PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

超級の救世主なるか!石井竜太が圧勝で初優勝飾る
講道館杯全日本体重別選手権男子第1日

2011年11月28日



※eJudo携帯版「e柔道」11月12日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


超級の救世主なるか!石井竜太が圧勝で初優勝飾る
講道館杯全日本体重別選手権男子第1日


11年11月12日講道館杯全日本体重別選手権男子第1日・100㎏超級・準々決勝・石井竜太-高井洋平
写真:準々決勝、石井竜太は強敵高井洋平を
フェイントの小外掛「一本」に仕留める
講道館杯全日本体重別選手権大会は11月12日、千葉ポートアリーナ(千葉市)で開幕。この日は男子4階級、女子3階級の競技が行われた。

このうち男子100kg超級では8月の全日本実業個人選手権を制した石井竜太(日本中央競馬会)が規格外と言っていい力を披露。準々決勝で高井洋平(旭化成)を小外掛、準決勝では東京世界選手権無差別銅メダリストの立山広喜(日本中央競馬会)を豪快な大外刈で畳に叩き付けオール「一本」で決勝進出。決勝では後の先の技を狙う棟田康幸(警視庁)を組み手で追い詰め、得意の大外刈一閃。裏投を狙う棟田をその体勢のまま真裏に刈り落として「技有」を奪取、見事初優勝を飾った。

所属の賀持道明監督が戦前「ウエイトトレーニングをしっかり積んで今期だけで15kg増量した。今日は大丈夫」と自信満々に語った通りのパワフル柔道。枝葉の技術を埋めるだけではなく、石井の特徴である思い切った攻撃が最大限に生きる形でのレベルアップは見事の一言、今後にも大いに期待を抱かせる内容だった。

既報の通り、上川大樹(明治大4年)は初戦で岩尾敬太(国士舘大3年)に敗れた。
100kg級は羽賀龍之介(東海大2年)が強敵・増渕樹(旭化成)を内股「技有」で破り大会2連覇。
90kg級は西山将士(新日本製鐵)が加藤博剛(千葉県警)を破ってなんと4連覇を達成。
81kg級は長島啓太(日本中央競馬会)が川上智弘(國學院大4年)とのスピード対決をGS延長戦の末に破り、初優勝を飾っている。

マッチレポートはこちらから→講道館杯全日本体重別選手権マッチレポート 初日男子






※eJudo携帯版「e柔道」11月12日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.