PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【eJudo's EYE】前代未聞の「判定やりなおし」、世界が注視する場で噴出したIJFの後進性

(2012年7月30日)


※eJudo携帯版「e柔道」7月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


見逃した人のために、事の推移をまず書き出すと。

ロンドン五輪第2日、日本の海老沼匡とチョ・ジュンホによる準々決勝。ゴールデンスコア(どちらかにポイントが入った段階で試合終了となるサドンデス)方式で行われた延長戦の1分22秒、海老沼が左小内巻込でチョを投げつけ、主審は「有効」を宣告。副審2人もこれに異見を唱えず(副審2人は主審の技の評価に異見を唱える権利があり、2人がともに異見を申し出た場合は主審は技の評価を修正する義務がある)、この判定を支持。審判員3人がともにポイントを認めたこの時点で海老沼の勝利が確定、海老沼は開始線に戻ってガッツポーズを見せたが、場外の審判委員(ジュリー)から物言いがつき、合議の末この「有効」と海老沼の勝利は取り消しとなる。

さらにこれを複線とした大事件が起こったのは延長戦終了後。旗判定は主審と副審2人の審判員3人が全員が青のチョを支持。僅差3-0による優勢勝ちでチョの勝ちあがりが決まったが、ここでまたもや審判委員が物言い。審判員3人を呼びつけて合議させ、前代未聞の「旗判定やりなおし」を指示するという暴挙に出た。
会場が凍りつく中、再度行われた旗判定は3人がともに白の海老沼を支持するという真逆の結果。場外からの介入で試合の勝敗自体を覆すという、スポーツ競技全体でも稀に見る事態の現出となった。

そもそもジュリー(審判委員)制度とは何か。
柔道競技の審判員は主審1人と副審2人の3人で構成され、一義的には彼ら3人がジャッジについての全責任を負う。ところが2000年のシドニー五輪100kg超級決勝の篠原信一-ドゥイエ戦の大誤審があり、対策として場内の3人では見切れないミスをチェックするためビデオによるリプレイシステムが採用された。審判委員の創設はこの流れに連なるもので、本来は、どちらが仕掛けた技なのかの見極め、場内外の判定など明らかなミスを確認するためのもの、審判員に対し助言を行う立場の役職である。判定に関しては場内の3審が責任を持つという大原則、そして技の効果に対する評価はどこまで行っても主観から逃れられない「芸術点」であるという本質との掛け算で、審判委員は技の評価には踏み込まないということになっていた。 柔道の技の評価はどこまで行っても、究極的には主観でしかありえない。よって3人を畳に残し、畳外から干渉されない、そして立場が対等な3人の相互チェックという「システム」によって客観性を担保しようとしたわけである。明文化こそされていないが、どこまで行っても主観的との謗りを免れない柔道というジャンルが、自らの身を守るためにまとった良識の鎧であった。

しかし主審にインカムの着用を義務付けた2010年秋以降、踏み込んではいけない領域のはずの技の評価に審判委員が平然と口を出し、これを修正させるという事態が頻発。この五輪も初日からあまりの審判委員の「物言い」の多さに関係者が辟易してきたところだが、ついにこの日は旗判定に口出し、勝敗を覆すという絶対に超えてはいけない一線を越えてしまった。

審判員の最高責任者であるバルコス審判主任理事は日本のメディアの取材に対し「誰もが犯すミスをなくすため新しい技術を駆使している」(スポーツニッポン)、「3人のジュリーは“白(海老沼)が正しい判断”とし、判定を変えるように助言した」(日刊スポーツ)と答え、現地から幣サイトが入手した情報では「間違っているものを正しただけ」とのコメントも伝えられてきている。

「誤っているものを正した」、事はそれでは済まない。

IJF(国際柔道連盟)は、自分達が勝たせたい選手を自由に勝たせることが出来る、勝敗自体をコントロールできる立場にあると自ら表明したことになるのである。どこまでいっても主観的なジャッジしか出来ない柔道が、公平性を担保するために採用したシステムを全否定し、IJFのある人間が意図した通りに勝敗を運ぶことが出来る、恣意的な競技であると自ら宣言したのである。

