PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート

(2012年10月1日)


※eJudo携帯版「e柔道」8月25日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


1      

全国中学校柔道大会男子団体戦マッチレポート  1/4

予選リーグ

12ZC_dd_1-1.jpg
写真:予選リーグ、
国士舘中の副将・磯村亮太が
広陵中・木村友輔から
小外掛で一本勝ち
全国中学校柔道大会は21日、とどろきアリーナ(川崎市)で開幕。第2日は男子団体戦の競技が行われた。
優勝候補は激戦区・兵庫を勝ち抜いた小野中(兵庫)に現在2連覇中の国士舘中(東京)。これに大成中(愛知)、大蔵中(福岡)、東海大相模中(神奈川)が絡んでくるというのが大方の予想だ。

開催地の増枠を含んだ参加48校が3チームずつに分かれた予選リーグから試合は開幕。強豪校は比較的綺麗に山が分かれ、予選の段階ではほぼ順当に試合は進んだ。

そんな中、注目を集めたのが東海大相模中と天明中(熊本)が激突したPブロックの試合。

12ZC_dd_1-3.jpg
写真:辻湧斗が大内刈で一本勝ち、
東海大相模が逆転勝利
東海大相模中 3-2 天明中
(先)山科良悟△大内刈(2:21)○杉本大虎
(次)島田陸○大内刈(0:44)△野田健太郎
(中)小野優太△内股(0:06)○増田響
(副)河内優斗○合技(0:31)△鏡大成
(大)辻湧斗○大内刈(0:49)△竹下凌

天明中は先鋒の杉本大虎が東海大相模の1年生レギュラー山科良悟から大内刈で一本勝ち。東海大相模は次鋒の島田陸が支釣込足で一本勝ちしてすぐに追いつくが、中堅戦は天明・増田響が小野優太から僅か6秒で内股「一本」を奪って再度リード。試合は明らかに取り合いの様相。

しかし東海大相模中は副将の河内優斗が落ち着いて一本勝ち、これで得点、内容とも落ち着いてひとまず負けをなくすと、大将の大黒柱・辻湧人が手堅く大内刈を撃ち込んで一本勝ち。シーソーゲームを制して緒戦の勝利を決めた。東海大相模中は2試合目の上宮中(大阪)との試合は4-0で制して決勝トーナメント進出決定。

12ZC_dd_1-5.jpg
写真:小野中の副将・松井海斗が
岐阜西中・河合曜平から払腰「一本」
国士舘中は広陵中(奈良)、静岡学園中(静岡)と、好チーム2つが同ブロックに入ったが2戦とも5-0で危なげなく勝ち上がり。

小野中は岐阜西中(岐阜)を5-0、高崎塚沢中を4-0で下して決勝トーナメント進出決定。
大成中は山辺中(山形)4-0、軽井沢中(長野)を5-0に勝利、大蔵中(福岡)は御野場中(秋田)を3-0、朝日中(富山)を5-0で破りこちらも無失点で決勝トーナメント勝ち上がりを決めた。

予選リーグの順位は下記。

12ZC_dd_1-6.jpg
写真:相原中・義見祐太が
大安中・内村空から内股「一本」
【予選リーグ順位】
[Aブロック]①国士舘中(東京) ②静岡学園中(静岡) ③広陵中(奈良)
[Bブロック]①福井工大福井中(福井) ②高田中(大分) ③富沢中(宮城)
[Cブロック]①弘前一中(青森) ②国分寺中(栃木) ③緑が丘中(長崎)
[Dブロック]①丸亀西中(香川) ②野坂中(広島) ③京都学園中(京都)
[Eブロック]①大蔵中(福岡) ②御野場中(秋田) ③朝日中(富山)
[Fブロック]①相原中(神奈川) ②大安中(三重) ③大栄中(鳥取)
[Gブロック]①松山西中(愛媛) ②燕中(新潟) ③開星中(島根)
[Hブロック]①楠見中(和歌山) ②宮崎日大中(宮崎) ③山武中(千葉)

12ZC_dd_1-7.jpg
写真:東海大相模中・島田陸が
天明中・野田健太郎から大内刈「一本」
[Iブロック]①小野中(兵庫) ②高崎塚沢中(群馬) ③岐阜西中(岐阜)
[Jブロック]①喜多方三中(福島) ②基山中(佐賀) ③北陵中(高知)
[Kブロック]①埼玉栄中(埼玉) ②南風原中(沖縄) ③津幡南中(石川)
[Lブロック]①粟津中(滋賀) ②磐梨中(岡山) ③下吉田中(山梨)
[Mブロック]①大成中(愛知) ②山辺中(山形) ③軽井沢中(長野)
[Nブロック]①阿波中(徳島) ②明野中(茨城) ③鹿屋東中(鹿児島)
[Oブロック]①東海大四中(北海道) ②富田中(山口) ③長内中(岩手)
[Pブロック]①東海大相模中(神奈川) ②天明中(熊本) ③上宮中(大阪)

決勝トーナメント1回戦

12ZC_dd_1-8.jpg
写真:相原中の義見祐太が一本勝ち、
地元校の活躍に会場が盛り上がる
相原中 ②-2 大蔵中
(先)佐々木健友○裏投(1:34)△津嘉山慧
(次)義見祐太○袖釣込腰(0:49)△中村寿輝
(中)和田樹希×引分×焼谷風太
(副)楠竜童△払腰(0:35)△早川佑斗
(大)星野太駆△優勢[指導2]○友田皓太

地元枠出場の神奈川2位・相原中の快進撃が止まらない。
先鋒佐々木健友が裏投で一本勝ちを果たすと、次鋒義見祐太は袖釣込腰「技有」、さらに袖釣込腰「一本」と貪欲に仕掛け続けて2点のリード。中堅戦の引き分けを受けた副将戦は落としたが、大将戦は星野太駆が相手の反撃を「指導2」で凌ぎ、内容差でベスト8進出決定。

12ZC_dd_1-9.jpg
写真:東海大相模中・島田陸が
長崎斗真から大腰「技有」
東海大相模中はまたも大接戦。東海大第四中を相手に先鋒山科良悟が「技有」を奪うものの五十嵐大会の大内刈を食って残り3秒で一本負け。またもやビハインドを背負ったが次鋒島田陸が大腰「技有」で勝利、内容差ビハインドで迎えた大将戦で辻湧斗が内股「一本」(0:51)を決めて逆転、2-1でベスト8進出を決めた。

国士舘中、小野中、大成中らの強豪はいずれも無失点継続で、余裕をもって準々決勝へと駒を進めた。

決勝トーナメント1回戦の結果は下記。

国士舘中(東京・Aブロック) 4-0 福井工大福井中(福井・Bブロック)
弘前一中(青森・Cブロック) 4-0 丸亀西中(香川・Dブロック)
相原中(神奈川・Fブロック) ②-2 大蔵中(福岡・Eブロック)
松山西中(愛媛・Gブロック) 5-0 楠見中(和歌山・Hブロック)
小野中(兵庫・Iブロック) 4-0 喜多方三中(福島・Jブロック)
埼玉栄中(埼玉・Kブロック) 4-0 粟津中(滋賀・Lブロック)
大成中(愛知・Mブロック) 5-0 阿波中(徳島・Nブロック)
東海大相模中(神奈川・Pブロック) 2-1 東海大四中(北海道・Oブロック)


次へ

1      



※eJudo携帯版「e柔道」8月25日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.