PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

パリ世界選手権第四日みどころ 90㎏級、70㎏級、78㎏級

2011年8月26日

※eJudo携帯版「e柔道」8月26日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


パリ世界選手権第四日みどころ
90㎏級、70㎏級、78㎏級


■90㎏級
1にも2にもイリアディス、準決勝は日本人対決か


【有力選手】

11年8

月26日世界選手権展望・イリアディス
写真:全ての鍵を握るのは
「怪人」イリアディス
優勝候補筆頭は間違いなく「怪人」イリアディス(ギリシャ・WR1位)。長らく負傷でまともに試合に出ていな かったが、昨年の東京世界選手権で復帰。抜群のパワーと二枚腰を生かした移腰を武器に一本勝ちを連発し、 それまで出来上がっていた「連戦連勝の小野、対抗するデニソフとチョリエフに期待の新鋭西山大希」という 90kg級の世界観をぶち壊し、圧倒的な強さで優勝を飾った。

出場する試合を絞ってきたイリアディスであるが、その後はワールドマスターズ(1月)では2位、グランプリ デュッセルドルフ(2月)は5位、この後の欧州選手権(5月)は優勝、グランドスラムモスクワ(5月末)は優 勝という成績。
この選手は勝つべき試合と調整のための試合をハッキリ分ける選手。その観点から試合成績を見ていくと、世 界王者として「出なければいけない」ので出たという感が強いワールドマスターズと、欧州選手権への調整試 合であるGPデュッセルドルフでは入賞も敗退。
しかし欧州選手権では爆発的な強さでデニソフ(ロシア)らから一本を取りまくって優勝。そして世界選手権 直前のグランドスラムモスクワでも圧勝。このモスクワの決勝では西山大希(筑波大3年)をほぼ秒殺の袖釣込 腰一発で屠っている。

この尻上がりの調子のあがりっぷりを見れば、この世界選手権にフォーカスしての調整であることはあきらか 。間違いなくイリアディスはピークでやってくる。
欧州選手権勝ち上がりのタイムシートを分析すると、各試合、序盤は「指導」の取り合い、終盤になってこれ がイリアディスのアドバンテージになり、そこからの「一本」という流れが目立った。組み勝ってスタミナを 奪い、疲労した相手を大技で仕留めるという得意のパターンは健在のようだ。

1にも2にもイリアディス。この配置と出来がこの階級の趨勢を分けるのは間違いない。

11年8月26

日世界選手権展望・小野卓志
写真:悲願の優勝に挑む小野卓志
対抗馬は小野卓志(了徳寺学園職・WR2位)と西山大希(WR3位)の日本勢。これにデニソフ(ロシア・WR4位) 、ママドフ(アゼルバイジャン・WR5位)、リパルテリアニ(グルジア・WR10位)、チョリエフ(ウズベキスタ ン・WR6位)らのパワーファイター、それに元祖「韓国背負い」ことイ・ギュウオン(韓国・WR9位)あたりま でが優勝圏内ということになる。

いずれも強敵だが、小野、西山とも実はこれらのパワーファイターにはそれほど相性は悪くない。イリアディ ス再出現まで信じがたいほどの強さで国際大会を勝ち続けた小野、技の鋭さと柔道の大きさで日本のエース候 補に成長した西山と、欧州勢にはパワーで対抗して切れ味鋭い技勝負に持ち込むだけの柔道が出来る。イの存 在がやや面倒ではあるが、やはり全てはイリアディスとやってみてどうか、ということに絞られるのが今回の 様相だ。

11年8

月26日世界選手権展望・ママドフ
写真:今期イリアディスを倒しているママドフ
上記のうちママドフはワールドマスターズ優勝、決勝ではイリアディスを一本で下している。イリアディスの 「調整期」の勝利ではあるがこれがひとつイリアディスを「潰す」可能性のある選手。変則に徹するイも可能 性があるのではないか。

ダークホース中のダークホースはニマン(スゥェーデン・WR12位)。「誰?」という向きもあるかと思うが、 リパルテリアニら強豪を食い続けて、イリアディスが途中敗退したグランプリ・デュッセルドルフを制した選 手だ。このデュッセルドルフではイリアディスを破ったのはスインヤブスキー(ウクライナ・WR21位)だがさ すがにこれはないだろう。

日本勢、今回は小野がいよいよ金メダルなるかに期待したい。これだけ勝ち続け、苦労して日本代表をひっぱ ってきた小野がメダルを首から下げる姿をぜひファンに見せて欲しい。

【組み合わせ】

11年8月26

日世界選手権展望・イ・ギュウオン
写真:元祖「韓国背負い」震源地の
イ・ギュウオン
当然ながら第1シードはイリアディス。きちんと出る大会を選んでランキングを上げてきたことが功を奏し、初 戦でクラウチク(ポーランド)と対戦が組まれたものの、準決勝までは見るべき敵は全くいない。心憎いばか りの準備ぶりである。十分余力を残しての勝ち上がりは間違いないだろう。

