PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

パリ世界選手権男子各選手「採点表」×ロンドン五輪代表ひとこと展望

2011年9月7日

※eJudo携帯版「e柔道」9月1日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


パリ世界選手権男子各選手「採点表」
×
ロンドン五輪代表ひとこと展望


※eJudo編集部採点
※最低3点~最高7点。「普通」は5点。

■60㎏級

平岡拓晃 6.0
ソビロフが強すぎたが、ここ数年でも出色のパフォーマンスを披露。上積みを見せた。

山本浩史 4.5
4回戦で中堅選手のキムウォンジン(韓国)に敗退。入賞ならず。

【ロンドン五輪代表展望】
平岡がほぼ当確といっていい抜け出し。安定感だけでなく実力を十分に見せた。
山本はメダル確実レベルの平岡と争う以上、安定感だけではなく爆発力、ザンタライアやソビロフにもあるいはと思わせるだけの一発の魅力を見せなければいけなかった大会。代表決定までに平岡を凌ぐことは難しいのでは。

■66㎏級

海老沼匡 6.5
好戦的なスタイルが嵌り、悲願の金メダル獲得。団体戦での失態は全く頂けないが大枠存分に力を発揮した。

森下純平 4.5
まったくの油断で無名選手に一本負け。波の大きさは今に始まったことではないが「色々あってもここ一番はやってくれる」という信頼感、森下支持の大きな根拠を失ったのは痛い。

【ロンドン五輪代表展望】
海老沼がややリードだが、世界王者2人から「1人」の選出となる以上直接対決は不可避。国内を制した経験のない森下がしっかり勝ちあがってくれることを望む。海老沼はもともと首脳陣の評価が非常に高く、かつ実績を残したということで森下には勝利と内容、両方が求められることになるだろう。

■73㎏級

中矢力 7.0
上り調子継続し金メダル獲得。昨年王者の秋本も直接対決で下し文句なしの出来。

秋本啓之 5.5
準決勝で中矢力に敗退、5位。団体戦は強敵ダルベレに一本勝ちで実力は示したが、個人での3位確保は至上命題だった。

【ロンドン五輪代表展望】
ここも中矢と秋本のマッチレースになるが中矢が半歩リードか。直接対決、それも投技で勝利したことは大きい。
いずれこの2人以外からの選出は考えられず、再度の直接対決が最大の山場となるだろう。

■81㎏級

高松正裕 3.0
初戦敗退。全く力を見せず、出せず。結果を見せることでしか生き残れないはずのベテランとしては結果、そして内容ともに非常に厳しいものとなった。

中井貴裕 4.0
4回戦敗退。選手の格としては十分勝てる相手であったことは悔やまれるが、コンスタントに4回戦、5回戦といったところまで勝ち上がるようにはなってきた。

【ロンドン五輪代表展望】
篠原信一監督は「白紙」宣言。今大会の代表2人以外から選出の可能性の残る数少ない階級だ。しかし、インパクトのある選手が台頭してこないかぎり消去法で中井ということになるのだろう。候補は川上智弘(國學院大)か。少なくとも現時点である程度の計算が立つ中井を超える爆発力を見せないと厳しい。

■90㎏級

西山大希 6.5
イリアディスに完封されてしまったが決勝までは文句なし。

小野卓志 6.0
準決勝西山に敗退。「指導2」だったが圧倒的な差があった試合とは言えず、できれば延長まで見たかったカードだった。

【ロンドン五輪代表展望】
これも直接対決ということになるだろう。この大会は西山が勝利したが、イリアディスに連敗という事実は金メダルを至上命題として考える場合やや分を悪くする材料にもなりえる。小野は「小野ならあるいは?」と思わせるだけの勝ち方を見せたい。いまから選抜体重別が楽しみになる階級。

■100㎏級

穴井隆将 4.5
チレギゼに2回投げられて敗退。実力発揮というには程遠い内容だった。

高木海帆 4.0
プール内では唯一の敵と目されたダーウィッシュ(エジプト)に初戦敗退。力を見せることが全く出来ず。

【ロンドン五輪代表展望】
両選手とも非常に厳しい結果ということで実績のある穴井に落ち着く可能性が大。
確率は高くないが、割って入ることが出来るのは羽賀龍之介(東海大)くらいか。ただこれも相当な期待値こみの話で、現状は9割方穴井で決まりだろう。

■100㎏超級

鈴木桂治 4.5
相四つ巨漢のローダキに力負け。クリアしたはずの「超級では厳しい」という課題を蒸し返されても仕方のない内容だった。

上川大樹 3.0
可能なら0点をつけたい出来。もともと精神面での不安定さが指摘されてきた選手だが、団体戦での不甲斐ない試合振りはそのような生易しいことではなく、競技者としてなにか決定的な欠落があるのではと思わせるほどだった。

【ロンドン五輪代表展望】
81kg級とは違い「白紙」と言われてもリセットするわけにはいかないのがこの階級。
上限の力は突き抜けており唯一金メダルを狙えるがあまりにも不安定すぎる上川、精神的に信頼でき安定感はあるがどこまで引っ張れるかわからない鈴木、派手な勝ちの一方力関係が上の選手を凌ぐ試合が出来ない高橋和彦(新日本製鉄)と一長一短のこの3人から選ぶしかあるまい。

ただし上川。実績に加え技と力の上限の高さで代表に選出してきたこの選手が、メンタルの不安定さどころではない責任感の欠落を見せた今大会、「五輪は無理かな」と平然と発言した今大会を経て、なお彼を代表候補として扱い続けていいのか。何を基準に候補に「戻す」のか。この階級は混沌だ。現時点でもっとも支持を集める観測は「最後は鈴木に落ち着くのでは」というところか。


※eJudo携帯版「e柔道」9月1日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.