PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【eJudo's EYE】五輪でも発揮された松本の持ち味、そして足りなかった「相方」・ロンドン五輪第3日評

(2012年7月31日)


※eJudo携帯版「e柔道」7月31日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


五輪でも発揮された松本の持ち味、そして足りなかった「相方」

絶対の優勝候補と目された松本薫が金メダルを獲得した。実力通りということでは「無事に」、ここまでの2日間の日本勢の苦労を考えれば「ついに」訪れた金メダル獲得の瞬間である。心からその勝利を祝福したい。

さて、鉄板の優勝候補ということで言えば初日の福見友子、2日目の中村美里と同じ立場である松本であるがその結果はまさしく明暗。この運命を分けたものは一体何なのであろうか。

研究されていたといえば松本も研究されていた。本質的には固技の選手である松本の寝技に各選手は徹底してつきあわなかったし、攻撃の橋頭堡となる一手目もなかなか持たせてもらえない。ついでに言えば、「死んだふり」枠の選手が立ちはだかったのも一緒で、決勝の相手は近年ハイレベル国際大会の上位グループから外れた感のあるカプリオリウであった。

順行運転で優勝できるだけの地力がありしっかり勝ちきったと言えばそれまでだが、日本人に限らず強者が徹底研究され、そして潰される今大会の展開を考えると松本にはその研究を超える何か、があったということになる。

選手によってその「何か」がなんであるが、そしてどうあるべきかは異なるだろうが、松本の場合は展望記事でも触れたとおり、その最大の持ち味である「殺戮本能」ということになるだろう。

思い出して欲しいのはこの日の1回戦、ズキッチ(スロベニア)戦。攻めに攻めたが相手に粘られ、残り1分を過ぎても試合を決めるポイントはなし。ここで松本は右内股、ひざをついた相手が耐えると腕を極めに掛かり、相手が慌てて立ち上がってくると見るや、まだ相手が自分より低い位置にあるにも関わらず逆技の左一本背負投の形で相手の向かう方向に押し込み「技有」を奪取した。躊躇なく実行された異次元の組み立ての前に相手は全く抗う暇がなかった。
福見、中村、そして63kg級の上野順恵の戦い方は譜面をしっかり辿るクラシック、一方良いと思えばあっさり即興に切り替える松本のそれは殺戮本能というフォーマットに則ったジャズである。

セオリー無視が相手の想像を超えたから凄いと言っているのではない。相手の弱点を見つけたらあっさり自分の形を崩してでもそこに付け込んで刃を入れる、勝つために冒すべきリスクをきっちり採って殺しに掛かる。その勝負勘、展望での言葉を再び使えば「殺戮本能」が相手の考えうる対応の少しづつ上を行っていたということではないだろうか。勝負どころと見極めると形を崩してでも躊躇なく「一本」を獲りに来る。これは明らかに研究できない部分で、松本の対戦相手は松本の「アサシンポーズ」に威嚇されるから、ではなく何をやってくるかわからないから、松本が怖いのである。

研究されても松本は前に出続け、戦略というマクロな面でも、際の判断というミクロな面でも本能を発揮し続けた。決勝の「内側から軸足を刈る」反則は松本の想像以上の突進にカプリオリウの精神が呼吸困難を起こした、その結果に他ならない。

順行運転である限りそのやり口は必ず相手に読まれる。研究の上を行くには、どこかで、なにかブレイクポイントを作らねばならない。なにか、が技術的なものなのか、フィジカルなのか、戦術なのか、戦略なのか、それとも全てを下支えする気持ちや執念というメンタル面なのか。事前研究の枠を超えるには色々な方法があると思われるし、松本のような選手を再生産するような手段が一般化できるともなかなか思えない。が、ともかく、今回の松本は「殺戮本能」という形でその研究の上を行く何か、土壇場で自らの力に昇華する原材料をしっかり自分の中に持っていたということだろう。第2日の評の繰り返しになるが、徹底研究されることを前提に、本番ではそれの上を行くというところまでを大方針として戦略の中に織り込まないと、今後の勝利はおぼつかない。

もう一つ、勝者の条件としてのフィジカルの強さという今大会の傾向に松本が叶っていたということも指摘しておきたい。全員が数年のスパンで準備し、研ぎ澄まされた状態でやってくる五輪という場ではまず地力の強さで勝っていないとやりたいことをやらせてもらえない。いなし、かわすことが一手目になる選手ではどうやらこの場を勝ち上がることは難しい。階級内で純フィジカル的な地力比べをして、誰とやっても負けないという選手は今大会の日本勢ではまだこの松本だけだろう。まさしく文句なし、勝つべくして勝ったという金メダルであった。

欲を言えば、北京五輪63kg級のデコス-谷本戦のような素晴らしい「一本」で決まる試合、ドラマチックな決着が見たかったということだけだろうか。これはファンとして贅沢を言ったり単にないものねだりをしているわけではなく、五輪が4年に一度の貴重な、社会に対する柔道の魅力のプレゼンの場であるという文脈での、願望である。

