PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

日整全国少年柔道大会マッチレポート

2011年11月1日


※eJudo携帯版「e柔道」10月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


日整全国少年柔道大会マッチレポート
1/3


1回戦~3回戦

11年10月10第20回日整全国少年柔道大会・開会式
写真:開会式、昨年優勝の神奈川の
副将・織茂友多郎による選手宣誓
都道府県別対抗の5人制団体戦(4年・5年・5年・6年・6年)で少年柔道日本一を競う第20回日整全国少年柔道大会は2011年10月10日、講道館で開催された。

昨年度優勝の神奈川を筆頭に優勝候補は兵庫、茨城、東京A、大阪。これに大分、福岡、三重らが有力候補として絡むという構図。

前半戦の注目対決は2回戦、全国少年大会3位のミキハウス少年柔道教室を主体にチームを組んだ大阪と、次鋒に全国少年大会個人戦2位の村尾三四郎、副将にスポーツひのまるキッズ関東大会無差別王者の長島光希、大将に93kgの飛田歩夢と大駒3枚を配した茨城県の対戦。ともにベスト4以上の力を持つ両チームの激突だ。

11年10月10第20回日整全国少年柔道大会・2回戦・大阪
写真:2回戦、
大阪の先鋒・斉藤立が大外刈で一本勝ち
茨城 3-1 大阪
(先)藤井俊輔△大外刈○斉藤立
(次)村尾三四郎○内股△日野山剛
(中)酒井陸○優勢[指導2]○伊藤大輔
(副)長島光希○優勢[技有・出足払]△東部直希
(大)飛田歩夢×引分×山本瑛介

前半戦は大阪先鋒の斉藤立が相手を無理やり引きずり立たせるような大外刈で「一本」、一方茨城次鋒の村尾三四郎も1分かからずに鋭い内股「一本」で勝利しともにここしかないという得点ポジションでしっかり仕事を果たしタイスコア。
ともに副将、大将に得点源を配する両チーム、中堅戦が大きな勝負どころとなった。
茨城・酒井が右、大阪・伊藤は左組みのケンカ四つ。酒井は164cm、84kg、伊藤は148cmながら75kgという大型対決。

11年10月10第20回日整全国少年柔道大会・2回戦・茨城の中堅
写真:2回戦、茨城の中堅・酒井陸は3分通じて
攻撃の手を緩めず「指導2」を奪取
ともに攻めにはリスクの伴うこの顔合わせだが、酒井は開始早々に思い切った右払腰で伊藤を横倒しに。以後酒井の技はほとんどが掛けつぶれるが最初の一発の印象が強すぎたか伊藤はほとんど技が出ず酒井のみが右払腰に払巻込を放ち続ける一方的な展開。偽装攻撃という見方も成り立つ技も多かったがあまりの手数の差に主審は残り5秒でついに伊藤に「指導2」を宣告。茨城が貴重な1点を勝ち越した。

これに勢いを得たか、副将戦のポイントゲッター対決は茨城の長島が一方的に攻め31秒で「指導1」を奪取。さらに長島は残り1分、後がなくなった東部が組み際に前に出る一瞬を見逃さずに鋭い出足払で「技有」を奪取。東部に取り返す力は残っておらず、茨城が中盤の3連勝で3-1の圧勝、あっさりこの強豪対決を切り抜けて3回戦に進出した。中堅戦、疲労の中でもあくまで先手の攻撃を止めずに1点をもぎ取った酒井の頑張りが光る試合だった。

11年10月10第20回日整全国少年柔道大会・2回戦・山口
写真:2回戦、山口の大将・和泉川武蔵が
福岡のエース・荒木海人の攻めをしのぐ
ほか、有力候補と目されたチームはほぼ順当に3回戦までを切り抜けベスト8に進出したが、福岡は2回戦で敗退。

福岡は9月の全日本選抜少年大会を圧倒的な強さで制した東福岡柔道教室が単独チームで参加。今期得点源となった6年生3人のうち津嘉山崇、荒木海人の2人を起用して臨んだが先鋒、次鋒が機能し切れず戦力的にハッキリ苦しい戦い。
初戦の山梨戦は中堅以降の3連勝で3-1となんとか切り抜けたが、2回戦の山口戦は先鋒が一本負け、次鋒が「指導2」による優勢で連続2点を失う苦しい立ち上がり。副将津嘉山が内股「有効」の優勢で勝利、さらに大将荒木も山口の和泉川を猛然と攻めたてたが、大外返による「有効」のみのまま終盤を迎える苦しい展開。最後は縦四方固に足を絡めて食いつく和泉川を突き放して横四方固に抑え込み、なんとか代表戦に持ち込んだかと思われたが、和泉川が16秒で逃れてしのぎ切り、「待て」。そのまま時間となり山口の勝ち抜けが決まった。相手の戦力構成を踏まえて試合を組み立てた山口の巧みさと粘りが際立つ試合だった。

山口 ②-2 福岡
(先)福永夏生○合技△岡大樹
(次)下石悠生○優勢[指導2]本田悠人
(中)松永真×引分×安藤稀梧
(副)上領教史郎△優勢[有効]○津嘉山崇
(大)和泉川武蔵△優勢[有効]○荒木海人

3回戦までの激戦の結果決定した準々決勝のカードは下記。

神奈川 - 大分
三重 - 兵庫
茨城 - 福井
東京A - 京都

11年10月10第20回日整全国少年柔道大会・3回戦・茨城の中堅2
写真:3回戦、茨城中堅の酒井陸が豪快な払腰を決める
【1回戦】
大分 3-1岐阜
徳島 2-1 千葉
神奈川 3-1 香川
和歌山 ②-2 鹿児島
兵庫 5-0 富山
東京B 2-1 福島
北海道 3-0 長野
三重 2-1 奈良
愛媛 3-1 島根
福井 3-1 埼玉
大阪 3-0 宮崎
東京A 4-0 沖縄
高知 3-0 鳥取
京都 2-1 静岡
石川 2-1 栃木

【2回戦】
大分 5-0 宮城
徳島 3-0 滋賀
神奈川 4-1 佐賀
秋田 2-1 和歌山
兵庫 5-0 青森
東京B 2-1 愛知
北海道 3-0 岡山
三重 3-0 群馬
愛媛 3-0 山形
福井 2-0 長崎
茨城 3-1 大阪
山口 2-1 福岡
東京A 4-1 新潟
熊本 3-1 高知
京都 3-1 広島
石川 3-0 岩手

【3回戦】
大分 ①代-1 徳島
神奈川 3-1 秋田
兵庫 2-1 東京B
三重 4-0 北海道
福井 2-1 愛媛
茨城 3-0 山口
東京A 4-1 熊本
京都 4-1 石川


 次へ

 
1    



※eJudo携帯版「e柔道」10月20日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.