PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

第8回全国小学生学年別柔道大会 女子マッチレポート

2011年9月23日


※eJudo携帯版「e柔道」9月9日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


第8回全国小学生学年別柔道大会 女子マッチレポート

第8回全国小学生学年別柔道大会は平成23年8月28日(日)、大阪市立中央体育館で行われ、小学5、6年生の男女別、体重別の計8階級で日本一の座をめぐり熱戦が繰り広げられた。

5年生女子、40㎏級

金知秀(ミキハウス柔道教室・大阪)○優勢[僅差3-0]△浦明澄(雷山柔道・福岡)

11年8月28日第8回全国小学生学年別柔道大会・金知秀
写真:5年生女子40kg級優勝の金知秀
決勝の顔合わせは地元・大阪の代表金知秀(ミキハウス柔道教室・大阪)と浦明澄(雷山柔道・福岡)の2名。
両者左組みの相四つ。お互いにしっかりと組み合って、背負投を中心に技を出し合う軽量級らしい展開。

両者決め手のないまま試合は進み、2分30秒寝技の攻防の中、浦が絶好の抑え込みのチャンスを迎えるが、金がなんとか逃れてここもノーポイントのまま「待て」。
残り時間30秒となり両者激しく攻めあうがなかなか決め手がない。残り10秒、金がきれいに左背負投の形に入り込み場内大いに沸くが、これも決めきれず試合終了。勝敗の行方は旗判定へ。
旗は3本が金に揃い、場内は大歓声。金、うれしい全国初優勝を成し遂げた。

【5年生女子40kg級】
優勝:金知秀(ミキハウス柔道教室・大阪)
準優勝:浦明澄(雷山柔道・福岡)
第三位:河端風(實心館・福井)、中矢遥香(松前柔道会・愛媛)
ベスト8:長谷川優珠(大和高田市柔道連盟・奈良)、溝口愛歌(Jクラブ・宮崎)、西尾果連(長洲柔道塾・熊本)、足達実佳(大津柔道協会・滋賀)

※3位までが入賞


5年生女子、40㎏超級

古賀早也香(三猪スポーツ少年団)○横四方固△古賀ひより(古賀塾・神奈川)

11年8月28日第8回全国小学生学年別柔道大会・古賀早也香
写真:5年生女子40kg超級優勝の古賀早也香
決勝に進出したのは準決勝で優勝候補の高橋瑠璃(春日柔道クラブ・東京)を降した古賀ひより(古賀塾・神奈川)と九州大会王者の古賀早也香(三猪スポーツ少年団・福岡)、ともに「古賀」の名を持つ両者の対戦となった。

ひより右、早也香は左組みのケンカ四つ。
開始30秒、早也香の鋭い左内股。ひよりうつ伏せにて倒れる。
この技自体はポイントには至らなかったものの、早也香、引き手を離さずに崩れたひよりを仰向けにして横四方固。「抑え込み」が宣告され、このまま「一本」で試合は終了。
古賀早也香、6月の九州王座奪取の勢いをそのままに、みごと学年別日本一のタイトルを獲得した。

【成績上位者】
優勝:古賀早也香(三ッ猪スポーツ少年団・福岡)
準優勝:古賀ひより(古賀塾・神奈川)
第三位:高橋瑠璃(春日柔道クラブ・東京)、松井那菜子(松任柔道スポーツ少年団・石川県)
ベスト8:澤崎莉子(清水町柔道会・静岡)、結城彩乃(KIDS大谷・京都府)、北岡央(伊賀市柔道会・三重)、土井友里亜(養徳館・岡山)

※3位までが入賞


6年生女子、45㎏級

山室未咲(将祥柔道館・兵庫)○優勢[僅差3-0]△都留麻瑞(福知山柔道教室・京都)

11年8月28日第8回全国小学生学年別柔道大会・山室未咲
写真:6年生女子45kg級優勝の山室未咲
決勝に進出したのは、ともに昨年は準決勝で涙を飲んだ山室未咲(将祥柔道館・兵庫)と都留麻瑞(福知山柔道教室・京都)の強豪2名。

山室、都留ともに右組みの相四つ。
都留がボクサーのような出し入れの早い組み手で試合を引っ張るが、お互い決め手なく一分経過。
寝技に活路を見出した都留、横返しで攻めるも失敗。山室は横四方固を狙い「抑え込み」が宣告されるが惜しくも2秒で解ける。

再開後はこの「抑え込み」で勢いを得たか、山室が背負投げを中心に攻め続け、攻勢のまま試合は終了。
僅差判定は山室に旗が3本揃い、山室が見事学年別日本一の座を獲得した。

【成績上位者】
優勝:山室未咲(将祥柔道館・兵庫)
準優勝:都留麻端(福知山柔道教室・京都)
第三位:富沢佳奈(新井道場・埼玉)、簑和田奈未子(流山市柔道会・千葉)
ベスト8:佐々木郁実(札大ジュニアJUDOクラブ・北海道)、杉原桜(石井少年柔道教室・徳島)、箕和田奈未子(流山市柔道会・千葉)、山上春奈(富士川町JSS・山梨)

※3位までが入賞


6年生男子、50㎏超級

11年8月28日第8回全国小学生学年別柔道大会・宇田川幸
写真:6年生女子45kg超級優勝の宇田川幸
宇田川幸(国士舘少年柔道教室・東京)○優勢[僅差2-1]△宇田川幸(国士舘少年柔道教室・東京)

決勝に進出したのは昨年王者の上林山未来(光武館・鹿児島)と、4年生時から大物として注目を集めていた宇田川幸(国士舘少年柔道教室・東京)という2名。

上林山が右、宇田川が左組みのケンカ四つ。
上林山が開始直後から、右払巻込、右内股で攻め続ける。
45秒、消極的な宇田川に「指導1」。

奮起した宇田川、左内股で攻め続け、1分40秒、左内股で上林山を大きく宙に浮かせる。しかしこれはポイントには至らず、宇田川は崩れた上林山をすぐに縦四方固で抑え込むも4秒で「解けた」。
その後宇田川は攻め続け、2分20秒、今度は上林山に「指導1」。
その後、両者激しく攻めあうも試合終了。

非常に微妙な判定だったが、旗は2-1で宇田川に。 宇田川、最終学年で見事待望の全国タイトルを獲得した。

【成績上位者】
優勝:宇田川幸(国士舘少年柔道教室・東京都)
準優勝:上林山未来(光武館・鹿児島県)
第三位:都結乃(五十嵐道場・埼玉県)、永田かな(羽島柔道少年団・岐阜県)
ベスト8:香川瑞希(可部道場・広島)、都結乃(五十嵐道場・埼玉)、樗木麻美(志摩柔道スポーツ少年団・福岡)、西辻茉緒(あすなろクラブ・大阪)

※3位までが入賞






※eJudo携帯版「e柔道」9月9日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.