PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

兵庫県警、抜群のチームワークで悲願の初優勝・全国警察柔道大会

(2012年10月24日)


※eJudo携帯版「e柔道」10月23日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


兵庫県警、抜群のチームワークで悲願の初優勝
全国警察柔道大会


12zenkokukeisatsu_news_1.jpg
写真:決勝、兵庫県警の主将・浦瀬泰司が
左払巻込で「有効」を奪う
団体戦で警察柔道日本一を争う第64回全国警察柔道大会は22日、日本武道館で行われた。
昨年は東日本大震災のため大会が行われず今大会は2年ぶりの開催。7人制で競われる最高峰部門である第1部は決勝常連の警視庁と神奈川県警がともに準決勝で敗れる波乱。兵庫県警が初優勝を飾った。

兵庫県警は愛知県警察を6-0、千葉県警察を5-0と圧倒的な強さを見せて予選リーグを勝ち抜けると、準決勝では優勝候補筆頭の警視庁と対戦。先鋒戦を「有効」で落としたが五将松本雄史が園田悠二に「指導3」で勝利すると中堅の岩田勝博が強敵森田晃弘に送襟絞で一本勝ちする大殊勲。この流れを受けた若手の三将長尾翔太も竹谷知記に背負投「有効」で点を積み重ねると、副将木下泰成が棟田康幸の猛攻を「指導2」で抑えて勝利決定。大将戦は落としたが3-3の内容勝ちで見事決勝進出を決め、会場の喝采を浴びた。

12zenkokukeisatsu_news_2.jpg
写真:決勝、木下泰成が
大外返で殊勲の一本勝ち
福岡県警との決勝戦は次鋒松本雄史が「指導3」、五将の主将・浦瀬泰司が払巻込「技有」とともに難しい試合でしっかり2勝。2-1でリードして迎えた三将戦では岩田勝博が柴崎裕宣を相手に攻め込まれながらも強気に技を打ち返し続け、残り4秒で燕返「一本」で勝利。完全に試合の流れを掴むと、副将木下泰成も体格に勝る江藤大暁を相手に全く引かず、劣勢の試合をひっくり返し大外返で一本勝ち。お祭り騒ぎのベンチに背中を押されるように大将の松崎伸哉も強豪青山正次朗をしっかりと引き分けに抑え、4-1の大差で初優勝を決めた。

悲願の初優勝達成に、岸田直樹監督を始め選手たちは涙。岸田監督が「主将の浦瀬がチームを本当によくまとめてくれた」と一番に語った通り、試合後は「みんなホンマにようやってくれた!全員の力や!」と叫ぶ30歳の主将を中心に選手たちはガッチリ握手して感激の面持ち。強豪チーム数あれど、今大会の兵庫県警の一体感は群を抜いていた。団体戦というもので何が大事かを、改めて教えるような素晴らしい勝利だった。

6人制の第2部は埼玉県警、5人制で競われた第3部は山口県警がそれぞれ優勝を飾った。

入賞者、第1部準決勝以降の詳細、第2部と第3部の決勝詳細は下記。

12zenkokukeisatsu_news_3.jpg
写真:優勝の兵庫県警察
■第1部
(66kg・81kg・81kg・100kg・100kg・無差別・無差別)

【入賞者】
優勝:兵庫県警察 ※初優勝
準優勝:福岡県警察
第三位:警視庁

全勝者表彰:松本雄史(兵庫県警察)

【決勝】
兵庫県警察 4-1 福岡県警察
(先)廣瀬裕一×引分×三村賢悟
(次)松本雄史○優勢[指導2]△川波慎太郎
(五)浦瀬泰司○優勢[技有・払巻込]△富松泰士
(中)長尾翔太△内股(0:22)△後小路裕朗
(三)岩田勝博○燕返(3:56)△柴崎裕宣
(副)木下泰成○大外返(3:24)△江藤大暁
(大)松崎伸哉×引分×青山正次郎

岸田直樹・兵庫県警察監督のコメント
「練習量はどこにも負けていないと思っていますので、選手たちには自信を持って戦いなさいと話しました。優勝する力自体は十分あると思っていましたが、大きな勝因は主将の浦瀬の存在。チームを引っ張りあげる力のある選手です。浦瀬が年配から若い選手までしっかり気配りしてまとめて、厳しい練習に皆が耐えてくれた。主将のリーダーシップとチームのまとまりで勝てたと思います。」

12zenkokukeisatsu_news_4.jpg
写真:決勝、岩田勝博が燕返で一本勝ち
【準決勝】

兵庫県警察 ③-3 警視庁
(先)廣瀬裕一△優勢[指導2]○三原弘士
(次)浦瀬泰司×引分×小出満
(五)松本雄史○優勢[指導3]△園田悠二
(中)岩田勝博○送襟絞(3:26)△森田晃弘
(三)長尾翔太○優勢[有効・背負投]△竹谷知記
(副)木下泰成△優勢[指導2]○棟田康幸
(大)松崎伸哉△優勢[有効・支釣込足]○岩上真琴

福岡県警察 3-1 神奈川県警
(先)三村賢悟△優勢[有効・体落]○吉田惟人
(次)川波慎太郎×引分×小野瀬拓見
(五)富松泰士×引分×武藤力也
(中)柴崎裕宣○優勢[技有・小外刈]△中西努
(三)後小路裕朗○合技[小外刈・横四方固](4:00)△庄司武男
(副)江藤大暁×引分×白本周太郎
(大)青山正次郎○合技(1:10)△笠井真幸

【3位決定戦】
警視庁 2-0 神奈川県警察
(先)三原弘士×引分×吉田惟人
(次)小出満×引分×武藤力也
(五)佐々木×引分×小野瀬拓見
(中)竹谷知記○背負投△中西努
(三)森田晃弘×引分×古田
(副)岩上真琴○優勢[技有・大内刈]△白本周太郎
(大)棟田康幸×引分×庄司武男

12zenkokukeisatsu_news_5.jpg
写真:第2部優勝の埼玉県警察
■第2部
(66kg・81kg・100kg・100kg・無差別・無差別)

【入賞者】
優勝:埼玉県警察
準優勝:京都府警察
第三位:愛媛県警察

【3位決定戦】
愛媛県警察 3-0 岡山県警察

【決勝】
埼玉県警察 ○0代-0△京都府警察
(先)関根優一×引分×肥後翔大
(次)田中英晴×引分×田附雄一
(四)手塚勝彦×引分×増渕暢
(三)江原拓巳×引分×菊川充
(副)鈴木建人×引分×近間陽介
(大)新井信吾×引分×浅野宗樹
(代)新井信吾○優勢[僅差]△増渕暢

12zenkokukeisatsu_news_6.jpg
写真:第3部優勝の山口県警察
■第3部
(66kg・81kg・100kg・無差別・無差別)

【入賞者】
優勝:山口県警察
準優勝:香川県警察
第三位:三重県警察

【3位決定戦】
三重県警察 4-0 岐阜県警察

【決勝】
山口県警察 2-0 香川県警察
(先)濱崎大樹○朽木倒(1:42)△亀代祐司
(次)山崎貴臣×引分×関竜輝
(中)永塚武将×引分×六車武倫
(副)奥嶋聡×引分×形部安彦
(大)奥嶋曜○小外掛△滝大輔




※eJudo携帯版「e柔道」10月23日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.