PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全日本選抜柔道体重別選手権女子マッチレポート 63㎏級、70㎏級、78㎏級、78㎏超級

2012年5月31日


※eJudo携帯版「e柔道」5月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


1      

全日本選抜柔道体重別選手権女子マッチレポート
63㎏級、70㎏級、78㎏級、78㎏超級 1/4


63kg級
上野順恵が手堅い柔道で7度目の優勝
初の五輪代表射止める


120512SB_63_01.jpg
写真:1回戦、
安松晴香が谷本育実を攻める
1回戦でアップセットが2つ。太田晴奈(淑徳大2年)がパリ世界選手権代表の阿部香奈(三井住友海上)にGS延長戦の末内股「有効」で勝利、安松晴香(環太平洋大3年)が昨年選抜体重別2位の谷本育実(コマツ)に終盤の大外刈で見事な一本勝ちを決めた。

昨年決勝を争った実業の強豪2人に若手が勝利、安松はコントロールと具体的な技と完全に相手を圧倒しての勝利で、「上野以後」の勢力図再構成が始まりつつあることを実感させる2試合だった。

120512SB_63_02.jpg
写真:準決勝、上野順恵は
安松晴香を腕挫十字固に仕留める
そんな中決勝に進出したのは上野順恵、田中美衣(了徳寺学園職)の本命2人。

上野は大会オープニングゲームで柿内沙弥香(フォーリーフジャパン)と対戦、開始早々の12秒に左大外刈で「有効」を得ると後は組み手で押し込みながらチャンスをうかがい続け、3分46秒に「指導1」を貰ったものの危なげなく勝利。準決勝の安松晴香戦は伏せた安松に横三角を仕掛け、腕を引っ張り出したところから腕挫十字固に決めて一本勝ち(2:45)、決勝進出を決定した。

120512SB_63_03.jpg
写真:1回戦、田中美衣が得意の
寝技で松本千奈津を攻めるも
取りきれず
東京世界選手権銀メダリストの田中は1回戦で高校選手権王者の松本千奈津(宮崎商高3年)に粘られて苦戦。「指導1」を取り合った末にGS延長戦に縺れ込み、フルタイム戦ってGS僅差3-0の勝利という立ち上がりだった。
準決勝は太田晴奈に粘られたものの、地力で圧倒して1分43秒に「指導」を奪取、淡々と展開を握り続けて狙い通り終盤の4分19秒に「指導」を追加。手堅い試合で決勝へと駒を進めた。

120512SB_63_04.jpg
写真:決勝、序盤は両者慎重。
両袖の展開が増える
決勝は上野、田中ともに左組みの相四つ。

田中開始の声と同時に前に出て釣り手で奥襟を叩くとアクシデントを恐れた上野は展開を利用して崩れ伏せ、田中は待ってましたとばかりに上から被って寝技を選択するが上野のディフェンスが堅く手がかりを得られないまま「待て」。

田中引き手を絞って奥襟を叩くが、二度同じミスは犯せない上野は先んじて左体落を仕掛けて展開を切り、丁寧に引き手を絞って左大外刈を仕掛ける。一方の田中も一方的に釣り手を絞られることを嫌い、意図がカチあって1分半すぎまで組み手はやりなおしの連続。上野パターンを変えてジャンプするように奥襟を叩く構成を2度見せるがこれはいずれも田中が空中でキャッチして組み手はやりなおし。

120512SB_63_05.jpg
写真:上野は田中の腕を差すが、
田中が伏せて逃れ「待て」
2分、両袖の絞りあいから田中が巴投。上野反応鋭くこれに合わせ被るとすかさず膝をパスして上体にアプローチ、回り伏せようとした田中の肘を捕まえる。抑え込みへの移行が十分イメージされる形であったが、しかしここは田中が隙間を見つけて回り伏せて「待て」。

