PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部レポート

(2012年10月20日)


※eJudo携帯版「e柔道」9月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


マルちゃん杯全日本少年柔道大会小学生の部レポート
1/2


12maru_shogaku_1-1.jpg
写真:新装なった東京武道館に
全国の精鋭96チームが集った
地方予選である「マルちゃん杯少年柔道大会」によって選抜された全国の精鋭が集い、22回の歴史を重ねてきた全日本選抜少年柔道大会。今年度からは「マルちゃん杯全日本少年柔道大会」と名称を変え、新たなスタートを切ることとなった。

1回戦~2回戦

1年近くに渡る工事を経て新装なった東京武道館の畳を踏むことが許されたチームは3カテゴリ合わせて96チーム。

32チームが参加した小学生の部の優勝候補筆頭は全国少年大会王者の春日柔道クラブ(東京)。これを追うのが同2位の朝飛道場(神奈川)、これに羽島柔道少年団(岐阜)、脩柔館(福岡)らが絡むというのが今大会の構図。

トーナメントの序盤戦に大きな番狂わせはなく優勝に絡むと目される各チームはほぼ順当な勝ち上がり。

春日柔道クラブは1回戦で好チームの實心館仲安道場(福井)に3-0、2回戦では与那原署スポーツ少年団若駒励心会(沖縄)を5-0で下して順当にベスト8進出。

12maru_shogaku_1-3.jpg
写真:1回戦、朝飛道場の賀持喜道が
勝ち越しの内股「一本」を決める
一方の朝飛道場は初戦でこれも好チームの板野町柔道教室(徳島)と対戦、中堅戦を相手のエース坂東虎之助の背負投「有効」で落としたものの、先鋒長友友樹の上四方固、副将賀持喜道の内股とエース格2人の一本勝ちで2-1で勝利。2回戦は宇治柔道会(京都)を4-0で下してベスト8進出を決めた。

各ブロックともおおむね順当に試合が進み、激戦の結果決まった準々決勝のカードは、

春日柔道クラブ - 五所川原柔道少年団
脩柔館 - 花柔会西野柔道少年団
松前柔道塾 - 大原町少年柔道教室
朝飛道場 - 羽島柔道少年団

となった。

12maru_shogaku_1-4.jpg
写真:1回戦、
全国小学生学年別大会超級王者の
大原柔道教室・浅野史恩が内股で一本勝ち
【1回戦結果】
春日柔道クラブ(東京) 3-0 實心館仲安道場(福井)
与那原署スポーツ少年団若駒励心会(沖縄) 3-2 阿波市柔道教室(徳島)
寒川柔友会(神奈川) ②-2 松江少年柔道クラブ(和歌山)
五所川原柔道少年団(青森) 3-2 直心館苗穂柔道少年団(北海道)
脩柔館(福岡) 2-0 怒濤館石津道場(奈良)
山武成柔会(千葉) 2-1 小友唯心塾(秋田)
和田道場(高知) 2-1 清水町柔道会(静岡)
花柔会西野柔道少年団(北海道) 2-1 愛柔会(神奈川)

剛柔舘藤田道場(青森) 3-2 橿原市柔道クラブ(奈良)
大原町少年柔道教室(千葉) ②-2 標茶柔道スポーツ少年団(北海道)
松前柔道塾(東京) 2-0 USA s.j.c(大分)
松前柔道会(愛媛) 3-1 開示塾(長野)
羽島柔道少年団(岐阜) 3-1 札大ジュニアJUDOクラブ(北海道)
大刀洗豪武館(福岡) 2-1 臥牛館道場(東京)
宇治柔道会(京都) 4-0 柔道少年団黒石分団(青森)
朝飛道場(神奈川) 2-1 板野町柔道教室(徳島)

12maru_shogaku_1-5.jpg
写真:1回戦、春日柔道クラブの
西願寺哲平が掬投で一本勝ち
【2回戦結果】
春日柔道クラブ 5-0 与那原署スポーツ少年団若駒励心会
寒川柔友会 4-1 五所川原柔道少年団
脩柔館 1-0 山武成柔会
花柔会西野柔道少年団 3-1 和田道場
大原町少年柔道教室 3-0 剛柔舘藤田道場
松前柔道塾 3-1 松前柔道会
羽島柔道少年団 3-1 大刀洗豪武館
朝飛道場 4-0 宇治柔道会

準々決勝

春日柔道クラブ 4-0 五所川原柔道少年団
(先)西願寺哲平○優勢[技有・掬投]△對馬みなみ
(次)下屋敷龍士○優勢[技有]△笠井盛龍
(中)藤永龍太郎×引分×小山内剣太郎
(副)高橋瑠璃○優勢[技有・払腰]△平山才稀
(大)今田光星○小外刈△藤田将平

春日柔道クラブはこの試合も圧勝。先鋒の西願寺哲平と次鋒の下屋敷龍士で2点リード、中堅の5年生藤永龍太郎も相手のエース、全国小学生学年別大会6年生の部50kg級2位の小山内をしっかり引き分けで止めて危なげなし。最後は大黒柱の今田光星が小外刈で一本勝ちし、4-0の大差で準決勝進出を決めた。

脩柔館 3-2 花柔会西野柔道少年団
(先)金子愛実△優勢[技有・縦四方固]○小林源太
(次)下城直生○優勢[有効・小内刈]△駒走翔太郎
(中)立石大士△優勢[指導2]○横山敏士
(副)素根輝○横四方固△柴田大輝
(大)野田隆世○反則△斎藤航

