PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

皇后盃全日本女子選手権大会地区予選結果

2012年3月26日


※eJudo携帯版「e柔道」3月5~7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


皇后盃全日本女子選手権大会地区予選結果 1/2

田知本愛がオール一本で優勝、2位は山部佳苗
皇后盃全日本女子選手権大会関東予選結果


120326yosenw1.jpg
写真:優勝の田知本愛
※写真は23年皇后盃時
体重無差別で行われる皇后盃全日本女子柔道選手権大会の関東予選を兼ねる関東女子柔道選手権大会が4日、栃木県武道館(宇都宮市)で各県代表の49名が参加して行われ田知本愛(神奈川・ALSOK)が優勝を飾った。

昨年皇后盃本大会で優勝候補に挙げられながら一回戦敗退の苦渋を味わった田知本は今大会は充実の内容。全試合「一本」で勝ち上がった決勝戦では山部佳苗(山梨・山梨学院大)を払腰「一本」に屠り去り圧勝で優勝を決めた。

入賞者、本大会進出者、準々決勝以降の結果、敗者復活戦(代表決定トーナメント)の結果は下記。

【順位】
優勝:田知本愛(神奈川・ALSOK)
準優勝:山部佳苗(山梨・山梨学院大)
第三位:谷口亜弥(千葉・了徳寺学園職)
第四位:立山真衣(神奈川・フォーリーフジャパン)
第五位:濱田尚里(山梨・山梨学院大)
第五位:池田ひとみ(埼玉・自衛隊体育学校)
第七位:柴野亜希(栃木・北関東総合警備保障)
第八位:川戸郁香(埼玉・淑徳大)
※1位から7位の7名が本大会に進出、8位は補欠

120326yosenw2.jpg
写真:準優勝の山部佳苗
※写真は23年皇后盃時
【準々決勝】
谷口亜弥(千葉)○腕挫十字固△西村美咲(神奈川)
田知本愛(神奈川)○出足払△濱田尚里(山梨)
山部佳苗(山梨)○送襟絞△柴野亜希(栃木)
立山真衣(神奈川)○横四方固△池田ひとみ(埼玉)

【準決勝】
田知本愛○崩袈裟固△谷口亜弥
山部佳苗○棄権△立山真衣

【決勝】
田知本愛○払腰△山部佳苗

【敗者復活1回戦】 ※敗者復活戦は準決勝進出者に敗退した選手が出場
川戸郁香○優勢[僅差3-0]△小林優希(茨城)

【敗者復活2回戦】
井坂希望(千葉)○優勢[僅差2-1]△松延祐里(茨城)
高橋千尋(千葉)○優勢[僅差3-0]△下田美紗季
佐藤みのり(埼玉)○優勢[技有]△町純香(山梨)

【敗者復活3回戦】
川戸郁香○優勢[指導2]△西村美咲
濱田尚里○横四方固△井坂希望
柴野亜希○優勢[指導2]△高橋千尋
池田ひとみ○小内刈△佐藤みのり

【5位決定戦】
濱田尚里○横四方固△川戸郁香
池田ひとみ○支釣込足△柴野亜希

【7位決定戦】
柴野亜希○小外掛△川戸郁香


高校1年生の津金恵が優勝
皇后盃全日本女子柔道選手権大会北信越地区予選結果


120326yosenw3.jpg
写真:優勝の津金恵
※写真は23年インターハイ時
北信越女子柔道選手権大会は4日、福井県立武道館(福井市)で行われ、63kg級インターハイ2位の高校1年生、津金恵(長野・松商学園高)が優勝を飾った。津金は予選リーグから決勝リーグまでの全6試合を全て一本勝ちの圧勝。
2位は柴田まどか(新潟・新潟県警)。同地区からは津金、柴田の2人が皇后盃全日本女子柔道選手権大会(4月15日・横浜文化体育館)に進出する。
インターハイで津金に勝利して優勝している佐野賀世子(富山・高岡龍谷高)は予選リーグで3勝をあげたが柴田に「有効」で敗れて決勝リーグ進出はならなかった。

