PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ロンドン五輪48kg級プレビュー×組み合わせ展望

(2012年7月28日)


※eJudo携帯版「e柔道」7月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


順行運転でも金メダル濃厚、福見の敵は自身にあり
ロンドン五輪48kg級プレビュー×組み合わせ展望


福見友子
この階級では頭一つ抜けた力を誇る福見
■日本代表選手

福見友子
年齢:27歳
所属:了徳寺学園職


長きにわたって世界の頂点に君臨し続け、女子柔道の象徴的な存在だった谷亮子。次代のエースと目されながら谷の引退までは直接対決で勝っても代表の座に就くことが出来なかった福見だが、北京五輪翌年の09年ロッテルダム世界選手権に出場すると圧倒的な力を発揮して当然のように金メダル獲得。この時点で12年ロンドン五輪は出場確定的と目されたが、世界選手権が代表2人制になった10年東京世界選手権で急成長の2番手・浅見八瑠奈にまさかの敗北。パリ大会でも浅見が連覇、さらに11年12月のグランドスラム決勝では浅見に一本負けを喫し、直接対決で3連敗。この時点でロンドン五輪代表は浅見にほぼ確定、福見は「五輪に縁のない運命の選手」の箱に入れられかかっていた。

しかし、谷亮子との度重なる対戦、ライバル山岸恵美との「世界最高峰」と評されたマッチレースで培ってきた福見の精神力はハンパではない。今年1月のワールドマスターズで浅見を「指導2」で破って優勝、かろうじて畳に残ると2月のグランドスラムパリに優勝して権利を留保。そして5月の全日本選抜体重別では1回戦で敗れた浅見を尻目に見事優勝を果たし、ついに夢の五輪代表の座を手にした。

おそらく男女14階級通じて金メダル獲得の可能性がもっとも高いのはこの福見。日本勢が頭ひとつもふたつも抜けているこの階級だが、その実力はもちろんのこと、柔道の「質」がその高評価を後押ししている。
強い体幹をベースに組み手の手堅さに足技の巧みさ、そして寝技への移行の確実さと、実は派手さよりも手堅さ、「負けないこと」をベースに試合を運ぶ組み立ての堅牢さが福見の真骨頂。思わぬ事故を起こす可能性が少ないのだ。福見に一発相手が食う場面を見ると、アドリブ技はほとんどなく、それまでに作り上げる「状況」で勝負が決まっていることの多さに気づくはずだ。懐かしい言い回しだが「畳の目にけつまずくことでもない限り」福見の勝利は確実だろう。

■有力選手

ファンスニック(ベルギー)
こ地力と柔道の質、意外性まで
勘案すると最大のライバルはファンスニックか
ランキング上の強豪を挙げることはいくらでも可能だが、福見の実力は頭1つ抜け出しておりどこまでこの展望が有効かは疑問だ。これを前提に敢えて実力者を挙げていくと、メネゼス(ブラジル)、ファンスニック(ベルギー)、そしてドゥミトル(ルーマニア)の3人ということになる。

その中で実力の絶対値が最も高いと目されるのがメネゼス。小内刈を中心に足技には出色の切れ味があり、スピードもある。日本勢には勝っていないが、常に上位を争う力を持っている。福見と直近の対決は2月のグランドスラム・パリ。この時はカウンターを狙うメネゼスの意図を、福見が細かい足技を連発して挫き続けて「指導2」で勝利している。少なくともアップセットは想像しにくい展開ではあった。

これに並ぶのがメネゼスと同じ22歳の若手ファンスニック。右組みだが、取れる側から左右問わずに奥襟に腕を叩き込み接近戦を挑んでくる。捨身技もいとわない。
12月のグランドスラム東京では浅見と旗判定に縺れ込む僅差の勝負を演じたばかりか3月のグランプリ・デュッセルドルフでは日本の遠藤宏美を朽木倒で転がして優勝しており、過去の実績を超えておそらく現在ヨーロッパで最も良い選手はこのファンスニック。福見は足技の効く間合い、自分の距離で、落ち着いて勝負を進めたい。

