PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国高等学校柔道選手権大会女子有力校監督・直前インタビュー

(2013年3月17日)


※eJudo携帯版「e柔道」3月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


全国高校選手権女子有力校監督インタビュー

松商学園高・山口泰志監督

13_KS_interviewW1.jpg
写真:松商学園高・山口泰志監督
2年連続の第1シードですが、正直緊張しています。去年も結局結果は出ませんでしたし、どうも慣れないですね。本当にうちでいいんですかという感じです(笑)。

津金(恵)、出口(クリスタ)は昨年も出ているメンバーですが、体の成長とともに精神的な面でも凄く伸びていると思います。
津金はシニアの国際大会にも選ばれて柔道に対する考え方が一回りも二回りも大きくなってきました。もともと手を抜かない子たちですので練習自体は変わっていませんが、明らかに考えた稽古をするようになりましたね。

津金は初めての欧州国際大会を経て、疲れもありますが、結果が思うようにいかずに相当悔しがっていますね。高校生に負けるわけにはいかないというプライドもありますし、この大会に掛けるモチベーションは高いです。

出口は先日(3/3)の北信越女子選手権でオール一本勝ちで優勝、皇后盃の出場を決めたばかりで今非常に調子が上がってきています。
今までは大きい選手と良い試合をしていますが、研究もされているしそんなに簡単ではないと思います。それでも、うちで大きい選手に対応できるのは出口しかいない。練習も個人戦のためのものと大きい選手と戦うためのものときちんとメニューを考えて、しっかり稽古しています。

後ろに2人強い選手がいるので、先鋒の武居(沙知)は必死だと思います。強い先輩についていきたいという思いで着実に力をつけてきました。この階級としては長身で、その身体的特徴を生かした技と戦い方ができるだけの力がついてきたかなと思います。

大会は、どこが強い、どこが山場と意識するよりは臨機応変、しっかり力を出していくことを考えたいですね。いま、選手同士のネットワークは凄いので対戦相手に対しては私よりもしっかり情報を持っている。勝ち上がっていくにはポイントになる試合が必ず出てくるので、そこをひとつひとつ、着実に勝っていくことが大事です。

とは言え選手には「今年は優勝を狙っていくよ。狙わないと本物じゃないよ」と話しています。優勝を意識しつつ、ひとつひとつ着実に。頑張ります。


敬愛高・吉本幸洋監督

13_KS_interviewW2.jpg
写真:敬愛高・吉本幸洋監督
(非常に前評判の高いチームですが?)うーん。わかりません(笑)。その日になってみないとわからないこともたくさんありますし。若潮杯で勝ったと言いますが、レギュレーションも高校選手権とは全く違いますし、あれは一つ一つの試合をクリアしていく中で勝ったということなので、それはそれ、です。
岡(史生)、堀(歩未)、山口(凌歌)と大きい選手がいますが、福岡県予選という厳しい大会は堀を使ってクリアした。これもひとつひとつ、その時期、その状態にあった課題をしっかりクリアしたということです。

金鷲旗、インターハイとありますがこの高校選手権は本当に難しい大会だと思います。が、持っている力を当日十分発揮できれば良い結果が出ると信じています。いま、その当日に向けて最後の数日、しっかり追い込んでいるところです。

堀、岡の2人、特に岡はほとんどケガのない選手ですし、継続してしっかり稽古を積めているので大将のポジションに関してはあまり心配はしていません。

先鋒の鷲崎は軽量級としては長身で、小学校の頃から柔道をやっていることもあり、勝負強さ、粘り強さが身上です。1年生の時に個人戦でこの大会に出ていますし、かつてはミスもあったんですが、そういうところがなくなって手堅くなってきました。まだ未完成ですが、後ろ2枚が強い中で、先鋒として非常に信頼している選手です。

芳田(司)は海外経験もあるし、国内でもタイトルを取って(全日本ジュニア57kg級優勝)成果を挙げてきて、柔道が安定してきました。大きなケガもなく仕上がってきていますし、さきほど本人とも話したんですが、今回は体調管理、調整が凄くうまく行っています。これであれば良い時の芳田を見せられると思いますし、何より私がそこに期待しています(笑)。

もちろん優勝はしたいですが、いつも言っているように、一つ一つ、一戦一戦をしっかりクリアしていくことを考えたい。生徒にも良く言うんですが、どのチームも勝ちたい。みんな勝ちたい。その中で本当に勝ちたいという気持ちを持つチームが勝つんです。

(10年高校選手権制覇時や12年金鷲旗制覇時と比べて、優勝するような雰囲気は出てきていますか?)毎年チームのカラーは違いますので、これはなんとも言えません。今年は明るいんですが、はしゃぐというのでもなく、内に秘めた力強さを感じさせるチーム。状況に合わせて、締めるところは締めて、緩めるところは緩めて、その「勝ちたい」という気持ちをうまく試合に繋げられるようなやり方を考えています。

組み合わせについて色々言われるんですが、どのチームもすべて強いですから、どこを特にマークするというようなことは考えていません。子どもたちは選手同士のネットワークがありますから、色々な情報が入ってくるわけです。対戦相手についても私よりよっぽど詳しかったりする私はそういう予想よりも、どのチームが上がって来ても動じないような気持ち作り、自分の勝ちパターンをしっかり磨くこと、そういう、全力で勝負できるような準備をしっかりしてあげることが仕事だと思っています。

