PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】東海大浦安高が2連覇、苦しい勝ち上がりも決勝は国士舘高から3点奪取の快勝・若潮杯争奪武道大会

(2013年1月6日)


※eJudo携帯版「e柔道」12月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


【ROAD TO 高校選手権】若潮杯争奪武道大会

東海大浦安高が2連覇、苦しい勝ち上がりも決勝は国士舘高から3点奪取の快勝

12wakashio_news_1.jpg
写真:決勝、東海大浦安高の
次鋒前田宗哉が右大外刈、山田稔喜が
返そうと持ち上げたところに
上から被さって刈り切り「一本」
第29回若潮杯争奪武道大会は27日、国際武道大学第1体育館(勝浦市)で全国から選抜された男女それぞれ16校が参加して行われ、男子は東海大浦安高(千葉)が2年連続2度目の優勝を飾った。

準決勝、崇徳高(広島)戦を相手に代表戦に縺れ込む接戦に競り勝った東海大浦安高は決勝で国士舘高(東京)と対戦。

先鋒の折原虹之介が森翔平を相手に攻め込んで引き分け、流れを作ると次鋒の前田宗哉は開始27秒、右大外刈を返そうとした山田捻喜の上にさらに乗りかかる強気の技で豪快な一本勝ち。
ターニングポイントと目された中堅戦も村田大祐が吉良儀城の隅返に鋭く反応、横四方固に抑え込んで一本勝ち、リードを広げる。

副将戦は粟野孝平が国士舘高のポイントゲッター田崎健祐の反撃を「指導2」に押さえて勝利確定。エース対決となった大将戦はウルフアロンが江畑丈夫を相手に前に出続け、「指導3」まで奪う完勝。合計スコア3-1という大差で大会2連覇を決めた。

この日の勝ち上がりは決して楽ではなく、予選リーグの東海大仰星高戦では前田宗哉がまさかの一本負け、準決勝の崇徳高戦でも絶対のエースのウルフアロンが三村暁之に小外掛で一本負けを喫するなど(代表戦は同カードでウルフが勝利)緊迫感の漂う試合が続いた。決勝は快勝だったが、竹内徹監督は「たくさんいい勉強ができた大会」とこの日を総括、満足げな表情の中にも「攻めが遅いし、『力』が足りない」と早くも課題を挙げて3月の全国高校選手権を見据えていた。

3位にはポイントゲッターの春日良太を発熱で欠きながらも準決勝で国士舘高と大熱戦を演じた東海大相模高、予選リーグで東海大相模と引き分け、準決勝でも東海大浦安と代表戦に縺れ込む熱戦を演じた崇徳高が入賞した。

入賞者と決勝トーナメントのスコア、決勝の詳細は下記。

※マッチレポートは携帯版に掲載中!!

12wakashio_news_2.jpg
写真:優勝の東海大浦安高
【入賞者】
優勝:東海大浦安高(千葉)
準優勝:国士舘高(東京)
第三位:東海大相模高(神奈川)
第三位:崇徳高(広島)

【準々決勝】
東海大浦安高 3-2 天理高(奈良)
崇徳高 3-1 足立学園高(東京)
国士舘高 5-0 豊栄高(新潟)
東海大相模高 2-0 東海大仰星高(大阪)

【準決勝】
東海大浦安高 ②代-2 崇徳高
国士舘高 3-2 東海大相模高

【決勝】
東海大浦安高 3-1 国士舘高
(先)折原虹之介×引分×森翔平
(次)前田宗哉○大外刈(0:27)△山田稔喜
(中)村田大祐○横四方固(2:26)△吉良儀城
(副)粟野孝平△優勢[指導2]○田崎健祐
(大)ウルフアロン○優勢[指導3]△江畑丈夫


敬愛高が圧勝、決勝は帝京高を3-0で下す

12wakashio_news_w1.jpg
写真:決勝、敬愛高の先鋒芳田司が
西尾直子から残り6秒、左内股「有効」を奪う
27日に国際武道大学第1体育館(勝浦市)で行われた第29回若潮杯武道大会、女子の部は敬愛高(福岡)が2年連続3度目の優勝を飾った。

敬愛高は先鋒に57kg級高校選手権2位の芳田司、中堅と副将には夏の金鷲旗とインターハイで活躍した堀歩未と岡史生の重量選手2枚を入れ他を圧する布陣。

帝京高(東京)との決勝は先鋒の芳田が57kg級インターハイ2位の西尾直子を残り6秒に内股で捕まえ「有効」奪取で先制。中堅の堀は全日本カデ70kg級王者の森田智子から中盤に右出足払で「有効」を奪ってあっさり勝利を決めると、大将の岡も商瑠羽から得意の送足払で「有効」、そのまま横四方固で抑え込み、3-0の大差で優勝を決めた。

3位には準々決勝で埼玉栄高(埼玉)を下した松商学園高(長野)と東北高(宮城)が入賞。松商学園高はグランドスラム東京63kg級王者の津金恵を予選リーグの中途で下げたが、埼玉栄高戦は出口クリスタが安沙好に中堅戦、代表戦といずれも一本勝ちする好内容での勝利だった。

入賞者と準々決勝以降のスコア、決勝の詳細は下記。

12wakashio_news_w2.jpg
写真:優勝の敬愛高
【入賞者】
優勝:敬愛高(福岡)
準優勝:帝京高(東京)
第三位:松商学園高(長野)
第三位:東北高(宮城)

【準々決勝】
敬愛高 2-1 富士市立高
松商学園高 ①-1 埼玉栄高
帝京高 2-0 八千代高
東北高 ①-1 大垣日大高

【準決勝】
敬愛高 2-0 松商学園高
帝京高 1-0 東北高

【決勝】
敬愛高 3-0 帝京高
(先)芳田司○優勢[有効・内股]△西尾直子
(中)堀歩未○優勢[有効・出足払]△森田智子
(大)岡史生○横四方固△商瑠羽




※eJudo携帯版「e柔道」12月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.