PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

ベイカーの連勝で決着!混戦制して東海大浦安高が初優勝
全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦

2012年3月27日


※eJudo携帯版「e柔道」3月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


ベイカーの連勝で決着!混戦制して東海大浦安高が初優勝
全国高等学校柔道選手権大会男子団体戦


120319senshuken_news6.jpg
写真:男子団体決勝
大将同士の対決でベイカー茉秋が隅落「一本」
全国高等学校柔道選手権大会は20日、日本武道館で最終日の男女団体戦が行われた。

稀に見る混戦となった男子団体戦は準々決勝で第1シードの国士舘高(東京)が敗れる波乱の展開。結果、前評判の高かった第2シードの東海大浦安高(千葉)が決勝で桐蔭学園高(神奈川)を破って初優勝を飾った。

決勝はエースのベイカー茉秋を大将に置く万全の布陣。取って取られての展開となったが「相手が何人でもベイカーが全員抜くと思っていた」との竹内徹監督の信頼にベイカーが応え、桐蔭学園の副将竹内信康からまず大外巻込で一本勝ち、さらに大将戦のエース対決で山本幸紀の左小外刈に鋭く反応、これを透かして浴びせ「ると主審は迷わず「一本。」を宣告。連続一本勝ちで見事大会初優勝を決めた。

就任20年目で全国大会初制覇を成し遂げた竹内監督は目に涙を浮かべて本当に嬉しそう。チームは「悪ガキ軍団」とでも言うべきふてぶてしい試合ぶりで優勝候補に挙げられるようになったが、この日は緊張のせいか序盤からやや慎重な試合運び。大苦戦した3回戦の日体荏原高(東京)戦の後は「なぜ指導を取られるんだ!攻めて攻めてお祭り気分でやるのがお前らの柔道だろう!」と選手を叱咤。選手を奮起させて一気に頂点まで駆け上がった。

3位には東海大相模高(神奈川)と、国士舘高を破った天理高(奈良)が入賞。ベスト8には国士舘高、大牟田高(福岡)、四日市中央工高(三重)、小杉高(富山)が入った。

準々決勝以降のスコアと決勝の結果詳細は下記。

■準々決勝
天理高(奈良)◯代表戦△国士舘高(東京)
桐蔭学園高(神奈川)◯1人残△大牟田高(福岡)
東海大浦安高(千葉)◯3人残△四日市中央工高(三重)
東海大相模高(神奈川)◯4人残△小杉高(富山)

■準決勝
桐蔭学園高○2人残△天理高
東海大浦安高○1人残△東海大相模高

■決勝
東海大浦安高○1人残△桐蔭学園高
(先)女良魁人×引分×渡部達也(先)
(次)石神大志△優勢[指導2]○岡田敏武(次)
(中)ウルフアロン○優勢[指導2]△岡田敏武(次)
(中)ウルフアロン×引分×藤井靖剛(中)
(副)鎌田嵩平△背負投○竹内信康(副)
(大)ベイカー茉秋○大外巻込(3:00)△竹内信康(副)
(大)ベイカー茉秋○隅落(2:14)△山本幸紀(大)


※団体戦マッチレポートは携帯版に掲載中!



※eJudo携帯版「e柔道」3月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.