PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【eJudo's EYE】責められない中村の敗退/4度目の正直食った海老沼・ロンドン五輪第2日評

(2012年7月31日)


※eJudo携帯版「e柔道」7月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


責められない中村の敗退、「五輪の魔物」に魅入られた日本勢

中村美里の初戦敗退は、数時間経った今でも振り返りたくない悪夢である。 中村という日本女子柔道史上に残る逸材に貼られるラベルが「五輪でメダルなし」であるという事実はファンにとって到底受け入れられるものではない。五輪とは、なんと理不尽な舞台なのか。

中村の技の選択は責められない。ビハインド後、圧倒的に力が強く、かつ膠着を演出するのみで勝負にこないという厄介な殻に閉じこもったアンを相手に「有効」「指導2」と追いすがった中村の執念は素晴らしいものがあった。
アンが強かった、五輪には魔物が棲む、というまことにありきたりの、しかしおそらくは正鵠を得た表現で総括するしかない一敗であった。

戦評として敢えてひとつ言えば、中村、そして48kg級を戦った福見いずれもがビハインドを追いかけるタイプの選手ではない、という点での嵌りを挙げることはできる。両者とも組み手と足技による「状況」を積み上げて最終的には一本を取るというタイプの詰め将棋ファイターであり、いきなり盤面全てをひっくり返すような一発はない。残り時間僅かとなったときに多くのファンが「中村にここでスクランブルの技はあるのか」とこれまでの中村の戦歴を脳内レビューしたのではないと思うが、結論は「ない」であったはずである。

では状況が積みあがるまで中村はリスクを冒すべきではなかったのか。いや、あの技の選択は責められない。躊躇なく返しに飛び込んできたアンの動きを見る限り、あの一発は明らかに狙い済ました一撃、作戦通りの一発だ。

そして稿は最初に戻る。アンは強かった、五輪には魔物が棲む。希代の才能中村美里はその強さと輝きゆえに、徹底研究にあい、そして沈んだ。 受け入れられない現実。福見の言葉を借りれば「これが五輪なんだ」ということなのだろう。

「4度目の正直」食った海老沼

海老沼の敗戦。もちろん相手は規格外に強かったが、これは海老沼の悪い癖が出た、そこに罰を与えられたという見方も可能な内容だった。

海老沼が食った隅返は「一本」となった技が実に4度目。最初の一発に乗りかかった海老沼だが2発目、3発目は居合い抜き宜しく空中回転して周りこみ、横四方固を狙い事なきを得ていた。事によるとこれは餌を巻いて相手に掛けさせ、寝技で嵌めるチャンスだとすら思っていたかもしれない。 しかし捌きの良し悪しを超え、ともかく隅返を掛けられてしまうということは、背中深く相手の釣り手の進入を許しているということ。

組み手で不利でも敢えてその形を続けて技を掛けさせ、抜群のボディバランスでみずから回転して着地寸前にこれを回避する、あるいは呼び込んで返すというのは海老沼得意の展開の一つだが、この戦い方は一面相手に掛け数を稼がせ、タイミングと間合いを調整させるという危惧もある。

この試合の海老沼、要は相手に一番良いところを持たせ、相手の形で勝負を続けたのである。4度目に放たれた隅返は今までと異なり、相手の釣り手がグリップしたのは海老沼の帯。柔道衣と違い容易にずらせぬこのパーツを持たせたことで今度は回避行動が利かず、海老沼は背中から落ちて敗戦が決まった。帯を持たれてから隅返が放たれるまでには数合の間があり、海老沼に一定以上の危機察知能力があればこの形を続けることはなかったはず。
どうしても投げたい、イチかバチかの勝負が好きな海老沼。抜群の勝ち上がりの良さ同様、なんとも海老沼らしい「居合い抜き失敗」、好戦的な敗戦ではあった。


文責:古田英毅


※eJudo携帯版「e柔道」7月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.