PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

山本杏らシード選手が順当に強さ見せる、無差別は橋本朱未が優勝
全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦

2012年3月27日


※eJudo携帯版「e柔道」3月19日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


山本杏らシード選手が順当に強さ見せる、無差別は橋本朱未が優勝
全国高等学校柔道選手権大会女子個人戦


120319senshuken_news5-1.jpg
写真:63kg級決勝、松本千奈津が
津金恵から大外刈「有効」を奪う
19日、全国高等学校柔道選手権大会が東京・日本武道館で開幕。
初日には男女それぞれ5階級の個人戦が行われた。

52kg級では第1シードの岡本理帆(藤枝順心高)が見事優勝。決勝では同じ48kg級のインターハイ王者山田樹(宮崎商高)を組み手の力強さとスピードで圧倒、僅差3-0で破って勝利を決めた。「1回負けているのでどうしても勝ちたかった。」と、48kg級講道館杯3位、すでに国際大会でも優勝している岡本が地力と意地を見せつけた優勝だった。

57kg級は第1シード、すでにシニア国際大会のステージで大活躍している山本杏(桐蔭学園高)が優勝。決勝は「一本」こそ奪えなかったが、第2シードの芳田司(敬愛高)にほとんど何もさせず、左一本背負投の形からの小内刈「有効」、片襟を握りながらの左大内刈「有効」と2つのポイントを奪っての圧勝だった。「勝って当たり前と思われているかもしれないが、勝負に絶対はない。最後まで集中してやれたのが収穫だった」と、コメントには意識の高さがにじんだ。

63kg級も第1シードと第2シードが頂上対決。松本千奈津(宮崎商高)が津金恵(松商学園高)を大外刈「有効」で下して優勝した。引き手を織り込んで相手の逆らいようがない形を作っての技で、さすがの津金も逃れる暇がなかった。

70kg級は決勝で番狂わせ。第2シードの村山のどか(市立沼津)がジュニア王者長内香月(高岡龍谷高)を相手に攻め込まれながらもみ組際に小外掛を引っ掛けるとそのま体をコントロール、真裏に叩き落して谷落「一本」、見事優勝を果たした。村山は「3位になれればいいなと思って試合に臨んだ。柔道は高校までと思っていたのでいまのところ先の目標もないです」と飄々としていたが、コメントとは裏腹な執念深い攻撃、抜群のスタミナとパワーは他を圧していた。

無差別は最大の山場である準決勝で、梅木真美(阿蘇中央高)を僅差で破った橋本朱未(淑徳高)が初栄冠を獲得。決勝は第1シードの藤原恵美(大成高)をGS延長戦「指導2」で下しての勝利だった。「内容がまだまだ。準決勝は向こうに旗があがってもおかしくない試合だった」と相変わらず自分に厳しい橋本、今年の目標を問われると「インターハイ個人戦と団体戦の優勝」と語り、負傷離脱中の同僚・田代未来への期待と気遣いを見せていた。

各階級の順位と決勝結果は下記。

120319senshuken_news5-2.jpg
写真:70kg級決勝、村山のどかが
ジュニア王者長内香月を谷落で叩きつけ「一本」
■52kg級
優勝:岡本理帆(藤枝順心高)
準優勝:山田樹(宮崎商高)
第3位:飯塚貴恵(阿蘇中央高)、鶴岡来雪(新田高)

決勝
岡本理帆○GS僅差3-0△山田樹

■57kg級
優勝:山本杏(桐蔭学園高)
準優勝:芳田司(敬愛)
第3位:平岩亜扇(同朋)、原田千賀子(夙川学院)

決勝
山本杏○優勢[有効・大内刈]△芳田司

■63kg級
優勝:松本千奈津(宮崎商高)
準優勝:津金恵(松商学園高)
第3位:森田朝子(京都学園高)、安沙好(埼玉栄)

決勝
松本千奈津○優勢[有効・大外刈]△津金恵

■70kg級
優勝:村山のどか(市立沼津高)
準優勝:長内香月(高岡龍谷高)
第3位:佐俣優依(三浦学苑高)、山中英林加(奈良育英高)

決勝
村山のどか○谷落△長内香月

■無差別
優勝:橋本朱未(淑徳高)
準優勝:藤原恵美(大成高)
第3位:滝川真央(富士市立高)、梅木真美(阿蘇中央高)

決勝
橋本朱未○GS指導2△藤原恵美


※個人戦マッチレポートは携帯版で掲載中!



※eJudo携帯版「e柔道」3月19日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.