準決勝はイ・ギュウオン、ママドフ、デニソフのいずれかであろう。イは柔道の質で、ママドフはパワーと対 戦実績で期待できる。デニソフはややスケールが落ち間違いなくイリアディスの好餌。なんとかイとママドフ に頑張ってもらいたい。

11年8月

26日世界選手権展望・西山大希
写真:西山大希も力は十分。
敵はイリアディスと小野だけだ
というわけで、小野と西山は準決勝で対決。双方、良くはないが最悪でもないといった組み合わせだが詳細を 見ると小野も西山もキツい。

特に厳しいのが小野。まず入り方が難しい。初戦で地元ダフレビーユ(フランス)と対戦、次戦は前述のダー クホースニマン、3回戦は超の字のつくパワーファイターマゴメドフ(ロシア)。それらに勝っても、元81kg級 世界王者のカミロ(ブラジル)、ここまでやってようやくベスト4である。カミロには最近連勝しているがここ まで揃うとその時点での疲労もかなりだろう。

西山も初戦からリパルテリアニという配置で、これは普通の国際大会なら決勝であるべきカードだ。乗り切れ ば準々決勝でチョリエフだが、チョリエフには日本の代表格はことごとく勝っている。初戦集中だ。

■70㎏級
デコスがV候補筆頭、メサロシュとボッシュ、日本勢がこれに続く


【有力選手】

11年8月

26日世界選手権展望・デコス
写真:最有力候補は2階級王者のデコス
この階級の鉄板2強はデコス(フランス・WR1位)とメサロシュ(ハンガリー・WR5位)だが今期はボッシュ(オ ランダ・WR2位)が良い。5月の欧州選手権でメサロシュを降して優勝して勢いにのると、続くグランプリ・バ クーでも再びメサロシュを降して優勝。齢30歳にして再度のブレイク期を迎えている。欧州選手権でのメサロ シュとの対戦は「指導2」対「指導3」、グランプリ・バクーでは「指導3」を取り合った末に大内刈で一本勝ち 。しぶとさが売りの選手だ。
とはいえやはりボッシュはダークホース。デコス、メサロシュが2強、第2グループをボッシュとファンイスル (韓国・WR3位)、國原頼子(自衛隊体育学校・WR4位)、田知本遥(東海大4年・WR6位)、シエレ(ドイツ・ WR16位)らが形成するというのが公平な見方だろう。

地元フランスの期待を担うデコスは63kg級と70kg級の2階級での世界王者。欧州選手権ではブランコ(スペイン )に負けているがこれは自身の反則によるダイレクト反則負け。

11年8月26

日世界選手権展望・メサロッシュ
写真:最近は不安定さが目立つ
メサロッシュ
そもそもデコスはフォーカスしている試合では圧倒的な強さを誇り、意外に周辺の試合の成績はアテにならな い。フランス勢がもっとも大事にするグランドスラム・パリでデコスがどうだったかというとこれが圧勝優勝 。準決勝では僅か3秒でボッシュをぶち投げ、「一本」でなかった試合はフランスの同僚、パスケとの試合(指 導2)だけだ。メサロシュと3位決定戦を争うことになってしまった欧州選手権はしっかり抑え込んで一本勝ち を奪っている。
長身のメサロシュは懐にグイグイ入って圧力を掛けてくるデコスがハッキリ苦手で、やはり優勝候補筆頭はデ コス。

メサロシュは長身痩躯。かつては手足の長さを生かした朽木倒が得意だったが、やはりこれを封印してから少 々勢いが落ち、巻き込みファイターに転じた観があった。ただ、昨年までと違い技から連携しての足取りは認 めるという状況が出来上がっていることもあり、なんらかこれを生かした攻撃をしてくる可能性もある。

11年

8月26日世界選手権展望・國原頼子
写真:國原頼子は脱「銅メダルレベル」
という高い宿題に挑む
國原であるが、売りは安定感。世界選手権出場の昨年は銅メダルを獲得したが、園田隆二・女子日本代表監督 のコメントは「これでは世界一になるのは難しい」という厳しいものだった。その通り、前述の第二グループ にはしっかり勝つがメサロシュ・デコスのステージの選手には勝てていない。正確には調整期のデコスに勝っ たこと(10年1月ワールドマスターズ)があるのだが世界選手権では何も出来ずに「気迫、スピード、技の迫力 、全てが違い全然叶わなかった。組み手が巧いし技も強い」とのコメントを残し敗北。今大会はこの「第1グル ープ」に割って入り五輪に向けて存在感を見せたいところ。

11

年8月26日世界選手権展望・田知本遥
写真:GS東京優勝の田知本は爆発力に期待
田知本は首脳陣の評価が非常に高いがまだ成績は不安定。受けが固く「飛ぶ」可能性のある一方で一発の攻撃 力はある。70kg級は第2グループ以下にしぶとい選手が揃う。組み手で粘られるうちに焦れてしまいここから「 降りる」傾向がある田知本だが、状況をしっかり見つめて、自身の一発が生きる状況を作ることがポイントに なるだろう。

