PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

東海大浦安高が2連覇達成、エースのウルフアロンが獅子奮迅の活躍・全国高校選手権男子団体戦

(2013年4月1日)


※eJudo携帯版「e柔道」3月21日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


東海大浦安高が2連覇達成、エースのウルフアロンが獅子奮迅の活躍
全国高校選手権男子団体戦


13kousen_newsD_1.jpg
写真:ウルフアロンが田崎健祐、
江羽丈夫、そして再び田崎という
3連戦を突破。一本勝ちで
優勝を決めて観客席の歓声に応える
全国高等学校柔道選手権大会は20日、日本武道館(東京都)で最終日の競技が行われ、五人制勝ち抜きで行われる男子団体戦は東海大浦安高(千葉)が昨年に続き優勝、2連覇を飾った。

東海大浦安高は決勝で第2シードの国士舘高(東京)と対戦。1人差ビハインドで登場した大将のウルフアロンが国士舘の副将田崎健祐から2つの「指導」を奪って勝利、さらに大将の江畑丈夫と引き分け、最後は代表者1名による決定戦で田崎から支釣込足で「技有」、そこから崩上四方固に抑え込んで合技で一本勝ちの快勝。見事優勝を決めた。

竹内徹監督は「連覇へのプレッシャーはなかった。選手たちも優勝候補と騒がれることを楽しんでここまでやってきた」と笑顔。「今年のチームはしぶとい試合もできるし思い切った試合もできる。100%ではないが持ち味をしっかり出した大会でした」と、徹底マークを受けながら2連覇を達成した選手たちを讃えていた。

決勝で田崎、江畑、そして再び田崎と同代きっての強豪を相手に3試合連続で戦って優勝を決めたウルフは「2人、3人回ってくるのを覚悟しておけと言われた。普段の力を出せば大丈夫だと思っていた」と試合後も自信溢れるコメント。準決勝の東海大相模高(神奈川)戦では春日良太、眞砂谷幸弥というエース2枚に連勝しており、まさしく大会の主役と呼ぶにふさわしい活躍だった。

13kousen_newsD_2.jpg
写真:決勝、代表戦でウルフアロン
が田崎健祐から支釣込足
「技有」を奪う
3位には東海大相模高と桐蔭学園高(神奈川)が入賞した。
ベスト8には大成高(愛知)と東海大仰星高(愛知)の2校のほか、ノーシードから高川学園高(山口)と小杉高(富山)が入賞。高川学園高は3回戦で東京都第二代表でインターハイ2位の日体荏原高を破る殊勲を演じての入賞だった。

入賞校と準々決勝以降の結果詳細は下記。

【入賞校】
優勝:東海大浦安高(千葉)
準優勝:国士舘高(東京)
第三位:東海大相模高(神奈川)、桐蔭学園高(神奈川)
第五位:小杉高(富山)、高川学園高(山口)、大成高(愛知)、東海大仰星高(大阪)

13kousen_newsD_3.jpg
写真:決勝、国士舘高の
田崎健祐が折原虹之介から
小内刈で一本勝ち
【決勝】

東海大浦安高○代表戦△国士舘高
(先)折原虹之介×引分×磯田範仁
(次)山寺裕斗△優勢[技有・出足払]○森翔平(次)
(中)前田宗哉○小外刈(2:01)△森翔平(次)
(中)前田宗哉×引分×吉良儀城(中)
(副)村田大祐△小内刈(2:20)○田崎健祐(副)
(大)ウルフアロン○優勢[指導2]△田崎健祐(副)
(大)ウルフアロン×引分×江畑丈夫(大)
(代)ウルフアロン○合技(4:00)△田崎健祐(代)

13kousen_newsD_4.jpg
写真:決勝、国士舘高の森翔平が
山寺裕斗から出足払で
「技有」を奪う
【準々決勝】

東海大浦安高○3人残し△小杉高
(先)折原虹之介○優勢[技有]△太田雄祐(先)
(先)折原虹之介△優勢[有効]○明石将太(次)
(次)山寺裕斗○優勢[有効]△明石将太(次)
(次)山寺裕斗×引分×金塚弘晃(中)
(中)村田大祐○優勢[有効]△竹部晃平(副)
(中)村田大祐○内股(0:51)△坂田豊志(大)
(副)前田宗哉
(大)ウルフアロン

東海大相模高○3人残し△高川学園高
(先)尾方寿應○合技(1:31)△村岡大地(先)
(先)尾方寿應○小外掛(1:06)△加倉雅士(次)
(先)尾方寿應○小外刈(1:53)△宮本翔平(中)
(先)尾方寿應○優勢[有効]△岸川晃樹(副)
(先)尾方寿應△優勢[有効]○田中源大(大)
(次)藤田圭一△優勢[有効]○田中源大(大)
(中)春日良太○内股(2:04)△田中源大(大)
(副)浅野未来
(大)眞砂谷幸弥

国士舘高○2人残し△大成高
(先)原田侑起○背負投(2:44)△増田大貴(先)
(先)原田侑起△優勢[指導2]○水野隆介(次)
(次)森翔平×引分×水野隆介(次)
(中)田崎健祐○小外刈(0:52)△野田良介(中)
(中)田崎健祐○合技(1:54)△三輪龍志(副)
(中)田崎健祐×引分×木村竜也(大)
(副)吉良儀城
(大)江畑丈夫

桐蔭学園高○2人残△東海大仰星高
(先)大塚翔悟×引分×深瀬悠介(先)
(次)八幡大輝×引分×小寺達(次)
(中)根津信太○内股(0:32)△江口信広(中)
(中)根津信太○優勢[有効]△村井慎太郎(副)
(中)根津信太×引分×奥野拓未(大)
(副)藤井靖剛
(大)荒巻泰蔵

13kousen_newsD_5.jpg
写真:決勝、東海大浦安高の
前田宗哉が森翔平から
小外刈で一本勝ち
【準決勝】

東海大浦安高○1人残し△東海大相模高
(先)山寺裕斗△大外巻込(1:39)△尾方寿應(先)
(次)村田大祐○優勢[技有]△尾方寿應(先)
(次)村田大祐○優勢[有効]△長谷川優(次)
(次)村田大祐△払腰(1:22)△浅野未来(中)
(中)前田宗哉×引分×浅野未来(中)
(副)折原虹之介△優勢[指導2]○春日良太(副)
(大)ウルフアロン○支釣込足(2:05)△春日良太(副)
(大)ウルフアロン○優勢[技有]△眞砂谷幸弥(大)

国士舘高○1人残し△桐蔭学園高
(先)磯田範仁×引分×大塚翔悟(先)
(次)森翔平×引分×小原正大(次)
(中)吉良儀城×引分×藤井靖剛(中)
(副)田崎健祐○大内刈(2:13)△荒巻泰蔵(副)
(副)田崎健祐×引分×根津信太(大)

※マッチレポートは携帯版で!!




※eJudo携帯版「e柔道」3月21日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.