これははっきり言って松本の責任でない。魅力ある「一本」は、相応の格を持った対戦相手がいないと成り立たないからだ。守備の殻に閉じこもった相手、掛け数を稼いで逃げ切ろうとしている相手との試合ではこちらがどんなに素晴らしい選手でも迫力ある「一本」そして魅力あるドラマは生まれない。あの北京五輪63kg級決勝、お互いの人生が掛かる究極の場でデコスの大内刈による猛進を谷本が内股に捉えて豪快に宙を舞わせた「一本」は、互いに組み合い、技による「一本」にこだわる位相の高い柔道家2人が揃って舞台にあがったからこそ生まれた、夏の奇跡であった。 相手の力を利用するから、美しい投げが生まれる。戦う意志のあるもの同士がぶつかるから、「投げ」が成立する。「精力善用、自他共栄」とは良くいったものである。

となるとここで一言、戦評として57kg級の人材不足に言及しないわけにはいかないだろう。モンテイロ(この人も「腹ばい逃げ」で名を為した人なのでなんともだが)敗退の時点で松本の最大のライバルに浮上したのはパヴィア(フランス)だが、その試合ぶりはといえば松本の寝技と圧力を怖がるあまり場外に向かってまず下がり、手数を演出するために片手技を仕掛けて場外へと掛けつぶれることの連続。冒すべきリスクを採らずに勝利という果実だけをせしめようとするその姿は、到底松本の「パートナー」としてドラマを担える器のそれではなかった。
パヴィアとのGS延長戦、松本の大外刈「有効」の技の評価は正直微妙であった。ただ、あそこまで松本が前に出続ける中、ひたすら拮抗を演出して時間をやりすごすことに腐心するパヴィアの姿にいい加減審判団がうんざりしていたということもあるだろう。卑怯者をやっつける、そこには一定のカタルシスはあっても、高い位相の感動はない。

松本という希代の好役者を得ながら、列島を感動の渦に巻き込む、というインパクトのあるところまでドラマが登りつめるに至らなかったのは、57kg級にそのパートナーを勤めうる敵役、相方がいなかったからである。残念、というよりはまことに惜しい、主役・松本1人による「ワンマンショー」であった。



「鈍才の星」、中矢の銀メダル獲得に拍手

中矢力は銀メダル獲得。決勝では5月に負傷したばかりの右肘をイサエフ(ロシア)に腕挫十字固に極められてしまい、以降は実質片腕での戦い。それでも果敢に技を打ち返し、ポイント失陥の内股巻込も自らが攻撃に出たゆえ、固技の展開で負傷している右肘を再び極め伸ばされながらも「腕一本呉れてやる」とでもいわんばかりに委細かまわず首を抱えてめくりかえし、一時は「抑え込み」の声を聞くに至った。代表の名に恥じないド根性ファイト。中矢に対して最初に掛けるべき一言は「よくやった」、遇する動作は拍手であるべきだろう。

それでも、敢えて、無理やりに敗因を探すならば、前項の57kg級評ではないが、勝つべきリスクを冒すべき場面で、セーフティな選択が多すぎたのではないかということだ。準決勝、既に死に体のエルモントに対し、背負投ではなく巴投を選択して連発したあたりにはその点疑問が残る。リスクなく果実を得ようとしたかどうかはともかく、少なくとも「勝負どころはどこか」を見極めて相手を殺しにかかるという本質的な志向が欠落していたような気がしてならない。結果この試合はフルタイム戦って瀕死のエルモントを「逃がして」しまったわけだが、疲労の蓄積という次戦への不利はもちろん、この日2度聞いた寝技の「解けた」の声とあわせて、相手を殺すべきタイミングに対して真摯でありきれなかった、勝利へのあと一歩を詰め切れなかった、ここは反省材料にすべき点かもしれない。

しかし中矢は若い。そして、寝技ファイターとして鳴らしながら世界ジュニアで一敗地にまみれた20歳を超えるに至って投技修行を宣言、足りなかった投技を盛ることでこの五輪の決勝の畳までたどり着いたという異常なキャリアの持ち主でもある。埋まらないと言われた溝、大人になってからの投技獲得という困難なミッションを成し遂げた中矢なら、足りなかった「何か」も発見し、埋めてくれるに違いない。

中矢は決して才能豊かな選手ではない。少なくともあまりにも眩い投げの才能に人生が引っ張られ、それゆえ環境も指導者もスポンサーも得てトップに辿りつくというような天才肌タイプの選手ではない。
この中矢が、五輪の決勝という競技ヒエラルキーの最高峰に辿りつくことで全国の「普通の」少年柔道家に与えた勇気はいかばかりか。偉大なる鈍才、中矢の4年後の金メダル獲得に大いに期待したい所以だ。


文責:古田英毅


※eJudo携帯版「e柔道」7月31日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.