【組み合わせ】

11年8月26

日世界選手権展望・ファンイスル
写真:アジア勢ではファンイスルが強い
プールAに配された第1シードはデコス。準決勝までは対抗できる選手はまったくいないといってよく、ここか らの勝ち上がりは確実。
隣の山、プールBに國原が配されたが、ランキング上、ここにメサロシュがきてしまった。対戦は準々決勝。つ もり國原が優勝するためには、メサロシュ、デコス、ボッシュの3人全てに勝たなければいけなということだ。 はっきりキツい位置。
2回戦でブランコ(スペイン)という山があり、まずここをしっかり戦いたい。

プールCにはボッシュ。ライバルのスラカがいるが、これはボッシュの勝ち上がりが濃厚。

そしてプールB。田知本は準々決勝でファンイスル、もしくは地元のパスケ(フランス)と戦うことになる。
楽ではないが、國原の位置と比較するに戦いやすさは明らか。余力を残して勝ち上がりたい。
ボッシュは今期絶好調だが、選手の格としては田知本の手の届かない相手ではない。昨年のグランドスラム東 京では消耗戦を粘りきり、GS延長戦の末「指導2」を奪って勝利している。決勝までの勝ち上がりは現実的だろ う。五輪を見据えれば、なんとか決勝に進み、ここでトップコンディションの「2強」と矛を交えておきたいと ころだ。

■78㎏級
混戦階級、チュメオらのパワーファイターに緒方の絡んだV争い


【有力選手】

11年8月26

日世界選手権展望・チュメオ
写真:混戦階級、V候補筆頭はチュメオ
この階級は混戦、東京世界選手権終了以降、大会ごとに上位が入れ替わる混戦模様となっている。絶対的な選 手はいない。

その中でも、パワーファイターがメインストリームとなりつつある傾向はあり、新鋭チュメオ(フランス・WR5 位)、ベテランのルブラン(WR9位)を擁するフランス勢が有力。これにアギアール(ブラジル・WR5位)、ヤ ンシュウリ(中国)、ジョー(ハンガリー)、ジョンギョンミ(韓国・WR11位)、東京世界選手権を制した後 はまったく冴えなかったが直前のグランドスラムリオで2位入賞したハリソン(アメリカ・WR2位9)、これに緒 方亜香里(筑波大3年)までが優勝候補だろう。

11年8月

26日世界選手権展望・緒方亜香里
写真:ランキング1位の緒方
ランキング1位の緒方亜香里(筑波大3年)は昨年来不調、売りのはずの体の力で負け続ける場面が増え、グラ ンドスラム東京ではダークホースと言っていいジャーク(ベルギー・WR15位)に掬投で思い切り投げられるほ ど。しかし5月末のグランドスラムモスクワで優勝、勝ち上がりの内容はいまひとつだが現在復調の流れにいる 。内股と横三角という得意技は既に知れ渡ってしまっているが緒方が新しい組み立てを見せるか、パワーでこ れを押し切るか。戦いぶりに注目したい。

池田ひとみ(自衛隊体育学校)はジョーカー。担ぎ技と足技を主体とした柔道の質はこの階級では面白いと思 うのだが、なにしろまだ一線級を一人も倒していない。まず波に乗り、自分の柔道がしっかり出来る状態を作 るところからだろう。

【組み合わせ】

11年8

月26日世界選手権展望・アギアール
写真:パワーファイターのアギアール
緒方は第1シード。一番警戒すべきチュメオとは山が離れ決勝まで対戦はない。
プールAには緒方。3回戦でフェルケルク(オランダ)、準々決勝でプリシチェバ(ウクライナ)である。これ はハッキリ、悪くない。最初の山場は準決勝であろう。

その準決勝の相手が決まるプールBにはアギアール、ベテランのマルザン(ドイツ)、そしてジョー、ジャーク と有力選手がギッシリ。緒方にとって嫌な記憶のあるジャークが順当に落ちてくれれば、このメンツであれば 緒方が勝ち上がる可能性が高いのではないか。

11年

8月26日世界選手権展望・ハリソン
写真:東京世界選手権王者のハリソン
池田はプールC。プールB、プールDの密集度を考えればこれはラッキー。3回戦で地元のロウテ(フランス、ル ブランではなくこの選手を出してきた)とうるさいカスティーヨ(キューバ)の勝者と対戦し、準々決勝はハ リソンとプレフジャルガル(モンゴル)の勝者となるだろう。なんとかここまではたどり着いて欲しい。

プールDは初戦でチュメオとジョンギョンミ(韓国)がぶつかるという双方にとって呪わしい組み合わせ。これ に勝利したほうがウォラート(ドイツ)と準々決勝を争う。

プールBとプールDが厳しい山で、日本勢2人はこれからいずれも外れた。この組み合わせをいかすことができる か。緒方は潜在能力としては頂点に立つ力はある。緒方の敵は間違いなく自分。健闘を祈りたい。


※eJudo携帯版「e柔道」8月26日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.