg級で2位の尾方には1回戦の向翔一郎(高岡第一高3年)戦という大きな山場があった。この試合はケンカ四つから左大外刈を中心に積極的に攻めた尾方が2分10秒、そして残り15秒と2つの「指導」を得て優勢勝ち。

大一番をあっさり勝ち抜いた尾方、準決勝は同門の後輩飯島俊佑(東海大相模高2年)から小外刈で「一本」(3:40)を奪って決勝進出を決めた。

一方の釘丸は1回戦で昨年の全中王者藤原崇太郎(小野中3年)から背負投で「技有」を奪って快勝。準決勝は青木雅道(宮崎工業高2年)に「指導」1つをリードされたが縦四方固に捕まえて一本勝ち(3:00)。決勝への勝ち上がりを決めた。

13Jcadet_81_4.jpg
写真:尾方は相手の離れ際に出足払、
釘丸は転がるように崩れる
決勝は尾方、釘丸ともに左組みの相四つ。

挑む立場の釘丸、まず引き手で左袖を押さえて手堅くスタート。袖を得るや釣り手を添えて抱え込み、組み手の駆け引きに尾方を誘導せんとする。しかし尾形はつきあい過ぎず、尾方に持たれることを嫌った釘丸の離れ際に強烈な左出足払、転がり崩れた釘丸はすぐに立ち上がって攻防に復帰。

13Jcadet_81_5.jpg
写真:尾方に奥襟を取らせまいと、
釘丸はセオリー通り片襟を差して対応
離れた位置からの牽制が続く。尾方が釣り手で奥襟を得ると釘丸はすぐに切り離し、ならばと尾方は奥襟を橋頭堡に頭を抱きかかえるところまでガップリ持ち、釘丸は引き手で脇を突いて、耐える。どうやらこの試合は粘る釘丸、突き放す尾方という力関係。

尾方両襟を握っての左内股、釘丸は垂直に浮き、まっすぐ降りて着地。
釘丸は尾方を上下にあおり、右背負投に入ろうとするが緒方は釣り手を絞ってコントロール、釘丸は回転できずにあきらめ、正対に戻る。

13Jcadet_81_6.jpg
写真:尾方は左大外刈、
足が抜けて決めきれず
1分20秒、引き手で左袖を得た尾方が左大外刈。足が抜けて「待て」となるが、直後に釘丸に「指導1」が宣告される。

以後も尾方が組み合いを志向、一方の釘丸は切っては組み手をやりなおし一方的に組めるチャンスを探す、という中での攻防が続く。

奥襟を得てジワリと前に出る尾方、2分過ぎには左小内刈から左大外刈に連絡、軸足の膝を着いて決めに掛かるが、釘丸は立って捌いて腰絞に切り返す。

2分40秒、釘丸に2つ目の「指導」。

勝利に繋がるポイントを得た尾方はさらに冷静に攻めを積み重ねる。両袖の形から支釣込足で蹴り崩して左大外刈。これは釘丸がいなして逃れ「待て」。

13Jcadet_81_7.jpg
写真:尾方の朽木倒が「一本」
残り1分を切ったところで奥襟を掴んだ尾形が左大外刈、左大内刈と攻め、距離を取りたい釘丸は釣り手で片襟を差す。

この片襟に応じた尾形は自身も釣り手で左片襟を差すと左小内刈、ついで上がった足を捉えて朽木倒に連絡。釣り手でドンと相手を突き押したインパクトをまともに受けた釘丸は1回転する勢いで真裏に転がる。尾方の両手は離れたが主審は「一本」を宣告、3分23秒。

尾方、2011年の73kg級に続く2階級制覇を達成した。

今年度からカデの年齢枠が1歳上に広げられ、尾方は高校3年生での出場。自身「負けられない」と語った通り地力は突出しており、決勝も順行運転。間違えさえしなけれな勝てるとばかりに、攻め口を変えながらどこに刃を入れるべきかを探り、そして的確に突いたという貫禄の試合だった。

13Jcadet_81_8.jpg
写真:優勝の尾方寿應
【入賞者】
優勝:尾方寿應(東海大相模高3年)
準優勝:釘丸将太(国士舘高2年)

尾方寿應選手のコメント
「3年生なので負けられない気持ちは強かったですが、プレッシャーは感じませんでした。世界カデよりは、インターハイを大事にしたいと考えています。目標は金鷲旗とインターハイで東海大浦安をやっつけて優勝すること。将来はオリンピックで金メダルを取れるような選手になりたいです」

【1回戦】
尾方寿應(東海大相模高3年)○優勢[指導2]△向翔一郎(高岡第一高3年)
飯島俊佑(東海大相模高2年)○内股(2:43)△川脇翼(国士舘高1年)
青木雅道(宮崎工業高2年)○GS有効・小外刈(1:42)△杢康次郎(東海大相模高1年)
釘丸将太(国士舘高2年)○優勢[技有・背負投]△藤原崇太郎(小野中3年)

【準決勝】
尾方寿應○小外刈(3:40)△飯島俊佑
釘丸将太○縦四方固(3:00)△青木雅道

【決勝】
尾方寿應○小内刈(3:23)△釘丸将太


次へ



※eJudo携帯版「e柔道」4月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.