PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

インターハイ女子団体戦展望

2011年8月9日

※eJudo携帯版「e柔道」8月8日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


インターハイ男子団体戦展望 1/2

→インターハイ柔道競技組み合わせ

11年8月8日インターハイ女子団体展望・阿蘇高
写真:金鷲旗を制したばかり、士気も高い阿蘇
■有力校

当然と言えば当然だが、3人制の団体戦は5人制のそれと1点の重みが全く違う。
ゆえに「一本」が奪取できる絶対的なエースの存在の有無はそのままチームの成績に直結する。3人制では「一本」で失点した場合、その1点をフォローするチャンスは2試合しか用意されておらず、しかもここに連勝する以外にほぼ逆転の道はない。1勝1分でこれを逃してしまうと代表戦で再びエースの登場を許してしまうからだ。

つまり、絶対的なエースの存在を前提にすることが出来れば、あとは引き分けられるクオリティの選手が1人を用意すれば良いという考え方がひとつ成り立つ。最悪でも代表戦を含めてエースを2回畳に送り出すことが出来るので、いわば「4人戦に2枚エースがいる」状態を作り上げられるからだ。よってエースの育成は3人制勝利の絶対条件と言え、もし仮に全高校生から「一本」で勝利できる質の選手を作り挙げられれば9分通りチームは完成したと見てよい。

この、「誰からでも一本が取れる」に近い力を持つのではと思われるのが、22年78kg級インターハイ王者、梅木真美(阿蘇)。畢竟、金鷲旗を制したばかりの阿蘇(熊本)が優勝候補の筆頭となる。
梅木のほかにも70kg級の22年インターハイ3位、取り味のある吉村静織に、手堅い63kg級の金子岬加と駒の揃った阿蘇の戦力は充実。受けに固いところのある吉村がよほどのポカでも犯さない限り優勝の可能性はかなり高いのではないだろうか。金鷲旗制覇後もおごることなく「昨年の悔しさを晴らすつもりで」インターハイに乗り込むという士気の高さも買いだ。

11年8月8日インターハイ女子団体展望・淑徳高
写真:本来の戦力であれば優勝候補筆頭と言ってよい淑徳
昨年度優勝の淑徳(東京)は超級の橋本朱未、63kg級世界ジュニア王者の田代未来と絶対的な駒を2枚揃え、レギュレーションの嵌るこの3人制は本来であればダントツの優勝候補筆頭。しかし田代は金鷲旗で左膝を負傷し今大会のパフォーマンスの程には疑問符がつく。橋本も上向きとはいえいまだ2ヶ月稽古を停止した体調不良からの復帰途上であり、現状からすればその戦力は阿蘇の対抗馬という位置づけになるだろう。本来は大会最大の大駒となるはずの橋本が勝ちまくるシナリオ以外に優勝への道はない。

昨年3位、70kg級の長内香月に63kg級の佐野賀世子と2枚が非常にしっかりしている高岡龍谷(富山)も第1グループ、優勝圏内に入ってくる。金鷲旗は出場していなかったがその分このインターハイに合わせてしっかり調整してくるはずだ。

金鷲旗の戦いぶりを見る限り、同じく第1グループに入ってくるのが鹿児島南(鹿児島)。エースで主将の稲森奈見は井坂希望(八千代)を合技で一蹴するなどここに来て急速に存在感を増している。78kg級の高山莉加も取り味があり、70kg級の榎谷有里も相手の片腕を極める引込返など寝技も上手く、しぶとい選手だ。
大成(愛知)も藤原恵美、古屋梓を軸に面白い。金鷲旗ではやや淡白な試合振りだったが、地力を発揮すれば戦力的には第1グループに入ると見て良いだろう。

ほか、小針由江を擁する埼玉栄(埼玉)、金鷲旗2位の敬愛(福岡)、東大阪大敬愛(大阪)などがこの後を追う有力チーム。加えて、大石美沙希を擁する長崎明誠(長崎)、東大阪大敬愛(大阪)、鶯谷(岐阜)などが有望だ。今期は九州勢が他を圧する強さを見せており、戦力情報にはこの分を上積みして考える必要がある。その中では長崎明誠、敬愛は予想以上の活躍を見せる可能性も大だ。


 次へ



※eJudo携帯版「e柔道」8月8日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.