厳しい組み手の主導権争いは続き、2分20秒には両袖の絞りあいから田中が引きずり出すような左内股、だかこれは上野が乗ってこず効果なし。

120512SB_63_06.jpg
写真:上野の引き手一本の技に
田中大きく崩れる
2分32秒、引き手一本を得た上野が反時計回りの支釣込足、田中これに崩れると上野片手のまま大外刈に歩を進めると田中は大きく回り伏せる。
これに好感触を得た上野、田中が奥襟を叩きに来る瞬間にカチ合わせて再び支釣込足を放ち、田中はたまらず崩れ伏せる。続く寝技の展開は田中が上野の腕を脇に抱え込んで耐え切ったが、ここで田中に「指導1」が宣告される。経過時間は3分23秒。

再びお互い引き手を狙って両袖の絞りあい。上野が左体落に潰れて一旦展開は切れるが、続く両袖の展開から上野が田中の引き手を切り、自分のみが引き手を得る形を作る。これを嫌った田中は肘を上げて切り離そうとするが上野はこれを切らせず、田中の動きに乗じて前に押し込む。危険を感じた田中、思わず払巻込の形で一回転、上野に背中を見せてこれを切りながら掛け潰れてしまう。上野の引き手は切れたが、当然ながらこれは偽装攻撃とジャッジされ決定的な2つ目の「指導」が与えられる。経過時間は4分1秒、残り時間は59秒。

120512SB_63_07.jpg
写真:上野が三角で田中の頭を
ロックしたまま終了ブザー
ゴールの見えた上野、再開と同時に左一本背負投崩れの体落で展開を切り、さらに両袖の絞りあい、切れると片襟を差して組み手のパターンを変えながらクロージングを図る。
田中は奥襟を狙い、引き手を押し込んでイチかバチかの接近戦を狙うが上野は田中に浅い位置で袖を与え、田中は持ってしまうことで中間距離の攻防に固定されてバイタルエリアに身を置くことが出来ない。

残り時間僅か、上野が引き手を押し込むと田中これを切ろうとするが上野はこれを切らせずにキープ。苦しくなった田中が払巻込で潰れたところに上野被って三角を狙い、この体勢のままタイムアップ。

「指導2」による優勢勝ちで、上野がこの大会実に7度目となる優勝を決めた。

世界選手権連覇者として研究され続け、さすがにかつてのような圧倒的な勝ち上がりは難しかったが、初の五輪代表がかかるこの状況で万に一つのミスもありえない手堅い試合の組み立てはさすが。決勝は田中との厳しい組み手争いの中で有効打となり得る技を発見するなり連発しての「指導」奪取、厳しい引き手の争いに妥協せずこれを得続けて自身の有利に展開を引きずり込む戦術の徹底振りが光った。3回の世界選手権で3度の決勝進出、2度の優勝という実績は伊達ではない。

強化委員会は当然のように上野を五輪代表に選出。エマヌ(フランス)、ファンエムデン(オランダ)、ゾルニール(スロベニア)ら強豪居並ぶ63kg級であるが「何が何でも金を取りたい」という上野の力強い一言には頼もしさを感じずにいられない。五輪本番での金メダル奪取を祈りたい。

120512SB_63_08.jpg
写真:優勝者インタビューで
笑顔を見せる上野
上野順恵選手のコメント
「絶対に優勝して代表に選ばれたいと思っていたし、結果的に優勝できたのは良かったですがもっと練習してきたことを出したかった。内容は残念。この試合は通過点なので、今日の悔しい内容を思い出して練習して、オリンピックでは死ぬ気で金メダルを狙いたいです。何が何でも金メダルを獲ります」

【入賞者】
優勝:上野順恵(三井住友海上)
準優勝:田中美衣(了徳寺学園職)

【1回戦】
上野順恵(三井住友海上)◯優勢[有効・体落]△柿内沙弥香(フォーリーフジャパン)
田中美衣(了徳寺学園職)◯GS僅差3-0△松本千奈津(宮崎商高3年)
安松春香(環太平洋大3年)◯大外刈(4:45)△谷本育実(コマツ)
太田晴奈(淑徳大2年)◯GS有効・内股(GS1:15)△阿部香奈(三井住友海上)

【準決勝】
上野順恵○腕挫十字固(2:45)△安松春香
田中美衣○優勢[指導2]△太田晴奈 #柔道

【決勝】
上野順恵◯優勢[指導2]△田中美衣

次へ

1      



※eJudo携帯版「e柔道」5月14日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.