PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全国中学大会決勝のリベンジ、国士舘中が小野中に圧勝V・マルちゃん杯全日本少年柔道大会

(2012年9月20日)


※eJudo携帯版「e柔道」9月17日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


全国中学大会決勝のリベンジ、国士舘中が小野中に圧勝V
マルちゃん杯全日本少年柔道大会


12maru_news_3.jpg
写真:決勝、国士舘中中堅の磯村亮太が
逆転の右内股「一本」を決める
マルちゃん杯全日本少年柔道大会は17日、東京武道館(東京)で行われ、中学生男子の部は国士舘中(東京)が優勝、今大会3連覇を成し遂げた。

決勝の相手は、全国中学大会決勝で1-4の大差で敗れた小野中(兵庫)。
「正直分の悪い相手と思っていた」(川野成道監督)カードだが、今大会は選手の気合が違った。前回慎重な試合振りの末に敗退、流れを作れなかった先鋒の川脇翼が全国中学大会81kg級個人王者の藤原崇太郎を相手に打って変わった積極的な柔道。精神的に相手を追い詰めると残り0秒に内股透で「技有」で奪って勝利。
次鋒の米山魁人も順当に勝って迎えた中堅戦、2年生の磯村亮太が「有効」ビハインドの状態から、奥襟を取りに来たケンカ四つの東部雄大の釣り手を流して織り込むと背中をつかんだ右内股一閃、「一本」、この時点で勝負を決めた。

大将の山田伊織も前回一本負けを喫している長井達也から袈裟固「一本」、合計4-0という大差で、今期国士舘系列校の中では中・高・大通じて初の全国優勝を成し遂げた。

入賞者と準決勝スコア、決勝詳細は下記。

【入賞者】
優勝:国士舘中(東京)
準優勝:小野中(兵庫)
第三位:大成中(愛知)
第三位:大蔵中(福岡)

マルちゃん賞(最優秀選手賞):川脇翼(国士舘中)
優秀選手賞:長井達也(小野中)、神鳥剛(大成中)、早川佑斗(大蔵中)

【準決勝】
小野中 2-1 大蔵中
国士舘中 2-0 大成中

【決勝】
国士舘中 4-0 小野中
(先)川脇翼○優勢[技有・内股透]△藤原崇太郎
(次)米山魁人○優勢[技有・内股]△宮城太一
(中)磯村亮太○内股△東部雄大
(副)河田闘志×引分×松井海斗
(大)山田伊織○袈裟固△長井達也




※eJudo携帯版「e柔道」9月17日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.