大会結果は下記。

【予選リーグ順位】

[Dリーグ]
谷内美希(石川) 3勝1敗
佐藤糸織(新潟) 2勝2敗(一本勝ち2)
金澤智恵(富山) 2勝2敗(一本勝ち1)
諏訪部真夕(長野) 2勝2敗(一本勝ち0)
宗石茉子(福井) 1勝3敗

[Eリーグ]
津金恵(長野) 4勝0敗
小木曽圭希(石川) 3勝1敗
宮野法子(富山) 2勝2敗
五十嵐恵理(新潟) 1勝3敗
岩越千佳(福井) 0勝4敗

[Fリーグ]
柴田まどか(新潟) 3勝1敗(一本勝ち2)
佐野賀世子(富山) 3勝1敗(一本勝ち2)
本野美樹(石川) 2勝2敗(一本勝ち1)
宮川史帆(長野) 2勝2敗(一本勝ち0)
仲安あかり(福井) 0勝4敗

【決勝リーグ順位・結果】

[決勝リーグ]
津金恵(長野・松商学園高) 2勝0敗
柴田まどか(新潟・新潟県警) 1勝1敗
谷内美希(石川・金沢学院東高) 0勝2敗
※津金、柴田が皇后盃全日本女子柔道選手権大会進出

柴田まどか○優勢[有効]△谷内美希
津金恵○横四方固△柴田まどか
津金恵○横四方固△谷内美希


市橋寿々華が橋口ななみを破って初優勝
皇后盃全日本女子柔道選手権大会近畿地区予選結果


120326yosenw4.jpg
写真:優勝の市橋寿々華
※写真は23年皇后杯時
皇后盃全日本女子柔道選手権大会(4月15日・横浜文化体育館)の近畿地区予選を兼ねる近畿女子柔道選手権大会が4日、奈良市中央第二武道場(奈良市)で各府県の代表計48人が参加して行われた。

決勝は市橋寿々華(大阪・大阪府警察)と橋口ななみ(大阪・近畿大)の優勝候補同士の対決。市橋が「指導2」の優勢で勝利して初優勝を決めた。3位には70kg級のホープ大野陽子(京都・立命館大)と中西優美(京都・龍谷クラブ)が入賞、皇后盃進出最後1枠となる五位には決定戦を勝ち上がった穴井さやか(大阪・ミキハウス)が滑り込んだ。

順位、皇后盃進出者、3回戦以降の結果詳細は下記。

【順位】
優勝:市橋寿々華(大阪)
準優勝:橋口ななみ(大阪)
第三位:大野陽子(京都)
第三位:中西優美(京都)
第五位:穴井さやか(大阪)
第六位:佐藤愛(奈良)
※1位から5位の5名が本大会に進出、6位は補欠

【3回戦】
大野陽子(京都)○内股(2:23)△吉澤楓(奈良)
穴井さやか(大阪)○払腰(0:42)△荒巻有可里(兵庫)
原田千賀子(兵庫)○優勢[僅差]△松田奈々(奈良)
市橋寿々華(大阪)○優勢[有効]△大川愛(奈良)
櫻井悠香(兵庫)○内股(5:39)△小寺慶子(京都)
中西優美○優勢[僅差]△山本美樹(兵庫)
佐藤愛(奈良)○崩袈裟固(5:10)△小島ひかる(滋賀)
橋口ななみ(大阪)○内股(2:18)△坂巻知春(兵庫)

【準々決勝】
大野陽子○優勢[僅差]△穴井さやか
市橋寿々華○合技(1:13)△原田千賀子
中西優美○優勢[有効]△櫻井悠香
橋口ななみ○払腰(1:46)△佐藤愛

【準決勝】
市橋寿々華○大外刈(3:46)△大野陽子
橋口ななみ○優勢[指導2]△中西優美

【決勝】
市橋寿々華○優勢[指導2]△橋口ななみ

【全日本出場決定戦・1回戦】
穴井さやか○大外刈(1:11)△原田千賀子
佐藤愛○優勢[有効]△櫻井悠香

【全日本出場決定戦】
穴井さやか○優勢[僅差]△佐藤愛

菊池舞美が優勝、仙台大勢が上位独占
皇后盃全日本女子柔道選手権大会東北地区予選結果


120326yosenw5.jpg
写真:優勝の菊池舞美
※写真は23年全日本学生柔道優勝大会時
皇后盃全日本女子柔道選手権大会(4月15日・横浜文化体育館)の東北地区予選を兼ねる東北女子柔道選手権大会が4日、青森市民体育館(青森市)で行われ、仙台大所属の菊池舞美が優勝した。