ここではジャッジの妥当性は問題ではない。柔道には公平性がない、取り決めたルールを超えた超法規的存在の意図によって勝敗などいくらでも変えられるということを社会にさらしてしまったことが問題なのである。 超「主観」に委ねられる旗判定という場、柔道の泣き所である「数値化できない膠着に対して主観の集合でもって無理やりに勝敗を決める」というもっともデリケートな場をひっくり返すことで、この暴虐ぶりはさらに際立った。

たとえばボクシングの試合で、ジャッジから採点表を回収し、リングアナウンサーが勝者を発表。しかし本部席から飛び出した主催者が採点の付け直しを命じ、結果として勝敗がひっくり返る。皆さんはこれを見たらどう思われるだろうか。昨夜、エクセル・ロンドンの畳上でこれと同じ事態が起こったということなのである。これは自らの競技に対する全否定だ。

「間違ったものを正した」というのであれば、ある一面では確かにこれは正義だ。
しかし、この小さな「正義」を超えて柔道競技が失った威信と信頼は遥かに大きい。

この独断、客観性のなさに柔道関係者が憤るのは、この審判委員、ひいてはバルコス審判理事による審判員への直接指示という行為が、2007年にIJF会長に就任したマリアス・ビゼール氏による少数独裁運営の文脈に連なるからでもある。就任後、数人の幹部のみで重要決定を下せるように規約を変更したIJFは、「足取り禁止」「世界選手権の毎年開催、代表2人枠採用」「ワールドランキング制度採用」「ベアハグの禁止」「場内外規定の変更」「世界無差別選手権の開催」「世界無差別選手権の中止」と立て続けに新制度を採用。日本のみならず多くの国が少なくとも幅広い議論を求める中、これを踏み潰して「迷走」と表現されるほどのスピードで次々と重要決定を下していった。主審のインカム着用義務付けもこの流れの中で行われたものである。今回の件も審判委員が異見を唱えた、というがありようはバルコス審判理事、ひいては最高権力者であるビゼール会長からのプレッシャーに他ならず、いち審判員にこれを拒否する体力はない。3審制という客観システムの上に立つ超法規的「主観」の権利の発動。「いいから俺の言う通りにやれ」という脅しと本質は変わらない。少なくともそう思われても文句は言えない。誤審という「事故」をはるかに超える不祥事だ。

もう一度言う。「間違ったものを正した」のであればこれは一面正義であるが、社会に対して柔道が失ったもの、マイナスのほうが遥かに大きい。

今回の一件を「間違いを正しただけ」と説明するのであれば、柔道という自分の「ムラ」の中での独断専横、あまりにドメスティックな組織運営の果てに、その程度の星勘定が出来ないところまで感覚が麻痺してしまっているのであろう。多くの柔道関係者が指摘してきたビゼール体制の独断専横、閉鎖性がこの五輪という晴れの舞台で衆目にさらされてしまったということだ。

IJFは、五輪を担う競技団体として失格の烙印を押されたとしても文句は言えまい。

チョ・ジュンホ選手には、CAS(スポーツ仲裁裁判所)への提訴を薦めたい。その段に至ってバルコス理事は、自分が何をしたのか初めて気づくであろう。

そして、これから畳に上がる選手たちは、相手だけでなく、審判への不信、主催団体であるIJFへの不信とも戦いながら試合を戦わねばならない。その不安はいかばかりであろうか。IJFの罪は限りなく重い。今後の検証は勿論、沸き起こる議論、それ自体に大いに期待したい。

最後にさらにもうひとつ。IJFは昨年来、3審制を廃した1審制の採用を訴え、これが各国の反対によって現在退けられた状態になっているという事実がある。今回の五輪における審判委員の過剰介入が1審制導入にのための露払い、レールを敷きであるかもしれないというのは穿ち過ぎた観察であろうか。少なくともそう勘ぐられてもおかしくない、異常な事態である。



※eJudo携帯版「e柔道」7月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.