PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全日本カデ体重別選手権女子レポート・44㎏級~52㎏級

(2013年5月16日)


※eJudo携帯版「e柔道」4月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


全日本カデ体重別選手権女子レポート
44㎏級~52㎏級 1/2


山内穂乃花が挑戦3回目で初優勝果たす
40kg級

13kadetyosen_40_1.jpg
写真:連続一本勝ちで決勝進出を
果たした山内穂乃花
決勝に進んだのは山内穂乃花(京都学園高2年)と小林夏希(加藤学園暁秀中3年)の2人。

山内は昨年3位、2011年の全国中学大会で行われた第1回の全日本カデ予選で2位。今大会は第1シード。この日は1回戦で板東秀美(松山市立北中3年)から横四方固で開始僅か56秒の「一本」、準決勝も田中悠(長崎市立緑が丘中3年)に上四方固で一本勝ち(3:05)して、決勝への勝ち上がりを決めた。

一方の小林は昨年のカデ予選優勝者で、この日は第2シードに配された。1回戦で齋藤海咲(明誠高1年)から背負投で「技有」を奪って勝利し、準決勝では伊藤しいな(岩見沢市立光陵中3年)から体落で「技有」を奪っての優勢勝ちという内容での決勝進出。

13kadetyosen_40_4.jpg
写真:山内の右背負投が「一本」
決勝は山内が右、小林が左組みのケンカ四つ。
小林が左背負投、頭が早く下がってしまい、山内横について脚を抱えて捌いき、頭側から上に被さって潰し場外「待て」。

再開直後、山内が右背負投。小林を場内から場外へと追って、外に逃れた小林の足が止まるや、足を大きく開いて踏ん張り、捻り倒すように思い切り投げつける。 小林背中から勢い良く畳に落ちるが、主審は「場外」とみなしてこれはノーポイント。「待て」が宣告されて選手2人は場内へ。

しかし再開したところでジュリーから物言い。これを受けて三審が再協議、結果「一本」が宣告されて試合は終了。山内が全3試合を一本勝ちという圧倒的な内容での全日本カデ初優勝を決めた。

山内は2011年全日本カデ3位、2011年夏に実施された全日本カデ予選でも決勝で負傷して敗れて2位、12年全日本カデも3位。常に優勝候補と目されながらなかなか頂点に辿り着けなかったが、ついに待望の全日本タイトルを獲得した。

13kadetyosen_40_5.jpg
写真:優勝の山内穂乃花
■40kg級

【入賞者】
優勝:山内穂乃花(京都学園高2年)
準優勝:小林夏希(加藤学園暁秀中3年)

山内穂乃花選手のコメント
「この大会は2位、3位ばかり。今年が最後なのでどうしても優勝したかった。粘り強く、集中を切らさずに試合が出来たと思います。将来はどんな時もブレない選手になりたいです」

【1回戦】
山内穂乃花(京都学園高2年)○横四方固(0:56)△板東秀美(松山市立北中3年)
田中悠(長崎市立緑が丘中3年)○背負投(2:02)△小原綾華(湖西高2年)
小林夏希(加藤学園暁秀中3年)○優勢[技有・背負投]△齋藤海咲(明誠高1年)
伊藤しいな(岩見沢市立光陵中3年)○GS有効・背負投△坂本野乃袈(川口市立上青木中3年)

【準決勝】
山内穂乃花○上四方固(3:05)△田中悠
小林夏希○優勢[技有・体落]△伊藤しいな

【決勝】
山内穂乃花○背負投(0:20)△小林夏希


鈴木茉莉が優勝、決勝は「秒殺」一本で勝負決める
44kg級

13cadetyosen_44_1.jpg
写真:初の決勝進出を果たした
斉藤望
決勝に進んだのは斉藤望(秋田商高3年)と鈴木茉莉(藤枝順心高1年)の2人。

斉藤は1回戦で上原万智子(松商学園高1年)から2つの「指導」を奪って優勢勝ち。準決勝は第1シードに配された昨年の全日本ジュニア3位・藤崎暖乃(創志学園高1年)から序盤の49秒に大外刈で「有効」を奪い、このポイントを守りきって優勢勝ち。大会参加3回目で初の決勝進出を決めた。

一方の鈴木は昨年の全国中学大会2位、今大会は第2シード。1回戦は上領悠月(高川学園高校2年)から小外刈「有効」を奪い、最後は横四方固に決めて一本勝ち(3:17)、準決勝は坂上綾(夙川学院高1年)を攻め込んで「指導」を得た後、袈裟固「一本」(2:17)で勝利。連続一本勝ちで勢いに乗っての決勝進出だ。

決勝はあっという間に決着。始まるなり鈴木が斉藤を得意の袖釣込腰に捕まえて投げ飛ばして「一本」。
公式記録は10秒だが感覚的にはまさしく一瞬。鈴木、会場どよめく「秒殺」でこの大会を締め、3試合オール一本という圧勝で全日本カデ初優勝を決めた。

13cadetyosen_44_3.jpg
写真:優勝の鈴木
■44kg級

【入賞者】
優勝:鈴木茉莉(藤枝順心高1年)
準優勝:斉藤望(秋田商業高3年)

鈴木茉莉選手のコメント
「相手の前の試合を見て動きを観察することは出来たので、決勝はうまく「一本」を取ることが出来ました。次の目標は県で1位になってインターハイに出ること。目標は岡本理帆選手です」

【1回戦】
藤崎暖乃(創志学園高1年)○GS有効・大内刈(GS0:26)△有野涼(奈良育英高1年)
斉藤望(秋田商業高3年)○優勢[指導2]△上原万智子(松商学園高1年)
坂上綾(夙川学院高1年)○GS技有・掬投(GS1:26)△日下部敦美(関西大倉高1年)
鈴木茉莉(藤枝順心高1年)○横四方固(3:17)△上領悠月(高川学園高2年)

【準決勝】
鈴木茉莉○袈裟固(2:17)△坂上綾
斉藤望○優勢[有効・大外刈]△藤崎暖乃

【決勝】
鈴木茉莉○袖釣込腰(0:10)△斉藤望


次へ



※eJudo携帯版「e柔道」4月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.