PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

朝比奈沙羅が無差別王座獲得、57kg級は出口クリスタ、63kg級は池絵梨里が激戦制す・全国高校選手権女子個人戦

(2013年4月1日)


※eJudo携帯版「e柔道」3月19日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


朝比奈沙羅が無差別王座獲得、57kg級は出口クリスタ、63kg級は池絵梨里が激戦制す
全国高校選手権女子個人戦


13kousen_newsKJ_2.jpg
写真:女子無差別決勝、
朝比奈沙羅が月波光貴穂から
内股で「技有」を奪う
第35回全国高等学校柔道選手権は19日、日本武道館(東京都)で開幕。第1日は個人戦男女それぞれ5階級ずつの競技が行われた

無差別は実績ナンバーワンの朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が優勝。最大の勝負どころと目された準々決勝の岡史生(敬愛高)戦をGS延長戦の末に支釣込足「技有」で乗り切ると、決勝は本戦終了直前、守りの堅い月波光貴穂(新田高)を内股で捕まえて「技有」奪取。そのまま抑え込み、合技「一本」で優勝を決めた。

「岡選手との試合は判定なら負けていたと思うし、勝とうというよりは『何もせずに終わるより、技を掛けて負けよう』と思って仕掛けた技で投げることが出来た。」と語った朝比奈。決勝も、「投げるというよりは5分フルに戦うつもりで必死で攻めて行ったら、技が決まった」と謙虚に語っていたが、徹底マークを受ける中、5戦して4つの一本勝ちと改めてその強さを見せ付けた大会となった。

激戦区の57kg級は出口クリスタ(松商学園高)が優勝。好調との前評判通り順調に勝ち上がり、準決勝では第1シードの芳田司(敬愛高)に「有効」を奪って勝利、決勝はインターハイ2位の西尾直子(帝京高)を縦四方固「一本」に降す快勝だった。

これも人材の揃った63kg級は11年度全国中学大会王者池絵梨菜(東大阪大敬愛高)が優勝。決勝はグランドスラム東京王者の大本命・津金恵(松商学園高)の内股を釣り手側にまたぎ崩して内股透「有効」奪取、手堅くこのポイントを守り切って高校カテゴリ初優勝を決めた。

52kg級はインターハイ王者の内尾真子(桐蔭学園高)が優勝。
大混戦となった70kg級は準決勝で第1シードの森田智子(帝京高)を降した橋高朱里(金沢学院東高)が、決勝は永瀬貴子(沖学園高)を得意の寝技に引きずり込んで変則の肩固で一本勝ち。見事優勝を決めた。

各階級の入賞者と準決勝以降の結果は下記。

13kousen_newsKJ_1.jpg
写真:57kg級決勝、出口クリスタが
西尾直子得意の右片襟背負投を
待ち構えてまたぎ、腕挫手固、
さらに腕挫十字固を狙う
■52kg級

【入賞者】
優勝:内尾真子(桐蔭学園高)
準優勝:森由芽香(清水ヶ丘高)
第三位:杉本祐海(阿蘇中央高)、近藤亜美(大成高)
敢闘賞(ベスト8):渡辺愛実(白鴎大足利高)、川久保七彩(西京高)、武居沙知(松商学園高)、岩下美沙(児玉高)

【準決勝】
内尾真子○優勢[技有]△杉本祐海
森由芽香○内股(0:59)△近藤亜美

【決勝】
内尾真子○横四方固(1:39)△森由芽香

■57kg級

【入賞者】
優勝:出口クリスタ(松商学園高)
準優勝:西尾直子(帝京高)
第三位:芳田司(敬愛高)、須加梓紗(前橋育英高)
敢闘賞(ベスト8):益子楓彩奈(藤枝順心高)、小川寧々(創志学園高)、矢吹みずほ(阿蘇中央高)、西いこい(東海大四高)

【準決勝】
出口クリスタ○優勢[有効]△芳田司
西尾直子○GS有効・袖釣込腰△須加梓紗

【決勝】
出口クリスタ○縦四方固(1:01)△西尾直子

■63kg級

【入賞者】
優勝:池絵梨菜(東大阪大敬愛高)
準優勝:津金恵(松商学園高)
第三位:能智亜衣美(宮崎日大高)、鈴木夏海(新田高)
敢闘賞(ベスト8):渡辺聖未(富士学苑高)、土井雅子(阿蘇中央高)、大塚香奈(南筑高)、飯田蒼生(土浦日大高)

【準決勝】
津金恵○横四方固(2:55)△能智亜衣美
池絵梨菜○横四方固(2:50)△鈴木夏海

【決勝】
池絵梨奈○GS有効・内股透(GS0:45)△津金恵

■70kg級

【入賞者】
優勝:橋高朱里(金沢学院東高)
準優勝:永瀬貴子(沖学園高)
第三位:森田智子(帝京高)、山田美咲(星翔高)
敢闘賞(ベスト8):榎谷ともみ(名張高)、島袋玲海(沖縄尚学高)、佐藤恭穂(東京学館新潟高)、岡田果穂(大分西高)

【準決勝】
橋高朱里○優勢[指導2]△森田智子
永瀬貴子○大外刈(2:28)△山田美咲

【決勝】
橋高朱里○GS肩固(1:07)△永瀬貴子

■女子無差別

【入賞者】
優勝:朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)
準優勝:月波光貴穂(新田高)
第三位:新垣さつき(沖縄尚学高)、滝川真央(富士市立高)
敢闘賞(ベスト8):岡史生(敬愛高)、小野華菜恵(松商学園高)、井上あかり(創志学園高)、山中満紀(大垣日大高)

【準決勝】
朝比奈沙羅○大外刈(1:15)△新垣さつき
月波光貴穂○GS僅差△滝川真央

【決勝】
朝比奈沙羅○合技(3:20)△月波光貴穂


※マッチレポートは携帯版で!!




※eJudo携帯版「e柔道」3月19日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.