PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

【ROAD TO 高校選手権】国士舘高が日体荏原高降して優勝、第3代表は足立学園高
全国高等学校柔道選手権東京都予選

2012年2月6日


※eJudo携帯版「e柔道」1月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


国士舘高が日体荏原高降して優勝、第3代表は足立学園高
全国高等学校柔道選手権東京都予選


120129-06_danshi.jpg
写真:男子決勝、国士舘高副将の砂田勇登が
払巻込「一本」で勝負を決める
全国高等学校柔道選手権大会(3月19日~20日・日本武道館)の東京都団体戦の予選が29日、講道館(東京都)で行われ、現在高校カテゴリの全国大会5連覇中の国士舘高が決勝で日体荏原高を破って優勝、今期も全国大会に名乗りを挙げた。

決勝は先鋒横田雄斗が渕原槙一を相手に左小外刈で「有効」を失う波乱の出だし。しかしこの試合は横田が持ち前の勝負強さを見せつけ逆転の右大内刈「一本」で勝利。以後の3試合は引き分け、最後は副将の砂田勇登が日体荏原の大将・岡田希を相手に右大内刈「技有」、右払巻込「一本」と気合の入った柔道で勝利。2人残しで優勝を決めた。

岩渕公一・国士舘高監督は「取るべきところで取れたこともあり、優勝という結果自体は良かった。ただ、内容的にはどうなるかわからなかった試合。」と、先鋒戦で僅かな時間ながら先行を許したこともあり、試合内容には不満が残る様子。全国大会に向けての強化ポイントを問われると「全体層を上げることと、寝技が使えるようになること、それにスタミナとしぶとさ」とすかさず列挙。江畑丈夫、田崎健祐など投技の切れ味が売りの選手もいる中で、敢えて「国士舘らしさ」の強化を課題に上げ、全国大会に向けて気合を入れなおしていた。

東京都の全国大会進出枠は3つ。(2枠プラス前回大会決勝進出地区に付与される1枠)。国士舘高、日体荏原高に続く注目の第3代表の座は、修徳高を一人残しで破った足立学園高が勝ち取った。

女子は帝京高が優勝。準決勝で田代未来を欠く淑徳高を2-1で破り、決勝は修徳高を1-0で降して全国大会進出を決めた。
昨夏の金鷲旗高校大会で左膝靭帯断裂の大怪我を負った10年世界ジュニア63kg級王者の田代未来(淑徳高)は出場しなかった。

120129-01_kokushikan.jpg
写真:男子優勝の国士舘高
■男子

【入賞校】
優勝:国士舘高
準優勝:日体荏原高
第3位:足立学園高
第4位:修徳高

【準決勝】
国士舘高○2人残△安田学園高
(先)田崎×引分×山崎(先)
(次)吉良×引分×揚原(次)
(中)宮川○袖釣込腰△山下(中)
(中)宮川×引分×横田(副)
(副)砂田○上四方固△佐藤(大)
(大)江畑○

120129-02_nittai.jpg
写真:男子2位の日体荏原高
日体荏原高○2人残△修徳高
(先)岡田○優勢[技有]△松岡(先)
(先)岡田×引分×佐藤(次)
(次)渕原×引分×岡村(中)
(中)嶌田○優勢[指導2]△山崎(副)
(中)嶌田△優勢[技有]○豊澤(大)
(副)松村○小外刈△豊澤(大)
(大)長谷河

【第3代表決定戦】
足立学園○1人残△修徳高
(先)竹中英士○優勢[指導2]△松岡晟司(先)
(先)竹中英士×引分×豊澤克真(次)
(次)秋元浩樹×引分×山崎諒(中)
(中))篠岡慶昴×引分×貝守武(副)
(副)桑崎涼輔×引分×岡村直哉(大)
(大)太田凌平

120129-03_adachi.jpg
写真:男子3位の足立学園高
【決勝】
国士舘高○2人残△日体荏原高
(先)横田雄斗○大内刈△渕原槙一(先)
(先)横田雄斗×引分×長谷河雅也(次)
(次)田崎健祐×引分×嶌田勝斗(中)
(中)宮川嘉軌×引分×松村翼(副)
(副)砂田勇登○払巻込△岡田希(大)
(大)江畑丈夫

岩渕公一・国士舘高監督のコメント
「取るべきところを取って勝ったということで、結果自体はある程度評価できます。ただ、一歩間違えばどうなるかわからないという試合もありましたし、内容的には課題が残ります。決勝も先鋒戦で先制されて、もしあのまま落としてしまえば大将戦までもつれこむ可能性もありました。こちらが取るだけでなく、相手に取らせない試合ができるようにならなければいけない。全国大会に向けてキーマンを挙げるとすれば冬になってグンと伸びてきた横田ですが、ここに来て砂田が良くなってきたのが好材料ですね。体重も一気に増えましたし、個人戦で負けて開き直ってから、グンと一段強くなりました。この先の課題は全体層を上げること、寝技を使えるようになること、そしてしぶとさ、スタミナ。立技が切れる選手はいるんですが、うちらしさをしっかり上積みして選手権に望みたいと思います」

120129-09_jyoshi.jpg
写真:女子決勝、帝京中堅の
伊勢崎詩乃が大畑柚香を攻め込む
■女子

【入賞校】
優勝:帝京高
準優勝:修徳高
第3位:淑徳高、駒場高

【準決勝】
帝京高 2-1 淑徳高
(先)中村○優勢[有効]△金子
(中)伊勢崎○払腰△高澤
(大)森田△払腰○橋本

120129-04_teikyo.jpg
写真:女子優勝の帝京高
修徳高 3-0 駒場高
(先)義村○優勢[技有]△冨永
(中)大畑○横四方固△渡邉
(大)小向○袈裟固△高橋

【決勝】
帝京高 1-0 修徳高
(先)中村くるみ×引分×義村真由
(中)伊勢崎詩乃○優勢[有効]△大畑柚香
(大)商瑠羽×引分×小向桃江




※eJudo携帯版「e柔道」1月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.