PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国中学校大会女子個人戦レポート

(2012年9月30日)


※eJudo携帯版「e柔道」8月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


1    

全国中学校大会女子個人戦レポート 1/3

全日本カデ3位の藤山未来が優勝、昨年王者の辻田愛佳はまたも欠場
44㎏級

12ZCK_44_2.jpg
写真:天王山の準々決勝、
藤山未来が浅岡美名を相手に攻め込む
最軽量階級の44kg級、昨年王者の辻田愛佳(高田中・大分)が欠場という波乱で幕を開けたこの階級で決勝に進出したのは藤山未来(川之江北中・愛媛)と鈴木茉莉(藤枝順心中・静岡)の2人。

今春の全日本カデ体重別3位の藤山は2回戦から登場、渡邉茜(岡輝中・岡山)を合技(2:32)で下すと、3回戦は東京の1年生代表明石ひかる(渋谷教育学園渋谷中)を袈裟固(1:56)と連続一本勝ちで快調な滑り出し。準々決勝では最大の勝負どころ、事実上の決勝とも噂された全日本カデ選手権王者の浅岡美名(大成中・愛知)戦をGS僅差で乗り切り、準決勝は藤崎暖乃(芸濃中・三重)から「有効」を奪っての優勢勝ち。見事決勝へと進出した。

一方の鈴木は2回戦で岡崎みゆ(茅ヶ崎第一中・開催地)を袈裟固「一本」(1:50)、3回戦も仲田奈央(妻沼東中・埼玉)からGS延長戦に袈裟固で「一本」(GS1:08)を奪って勝利、準々決勝は有野涼(大浜中・大阪)からGS僅差、準決勝は上原万智子(東御東部中・長野)からこれもGS僅差で勝利、接戦を連続で制して決勝の畳へとたどり着いた。

12ZCK_44_5.jpg
写真:決勝、藤山の右体落を鈴木が潰す
藤山、鈴木ともに右組みの相四つ。
序盤は鈴木が右一本背負投に右体落で攻め、藤山は潰して寝技を狙うが「待て」。
続く展開で藤山は右大外刈、鈴木が耐えた末に潰れて寝技の攻防となったが「待て」。

お互いが一合攻めあったこのタイミングで袖の絞り合いとなり、技が出ずに試合は膠着。
鈴木は打開を狙って飛び込みの右大腰、藤山はバランスを崩すがこれはノーポイント。

以後は鈴木が右払巻込、もつれたところから藤山が鈴木の背後について寝技の攻防となるがここで終了ブザー。両者見せ場のないまま試合はGS延長戦へ。

12ZCK_44_6.jpg
写真:鈴木の払巻込に藤山の
足が引っかかる
延長戦も序盤は鈴木が攻勢。右体落で伏せさせて絞めを狙い、右釣り手で奥襟を叩いて藤山を潰し、三角を狙う。

しかし中盤以降藤山が猛反撃。右大外刈で鈴木を崩し倒すとすかさず寝技、肘を引っ張り出してあわやという場面を作る。さらに大外刈、体落と攻め続け、お互いポイントのないまま時間。

僅差判定は2-1で藤山。ほとんど差のない試合の中、延長戦後半に攻め勝った、その試合の流れが旗に反映された格好となった。

12ZCK_44_8.jpg
写真:優勝の藤山未来
【入賞者】
優勝:藤山未来(川之江北中・愛媛)
準優勝:鈴木茉莉(藤枝順心中・静岡)
第3位:藤崎暖乃(芸濃中・三重)、上原万智子(東御東部中・長野)
敢闘賞:小倉葵(粟津中・滋賀)、浅岡美名(大成中・愛知)、有野涼(大浜中・大阪)、田中佑歩(池田中・北海道)

藤山未来選手のコメント
「うれしいです。決勝は、これが最後の試合なのでポイントを取って勝とうと思っていましたが、どうにか勝ったという感じですね。優勝は狙っていました。準々決勝で浅岡選手に勝って勢いに乗れたと思います。先に掛け続けよう、前へ出ようと思って試合をしました。次の目標はインターハイでの優勝です」

