PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

高校1年生の朝比奈沙羅、初出場で3位入賞 皇后盃全日本女子柔道選手権

2012年4月19日


※eJudo携帯版「e柔道」4月15日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


高校1年生の朝比奈沙羅、初出場で3位入賞
皇后盃全日本女子柔道選手権


120415kougou_news_3.jpg
写真:準々決勝、朝比奈沙羅が
烏帽子美久から小外掛で「技有」を奪う
昨年の世界カデ選手権70kg級王者、今春高校に入学したばかりの朝比奈沙羅(渋谷教育学園渋谷高校1年)が3位入賞の大健闘で会場を沸かせた。

「一本を獲る柔道が目標」という朝比奈はその言葉の通り2回戦で清水真琴(松山東雲女子大4年)から払腰、3回戦は柴田まどか(新潟県警)から崩上四方固、そして準々決勝では東京地区予選1位の烏帽子美久(東海大3年)から「指導3」と小外掛「技有」を奪っての総合勝ちと3つの「一本」で堂々の準決勝進出。優勝した山部佳苗に一本負けはしたものの、まだ15歳の朝比奈の堂々たる戦いぶりには園田隆二・全日本女子監督も「ジュニアに置かずにシニア強化選手に上げたのは正解だった。大きくてもあれだけ技が出せるのは大したもの」と手放しの高評価。本人も「自分の力を出し切れば強いということがわかった」と自信を深めた様子だった。

※詳しい試合内容、選手のコメントは携帯版で速報中!PC版でも近日掲載予定!




※eJudo携帯版「e柔道」4月15日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.