PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】朝比奈沙羅辛勝で代表権獲得、4階級を西尾直子ら帝京勢が制す・全国高校柔道選手権大会東京都予選

(2013年1月27日)


※eJudo携帯版「e柔道」1月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


【ROAD TO 高校選手権】朝比奈沙羅辛勝で代表権獲得、4階級を西尾直子ら帝京勢が制す
全国高校柔道選手権大会東京都予選


12KSyosen_tokyow1.jpg
写真:準々決勝を内股「一本」で
快調に勝ち上がる朝比奈
全国高等学校柔道選手権大会(3月19日~20日・日本武道館)の代表権を巡る都道府県予選が各地で佳境に入っている。
20日は講道館で東京都の男女個人戦が行われ、女子無差別は12月のグランドスラム東京大会で3位の成績を残したインターハイ王者・朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高)が優勝、代表権を獲得した。

2試合を一本勝ちした朝比奈は順当に決勝に進出。決勝は同じ1年生の井上舞子(淑徳)に粘られたが、ケンカ四つでしのぎ続ける相手をあくまで攻め、僅差3-0の優勢勝ちで優勝を決めた。

昨年の全国中学大会でまさかの敗退を喫した因縁の相手に「いつもこういう試合になってしまう。少ないチャンス、投げ切る機会を生かせなかった」と朝比奈は苦笑い。それでも、全日本女子合宿から続くハードスケジュールの中でしっかりと代表権を獲得、さすがの試合ぶりだった。

52kg級は中村くるみ、57kg級はインターハイ2位の西尾直子、63kg級は橋本舞香、70kg級は全日本カデ王者の森田智子といずれも帝京勢が制した。

各階級の入賞者と決勝の結果、朝比奈選手のコメントは下記。

12KSyosen_tokyow2.jpg
写真:70kg級準決勝、森田智子が
78kg級インターハイ東京代表の
山田あかりから内股返「技有」奪取
【52kg級】
①中村くるみ(帝京) ②義村真由(修徳) ③酒井千晶(帝京) ③尾崎万琳(帝京)

決勝
中村くるみ○GS僅差3-0△義村真由

【57kg級】
①西尾直子(帝京) ②千葉未来(渋谷教育学園渋谷) ③橋本華奈(淑徳) ③鹿糠早希(修徳)

決勝
西尾直子○優勢[技有・大外刈]△千葉未来

【63kg級】
①橋本舞香(帝京) ②高澤眞冴(淑徳) ③伴美弥子(渋谷教育学園渋谷) ③今井南歩(藤村女子)

決勝
橋本舞香○優勢[技有・内股]△高澤眞冴

【70kg級】
①森田智子(帝京) ②商瑠羽(帝京) ③山田あかり(淑徳) ③吉野稚可子(淑徳)

決勝
森田智子○GS僅差2-1△商瑠羽

12KSyosen_tokyow3.jpg
写真:決勝、
朝比奈は井上を圧倒的に攻め込む
【無差別】
①朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷) ②井上舞子(淑徳) ③加藤亜衣(駒場) ③小松原あゆみ(駒場)

決勝
朝比奈沙羅○GS僅差3-0△井上舞子

朝比奈沙羅選手のコメント
「全国でこういう試合をしないためにもしっかり頑張っていきたい。シニアの試合もありますが、高校選手権はインターハイ3連覇のためにも大事な試合。取りこぼしのないように戦いたいです」




※eJudo携帯版「e柔道」1月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.