【準々決勝】
藤崎暖乃○GS僅差△小倉葵
藤山未来○GS僅差△浅岡美名
鈴木茉莉○GS僅差△有野涼
上原万智子○優勢[有効]△田中佑歩

【準決勝】
藤山未来○優勢[有効]△藤崎暖乃
鈴木茉莉○GS僅差△上原万智子

【決勝】
藤山未来○GS僅差△鈴木茉

昨年3位の武田亮子、粘りの柔道で中学カテゴリ初優勝
48㎏級

12ZCK_48_1.jpg
写真:準々決勝、
袖釣込腰で攻める武田
決勝に進んだのは昨年3位で09年全国小学生学年別大会40kg級王者の武田亮子(大成中・愛知)と五十嵐真子(浜岳中・神奈川)の2名。

ともに強さとしぶとさを発揮しての勝ち上がり。武田は2回戦で日高美春(新北島中・大阪)から「有効」を奪っての優勢勝ち、3回戦では常見海琴(東松山南中・埼玉)から一本背負投で「技有」を奪って快勝、準々決勝は古川榛花(藍住中・徳島)をGS僅差、準決勝では金城有里(沖縄尚学中・沖縄)と対戦、GS延長戦に相手の技を潰したところからめくり回し、袈裟固「一本」(GS0:59)を奪って勝利、決勝進出を決めた。

12ZCK_48_2.jpg
写真:初の決勝に駒を進めた
五十嵐
一方の五十嵐は2回戦の成宮妃世梨(藤枝順心中・静岡)、3回戦の寺田宇多菜(広陵中・奈良)を相手に連続のGS僅差勝ちという立ち上がり。しかしこの2人を突破した後は準々決勝で松西夢紀(三島東中・愛媛)から小内刈「技有」、準決勝では大竹亜美(國學院栃木中・栃木)から縦四方固「一本」と尻上がりに調子を上げての決勝進出。

決勝は武田が左、五十嵐が右組みのケンカ四つ。
開始早々武田が左背負投を放つと五十嵐は後ろについて寝技を選択、脇を差して自ら手を握り合わせるところまで手順を進めたが、武田よくこらえて2回のローリングを経て「待て」。

12ZCK_48_4.jpg
写真:武田は再三の左背負投、
左袖釣込腰
以後は引き手争いが続きお互いなかなか技が出ない。武田は両袖の袖釣込腰に左背負投を見せるが間合いが合わずに自分だけが空回り。1分40秒過ぎには両袖を絞って左大内刈を仕掛けるがこれも距離が届かず自ら伏せてしまい、五十嵐はすかさず寝技に持ち込み、一合の攻防あって「待て」。

再開後五十嵐再び左一本背負投、これも相手に力を伝えるのはいたらなかったが、圧力を感じた五十嵐が右一本背負投に倒れこみ、その際両手を離してしまう。主審、五十嵐に偽装攻撃の「指導1」を宣告。2分28秒。

以降も武田は度々左背負投を見せるがいずれも空回り、ここで崩れたところを五十嵐が寝技に引き込むという展開が続いて試合はGS延長戦へ。

12ZCK_48_5.jpg
写真:五十嵐、半身の右大内刈、
武田は辛くも伏せて逃れる
延長戦は五十嵐がやや盛り返し、武田は左背負投、五十嵐は左一本背負投という攻防。残り10秒を過ぎ、五十嵐が半身の体勢から放った右大内刈で武田が伏せる場面があったが、お互いポイントは奪えず時間。

旗判定は3本が武田を支持して決着。僅差3-0で武田が全国中学大会制覇を決めた。

12ZCK_48_6.jpg
写真:優勝の武田亮子
【入賞者】
優勝:武田亮子(大成中・愛知)
準優勝:五十嵐真子(浜岳中・神奈川)
第3位:金城有里(沖縄尚学中・沖縄)、大竹亜美(國學院栃木中・栃木)
敢闘賞:等々力瑛乃(三郷中・長野)、古川榛花(藍住中・徳島)、宮地菜々(岐阜西中・岐阜)、松西夢紀(三島東中・愛媛)

武田亮子選手のコメント
「決勝はここまできたら自分を信じて、背負投で一本を取る自分の柔道をやりきろうと思っていました。一本は取れませんでしたが、これからしっかり磨いていきたいです。去年準決勝で負けてしまい、1年間苦しかったけど気持ちの持ち方が変わりました。ミスしてもあきらめなくなったように思います。背負投ばかりでは自分の良いところが出ないと思うので、足技も使って勝てるようになっていきたいと思います。目標は谷亮子選手。五輪で勝てる選手になりたいです」