キーマンは全員。「全員で勝つ」のが今回の合言葉です。頑張ります。


新田高・榎本収監督

13_KS_interviewW3.jpg
写真:新田高・榎本収監督
月波(光貴穂)と鈴木(夏海)の2人が皇后盃進出を決めました。ブロックのレベルが高くない中での勝ちではありますが、チームは勢いづいたと思います。

仲が良く、試合になったらそれぞれの役割をしっかり考えた試合が出来るチーム。勝ち抜くために必要なチームワークがしっかりあるチームだなと感じています。

鈴木は乗ったときには物凄く良いが、メンタル面での浮き沈みが大きい。一方、主将の月波は物凄くしっかりしていて、回りが見えて面倒見が良い。チームとしては良いバランスなんじゃないかと思っています。
先鋒の田中(千尋)は努力家で、抜群に技が切れるわけではないけどしぶとい選手。稽古が終わった後でも居残りで研究をしているし、きつい朝練の後でも1人でさらに走っている。鈴木、月波と後ろに控える中でかなり責任を感じているのだと思います。

練習はしているほうだと思います。朝練のメニューですか?朝のラントレは週5回、マスクをして錘を持って300mジョグを2回、重量級から先に出すダッシュで何本も競い合わせて、神社まで走った後は坂道ダッシュと階段ダッシュ、あとは懸垂を限界まで2セット。まだ落としていません(笑)。調整はこれからですね(※インタビュー日は3/13)。

一昨年、昨年と優勝できるチャンスを逃していますし、目標は優勝、としか言っていませんが、田舎の子たちなので、あまり煽るようなことは言っていません。敢えて口に出さないというか、「総合力はあるから、自分たちの柔道スタイルに徹して試合をすれば上に勝ち上がっていけるぞ」というような言い方ですね。メンタル的に安定できればチャンスは十分あると思っています。

月波がいるから、鈴木がいるからではなく、総合力で優勝を目指したい。先ばかり見てはいけないのでまずは初戦。一戦一戦しっかり勝ちあがって優勝を掴みたいです。

埼玉栄高・本松好正監督

13_KS_interviewW4.jpg
写真:埼玉栄高・本松好正監督
例年通り、寒い時期は鍛えこむということで2月までしっかりやるべきことをやってきました。3月になって卒業式、期末試験とありましたが、この学校行事の日程が例年より少し遅く、仕上がりもその分ちょっと遅いかなという感じですね。追い込みはまさしく今日からということになります。

インターハイに78kg級で出た桒原佑佳は今大会を睨んで増量、一度柔道を壊して作り直してきました。ボチボチは良くなっていますが、実戦はまだ未知数。ただ、技ひとつひとつの圧力が増していて、自分が描いていた像に「近い」ところまでは来ていますかね。

安沙好は良い悪いの調子の波が激しい子。地力は相当ついているんですが、自分がどれだけ強くなったかまだわかっていないように思います。責任感が出てきたんですが、それが裏目に出ることもある。自分で追い込める子だし、本人の理想が高いので悩んでいる部分もあるんじゃないかと思います。レギュラーに2年生は1人だけだし、「自分がやらなくては」という気持ちが凄い。熱い気持ちが空回りしないよう、しっかりやっていきたいですね。

去年のカギは安でしたが、今年は先鋒がキーマンになってくると考えています。
先鋒は齋藤美穂と柴田理穂。力は同じくらいなのでどちらを起用するか直前まで競らせていくちもりです。
色々なタイプ全てに対応が利くのが齋藤。手堅く、しぶとい柔道をします。階級を52kg級にあげて1年経ち、体重相応の柔道が出来るようになってきました。寝技も上手いです。
柴田は身長165cmの長身。攻撃力が増してきており、これは攻撃の駒、勝負のカードと考えています。

まだまだチームとして出来上がってきていない、チームワークが少しづつ芽生えてきているなという段階です。本当に今日(3/14)くらいからが勝負でしょう。岐阜の国体を終えたOGの長瀬めぐみが4月から職員として入ることになり、3月8日からコーチとして来て寮で寝泊りしています。練習もそうですがメンタル面もしっかり見てくれていて非常に心強い。男子の新井優来も4月から神奈川県警ですが、この時期フリーになってコーチに来てくれていますし、明日からは烏帽子美久も来る。ほかにもOBがチョコチョコ来て練習をしてくれるんです。私が言うよりもOBの一言の方が効きますから、そうなれば、私の仕事はブレーキを踏むことだけですよ(笑)

2月までかなり鍛えこんできたし、試験期間の後で勉強疲れ、気疲れもある。力自体はあるのでやることをやっていけばそんなに大負けしないとは思いますが、ここからの5日間でどうメンタルを作っていくかが非常に大事。上げたり下げたりしなければいけない。柔道のことばかり考えさせていたら高校生は5日で簡単にポシャってしまいますから、OBやOGの協力を得て、遊ばせたり、しっかりやっていきます。

大会は、1回戦が全て。毎年選手権ではある程度の成績を残していますが、とにかく初戦が大事です。初戦に良い形で勝って、ひとつひとつ勝ち上がっていくうちに選手に欲が出てくる、まとまりも出てくるという、良いときの流れになるようにしていきたいですね。もうすぐ年度初め、ここでチーム力を作る非常に大事な大会でもあります。てっぺんまで昇れるように頑張りたいと思います。




※eJudo携帯版「e柔道」3月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.