仙台大勢は1位から3位を独占。準優勝の渡邉悠季を加えた2人が皇后盃本大会に進出する。

順位、全日本選手権出場者、試合結果詳細は下記。

【順位】
優勝 菊池舞美(宮城・仙台大)
準優勝 渡邉悠季(宮城・仙台大)
第三位 宮岡亜樹(宮城・仙台大)
※1位の菊池と2位の渡邉が全日本選手権進出

【1回戦】
一戸美紅(青森)○上四方固(3:15)△杉本瑛美(福島)
星川志穂(山形)○合技(2:46)△及川まどか(岩手)
渡邉悠季(宮城)○払腰(1:21)△佐藤愛(秋田)
志賀成美(福島)○横四方固(4:54)△保科綾香(山形)
宮岡亜樹(宮城)○払腰(1:45)△浅水結絵(青森)
佐々木碧衣(岩手)○小外刈(5:03)△齊藤香那美(秋田)

【2回戦】
杉本瑛美○袈裟固(4:23)△三戸千明(秋田)
菊池舞美(宮城)○腕挫十字固(3:53)△後藤亜衣季(山形)
渡邉悠季○優勢[有効]△向後圭実(岩手)
志賀成美○内股(2:41)△藤澤沙也加(青森)
宮岡亜樹○払腰(4:05)△後藤亜衣季(山形)
高橋夏生○送襟絞(4:41)△佐々木碧衣

【準決勝】
菊池舞美○上四方固(4:14)△杉本瑛美
渡邉悠季○送襟絞(5:21)△志賀成美
宮岡亜樹○優勢[僅差]△高橋夏生

【決勝リーグ】
菊池舞美○小外刈(4:36)△渡邉悠季
渡邉悠季○優勢[技有]△宮岡亜樹
菊池舞美○大外刈(4:48)△宮岡亜樹


藤原恵美、滝川真央の高校生2人が皇后盃進出
皇后盃全日本女子柔道選手権大会東海地区予選結果


120326yosenw6.jpg
写真:優勝の藤原恵美
※写真は23年インターハイ
皇后盃全日本女子柔道選手権(4月15日・横浜文化体育館)の東海地区予選である東海女子柔道選手権大会が4日、鈴鹿市武道館(鈴鹿市)で行われ、11年インターハイ78kg超級2位の高校生・藤原恵美(愛知・大成高)が優勝した。2位には滝川真央(静岡・富士市立高)が入り、同地区からは高校生2人が皇后盃本戦に送り込まれることとなった。

順位、皇后盃本戦出場者、試合結果は下記。

【順位】
優勝 藤原恵美(愛知・大成高)
準優勝 滝川真央(静岡・富士市立高)
第三位 炭竈仁美(岐阜・名城大)
第四位 村山のどか(静岡・市立沼津高)
※1位の藤原と2位の滝川が全日本選手権進出

【予選リーグ順位】

[Aリーグ]
炭竈仁美(岐阜) 3勝0敗(一本勝ち2)
村山のどか(静岡) 2勝1敗(一本勝ち1)
岩澤胡桃(愛知) 1勝2敗(一本勝ち1)
小林未来(三重) 0勝3敗

[Bリーグ]
藤原恵美(愛知) 3勝0敗(一本勝ち2)
滝川真央(静岡) 2勝1敗(一本勝ち1)
渡部紫織(岐阜) 1勝2敗(一本勝ち1)
松本知浩(三重) 0勝3敗

【決勝リーグ結果】
藤原恵美 3勝0敗(一本勝ち2)
滝川真央 2勝1敗(一本勝ち0)
炭竈仁美 1勝2敗(一本勝ち0)
村山のどか 0勝3敗(一本勝ち0)

炭竈仁美○優勢[有効]△村山のどか
藤原恵美○一本△滝川真央
滝川真央○優勢[僅差]△村山のどか
藤原恵美○一本△炭竈仁美
藤原恵美○一本△村山のどか
滝川真央○一本△炭竈仁美


次へ




※eJudo携帯版「e柔道」3月5~7日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.