【準々決勝】
金城有里○GS僅差△等々力瑛乃
五十嵐真子○GS僅差△古川榛花
大竹亜美○GS有効△宮地菜々
五十嵐真子○優勢[技有]△松西夢紀

【準決勝】
武田亮子○GS袈裟固(GS0:59)△金城有里
五十嵐真子○縦四方固(1:59)△大竹亜美

【決勝】
武田亮子○GS僅差△五十嵐真子

カデ王者の黒木七都美が徹底マーク振り切って戴冠
52㎏級

12ZCK_52_1.jpg
写真:準決勝、黒木七都美は
組み手と足技で廣澤未来を圧倒
決勝に進んだのは黒木七都美(大成中・愛知)と山下良怜(鴻南中・山口)の2人。

昨年の全国中学大会2位、今春の全日本カデ体重別王者の黒木は徹底マークを受けてやや苦しい勝ち上がり。2回戦は伊澤星花(姿川中・栃木)にはGS延長戦の末に崩上四方固「一本」で勝利したが、3回戦は本郷安季(広陵中・奈良)、準々決勝は竹内鈴(三国中・福井)にともにGS延長戦をフルに戦いきっての僅差判定勝ち。それでも準決勝は強敵廣澤未来(修徳中・東京)を相手に攻め続けて「指導2」を得ての優勢勝ち。しっかり決勝の畳まで勝ちあがってきた。

一方の山下も2回戦の早野弥咲(高崎塚沢中・群馬)戦はGS延長戦に内股「一本」(GS0:11)で勝利、3回戦の前田愛海(長尾中・大阪)との試合も小外刈で「有効」を奪って勝ち抜けたが、準々決勝の伊藤ななせ(相原中・神奈川)、準決勝の吉成沙也加(高田中・大分)にはともに延長戦を戦い抜いての僅差勝ち。こちらも接戦をしぶとく勝ち上がっての決勝進出。

12ZCK_52_4.jpg
写真:黒木、「技有」から
間髪入れずに胸を合わせて横四方固
黒木は右、山下は左組みのケンカ四つ。
開始早々いきなり右釣り手で奥襟を握った黒木が右のケンケン内股、山下大きく崩れるがポイントはなし。続く展開も黒木が山下を上下にあおって組み潰し、畳に引き落として攻勢。
山下は左内股、左大外刈と攻めるが組み手不十分で決まらず。

48秒、山下が左内股。黒木は足を外して時計回りに振り回して返し、これは浮落「技有」。この機を逃さず横四方固に移行した黒木、ガッチリこれを決めて合技「一本」奪取。試合時間は1分8秒。
優勝候補黒木、激戦を勝ち抜いて見事初優勝を成し遂げた。

12ZCK_52_5.jpg
写真:優勝の黒木七都美
【入賞者】
優勝:黒木七都美(大成中・愛知)
準優勝:山下良怜(鴻南中・山口)
第3位:吉成沙也加(高田中・大分)、廣澤未来(修徳中・東京)
敢闘賞:柏原愛(倉敷西中・岡山)、伊藤ななせ(相原中・神奈川)、竹内鈴(三国中・福井)、奥田悠菜(中広中・広島)

黒木七都美選手のコメント
「優勝はできましたが自分の柔道ができず、内容的には良くないです。『一本』を取る柔道ではなかった。緊張しすぎたのか、最初から体が動きませんでした。決勝は気持ちで乗り切ったという感じですが、最後に一本が取れてよかったです。次の目標は全日本ジュニア制覇です」

【準々決勝】
吉成沙也加○合技(1:58)△柏原愛
山下良怜○GS僅差△伊藤ななせ
黒木七都美○GS僅差△竹内鈴
廣澤未来○優勢[有効]△奥田悠菜

【準決勝】
山下良怜○GS僅差△吉成沙也加
黒木七都美○優勢[指導2]△廣澤未来

【決勝】
黒木七都美○合技(1:08)△山下良怜

次へ

1    



※eJudo携帯版「e柔道」8月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.