メネゼス(ブラジル)
スピードがあり足技も効くメネゼス。
ただし日本勢との相性は良くない
最後は北京五輪で谷亮子を破って優勝した大ベテランのドゥミトル。ロッテルダムで福見に投げられた際に足を捻り、悲鳴を上げてうずくまったあの選手だ。
実は以降も日本選手はドゥミトルにまったく負けていない。おそるるに足らずと言ったところだが、この選手なぜか欧州選手権ではいまだに勝ち続けておりこのあたりは多少不気味。他大会を見て実力の絶対値を測る限り現時点のド゛ゥミトルがファンスニックに勝つ(12年欧州選手権で一本勝ち)というのは理由が見つけにくく、コンディション調整によって大きくパフォーマンスが変わる選手だと仮定するほかはない。編集部としては全く問題ない相手と見るが、その点での不気味さは残る。

コンスタントに成績を残すクセノビスキ(ハンガリー)、女王ジョシネを引退に追い込んで代表となったモチベーションが高いはずのペイエ(フランス)、泥くさいパワーファイターで荒れたトーナメントに強いムンクバット(モンゴル)、ウ・シュウゲン(中国)らが次のグループだが、上記の3人、そして福見に比べると明らかに一段落ちるクラスタという印象だ。

■組み合わせ

当然ながら福見は第1シード。面倒な相手が先に潰しあってくれる、戦いやすい配置だ。

→48kg級組み合わせ

【プールA】

福見の山。初戦はブランコ(スペイン)、2回戦は地元の無名選手エドワーズ(イギリス)で、プールファイナルはおそらくモレッティ(イタリア)ということになるだろう。
この中でもっとも強いのはおそらくブランコだが、モレッティとあわせた2人とも波乱要素を含む曲者タイプではなく全く問題はないだろう。大声援を受ける地元選手と対戦する2回戦でおかしな怪我でもしなければ、勝ち上がりは堅い。

クセノビスキ
ヨーロッパではコンスタントに
成績を残すクセノビスキ
【プールB】

第4シードのドゥミトルの山。初戦(2回戦)でコンドラチェバ(ロシア)、プールフィァイナルでムンクバット(モンゴル)と実力者と立て続けに対戦する。ここでドゥミトルが落ちても全く不思議はないが、大舞台に対する調整能力の差でひとまずドゥミトル勝利と仮定しておきたい。コンドラチェバとの1回戦に、所属国だけ考えると曲者要素いっぱいのメストレ(キューバ)がいるが、実績を考えるにいくらキューバ勢でもここで波乱を起こすことは難しいだろう。

【プールC】

メネゼスの山。ペイエと初戦を戦い、ウ・シュウゲンとプールファイナルを戦う。

【プールD】

ファンスニックの山。チャン・ジュヨン(韓国)と初戦、クセノビスキ(ハンガリー)と東アジア、ヨーロッパそれぞれのうるさい選手と一戦まじえてからのベスト4進出となる。それぞれのパフォーマンスの最高到達点で考える限り、ここもファンスニックの勝ち上がりは堅い。

【準決勝-決勝】

福見-ドゥミトルの対戦は、互いが順行運転であれば福見が圧倒的に有利。 ただしドゥミトルにはベテランらしからぬ「過程を飛ばした一発」を決意する度胸があり、敢えて怖いところを挙げればこれか。大舞台で体が固まり、対応が遅れるようだとまさかの一撃を食う可能性もある。奇襲技に対応しやすいケンカ四つだけに、まずしっかりこちらの手で相手を触り、手堅い組み手争いに持ち込む王道展開を志向したいところだ。捕まえてさえいれば、そうそう事故のある選手ではない。

メネゼス-ファンスニックは予想が難しいが、実はこれまでの試合を見る限りでは、実力の評価が高いメネゼスのほうが柔道がまともで福見にはやりやすいのではないかと見る。いずれも、福見がしっかり釣り手を持ち、これを動かしながら自分の間合いで立てれば勝利の可能性は非常に高い。日本、初日でまず金メダル獲得。最高のシナリオでのスタートを期待したい。



※eJudo携帯版「e柔道」7月27日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.