PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

学柔連も選手参加に全面協力!ユニバーシアード・サンボ代表選考「プーチン大統領杯」開催概要発表

(2012年12月1日)


※eJudo携帯版「e柔道」11月21日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


学柔連も選手参加に全面協力!ユニバーシアード・サンボ代表選考「プーチン大統領杯」開催概要発表

IMG_5995.jpg
写真:左から高田裕司日本レスリング連盟専務理事、
近藤正明日本サンボ連盟会長、
佐藤宣践全日本学生柔道連盟会長
13年7月のユニバーシアード・カザン(ロシア)大会の日本代表選考会「プーチン大統領杯サンボ選手権」の開催概要が21日、都内で発表された。大会は来年2月2日に埼玉県武道館で開催、エントリーの締め切りは12月25日。

「日本から強いサンボのチームを派遣して欲しい」とのロシアからの強い要望を受け、日本サンボ連盟は、今回の選手派遣に際して全日本学生柔道連盟と日本レスリング協会に協力を依頼。両連盟ともこれを快諾したため、この大会は柔道、レスリングの学生トップレベルの選手がサンボの舞台でぶつかりあう格闘技の一大イベントとなる見込みだ。

会見に参加した佐藤宣践・全日本学生柔道連盟会長は「サンボは柔道とレスリングを足して2で割ったような競技。異種格闘技戦を経験することは心技体の「心」の部分が鍛えられる。今の柔道界にも必要なこと」とコメント。同連盟の加盟校に積極的な選手派遣を依頼したことを明かした。

既に5月、11月と学生柔道家が参加しての講習会、強化練習会を2度経て「異種競技選手」に対するバックアップ態勢も万全。代表に選ばれた選手は3月のロシア遠征、5月以降の強化合宿での徹底指導を経て本番に臨むことになる。




※eJudo携帯版「e柔道」11月21日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.