九州王者の脩柔館と、全国少年大会でも活躍した北海道の強豪・花柔会西野柔道少年団が激突。
試合のポイントは脩柔館の副将・全国小学生学年別柔道大会6年生45kg超級王者の素根輝。花柔会西野柔道少年団は副将戦までに2点獲得、1点をリードする理想的な展開で素根を迎えたが、素根は横四方固でしっかり一本勝ちし、この時点で内容差で逆転。最後は野田隆世が相手の反則で1点を追加し、3-2で全国少年大会に続くベスト4進出を決定した。

松前柔道塾 3-2 大原町少年柔道教室
(先)冨永雄太郎○大内刈△仲佐有季
(次)井浦光翔○袈裟固△吉野天成
(中)塚原康平△優勢[指導2]○関寛太
(副)安藤健志○小外刈△長谷川瑛生
(大)森井浩太△小外刈○浅野史恩

全国小学生学年別大会6年生の部50kg超級王者・浅野史恩という大駒を大将に配置する大原町少年柔道に対し、松前柔道塾は副将戦までの2点リードが勝利の絶対条件。先鋒冨永雄太郎、次鋒井浦光翔の小兵2人で2点獲得、中堅塚原康平は関寛太の前に「指導2」優勢で失点したが、副将の安藤健志が小外刈「一本」で試合を決める。大将戦のエース対決は落としたものの、合計3-2、今期はやや小粒と評された名門・松前柔道塾が底力を見せ、見事準決勝へと駒を進めることとなった。

朝飛道場 3-1 羽島柔道少年団
(先)長友優樹○袈裟固△永野丈宙
(次)長嶋勇斗△大内刈○田中翔太
(中)藤鷹裕大×引分×三輪魁星
(副)賀持喜道○支釣込足△小林大輝
(大)秦七伎○内股透△小林雅広

準々決勝屈指の好カードは朝飛道場が勝利。 先鋒戦は朝飛道場・長友優樹が、次鋒戦は羽島柔道少年団・田中翔太がそれぞれ一本勝ちで前半戦は互角。しかし中堅戦で羽島柔道少年団の三輪魁星の猛攻を藤鷹裕大が凌ぎきったことで潮目は朝飛道場に。副将の賀持喜道が支釣込足「一本」で勝利してリードすると、大将戦は5年生の秦七伎も内股透で一本勝ち。合計スコア3-1で朝飛道場が見事ベスト4勝ち上がりを決めた。

結果決まった準決勝のカードは、

春日柔道クラブ - 脩柔館
松前柔道塾 - 朝飛道場

となった。

準決勝

12maru_shogaku_sf-1.jpg
写真:準決勝、春日柔道クラブ
中堅の藤永龍太郎が払腰「一本」
春日柔道クラブ 4-1 脩柔館
(先)西願寺哲平○上四方固△金子愛実
(次)下屋敷龍士○払腰△下城直生
(中)藤永龍太郎○払腰△立石大士
(副)高橋瑠璃△優勢[指導2]○素根輝
(大)今田光星○優勢[有効・大内返]△野田隆世

準決勝第1試合は春日柔道クラブがこの試合も圧勝。
先鋒の西願寺哲平、次鋒の下屋敷龍士、中堅の藤永龍太郎がいずれも一本勝ちで3連勝、あっさり勝利を決める。

副将戦、女子超級の強豪同士の対戦は素根輝が「指導2」で勝利して脩柔館も一矢を報いたが、時すでに遅し。春日柔道クラブは大将の今田光星も大内返で「技有」を奪い、4-1という大差で決勝進出を決めた。

12maru_shogaku_sf-3.jpg
写真:朝飛道場の長嶋勇斗が
大内返で「技有」を奪う
朝飛道場 4-1 松前柔道塾
(先)長友優樹○袈裟固△冨永雄太郎
(次)長嶋勇斗○小外刈△井浦光翔
(中)藤鷹裕大○合技△塚原康平
(副)賀持喜道○内股△安藤健志
(大)秦七伎△袈裟固○森井浩太

第2試合は朝飛道場と松前柔道塾、久々の対戦となるこの名門同士の対決は朝飛道場の圧勝。
朝飛道場は先鋒長友優樹が冨永雄太郎を相手に、1分40秒に右背負投を抜け落とした展開から袈裟固で一本勝ち。これで松前柔道塾の気勢を挫くと、次鋒長嶋勇斗は大内返「技有」に小外刈「一本」と繋げて勝利。

12maru_shogaku_sf-4.jpg
写真:朝飛道場の藤鷹裕大が
小外刈で塚原康平を攻める
続く中堅藤鷹裕大も小外掛「技有」からの横四方固と、3戦連続の一本勝ちであっという間に勝利を決めた。

勝利決定後は副将の賀持喜道が内股「一本」でダメ押し。

先鋒戦を粘り、次鋒戦と中堅戦をなんとか取って大将森井浩太を出動させたかった松前柔道塾だが、先鋒戦を落としたことでプラン崩壊。朝飛道場の各選手の地力と、試合を見る目の確かさが光った一戦だった。

結果、春日柔道クラブと朝飛道場の2チームが決勝に進むこととなった。


次へ



※eJudo携帯版「e柔道」9月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.