PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

春日柔道クラブが初優勝、朝飛道場の5連覇ならず 全国少年柔道大会

2012年5月18日


※eJudo携帯版「e柔道」5月5日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


春日柔道クラブが初優勝、朝飛道場の5連覇ならず
全国少年柔道大会


120505zenshou_news1.jpg
写真:初優勝を果たした
春日柔道クラブチーム
少年柔道日本一を争う全国少年柔道大会が5日、講道館で行われ、5人制(5年・5年・6年・6年・6年・6年)で行われる団体戦で春日柔道クラブ(東京)が初優勝を果たした。

今大会優勝候補筆頭と目された春日柔道クラブは序盤の山場と目された2回戦の姫路中央柔道教室(兵庫)戦で、次鋒藤永龍太郎が昨年4年生で個人戦5年生の部日本一の毛利允弥に払腰で一本勝ちするなど相手を圧倒。この試合を5-0で勝利して勢いに乗り、準決勝も強豪つくばユナイテッド柔道(茨城)を3-0で一蹴して決勝進出。
決勝は前人未到の5連覇を狙う朝飛道場(神奈川)と対戦、この試合は5人全員が引き分けという熱戦だったが、抽選によって次鋒戦の再現となった代表戦で藤永龍太郎が秦七伎から払巻込で「技有」を奪取。悲願の初優勝を果たした。

向井幹博監督は「今年は良い選手が揃い、穴のないチームが出来て、十分やれるという手ごたえがありました。毎年この時期は講道館の行事が多く稽古が手薄になるのですが、自分たちで考えてよくやってくれた」と感無量の様子。「藤永は安定した選手。代表戦は勝てると確信していた」と試合を振り返っていた。

一方、惜しくも準優勝に終わった朝飛道場・朝飛大監督は「とにかくすごくいい試合だった。力量は向こうがだいぶ上だと思っていたが、やってみたら結構出来たという試合。面白かった、これに尽きます」とコメント。全国大会決勝という大舞台で引かずに戦いあった選手の健闘を称えていた。

3位にはつくばユナイテッド柔道と、脩柔舘(福岡)が入賞した。
入賞チームと準々決勝以降のスコア、決勝のスコア詳細は下記。

【入賞チーム】
優勝:春日柔道クラブ(東京)
準優勝:朝飛道場(神奈川)
第3位:つくばユナイテッド柔道(茨城)、脩柔舘(福岡)
敢闘賞:福岡道場(岡山)、剛柔館藤田道場(青森)、羽島柔道少年団(岐阜)、鶴来坂田道場(石川)

【準々決勝】
朝飛道場 4-1 福岡道場
春日柔道クラブ 2-1 羽島柔道少年団
つくばユナイテッド柔道 4-1 鶴来坂田道場
脩柔舘 3-1 剛柔館藤田道場

【準決勝】
春日柔道クラブ 3-0 つくばユナイテッド柔道
朝飛道場 3-1 脩柔舘

【決勝】
春日柔道クラブ 0代-0 朝飛道場
(先)グリーン・カラニ・海斗×引分×朝飛真実
(次)藤永龍太郎×引分×秦七伎
(中)西願寺哲平×引分×長友優樹
(副)高橋瑠璃×引分×藤鷹裕大
(大)今田光星×引分×賀持喜道
(代)藤永龍太郎○優勢[技有・払巻込]△秦七伎

※マッチレポートは続報します。携帯版では掲載中!!




※eJudo携帯版「e柔道」5月5日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.