PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

インターハイ女子有力校監督インタビュー

2011年8月8日

※eJudo携帯版「e柔道」8月3日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


インターハイ女子有力校監督インタビュー

阿蘇高・松岡静也監督

11年8月3日インターハイ女子有力校監督インタビュー・松岡静也監督
写真:金鷲旗に初優勝、
優勝インタビューに臨む松岡静也監督
金鷲旗に優勝して、勝った時には生徒も嬉しかったと思うんですが、稽古が始まってみると皆金鷲旗に関してはむしろ悔しがっていますね。試合内容に納得がいかないようです(笑)。

優秀選手賞を獲った吉村静織は派手な勝ちもありましたが負けもあり、思うような試合ではなかったのか「自分の力はこんなもんじゃない」と悔しさを露骨に出して稽古していますし、インターハイに出る金子岬加も試合を振り返って「私は負けてきただけ」と涙を流していました。優勝を決めた梅木真美ですら回りに「2回しか試合をしていない」「相手があれだけバテてきたら私でも勝てる」などと言われていまして、インターハイで自分の力を見せたいという気持ちは強いようですよ(笑)

私自身も、実は「金鷲旗に勝ったらそこで満足してしまうんじゃないか」という密かな不安があったんです。08年に緒方亜香里や山本小百合のチームで高校選手権を獲ったんですが、そのあと私が抜け殻みたいになってしまったことがあったので、今回もそうなってしまうんじゃないかと(笑)。
ただ、実際に優勝してみるとそんなことはまったくない。勝ちたいと思う気持ち、モチベーションは金鷲旗の前よりも逆にあがっている感じですね。

稽古はまだバリバリやっています。調整というよりも強化、強くなる稽古をしています。稽古のやり方も金鷲旗まと変わりありません。寝技がマークされるのでは?と聞かれることもありますが、うちの試合ではもともと相手は寝技をやってくれない。この中でどう得意の寝技を生かすかという稽古もやっていますし、どう守られたらどう取るかというような先の展開を踏まえた稽古をしていますので、やり方を変えるというようなことはありませんよ。

インターハイには2冠を狙いに行くというより、金鷲旗の悔しさ、去年獲れなかった悔しさを晴らすという気持ちですね。目標は勿論優勝です。

淑徳高・酒井健弥監督

11年8月3日インターハイ女子有力校監督インタビュー・酒井健弥監督
写真:淑徳高・酒井健弥監督
金鷲旗は色々な方に優勝候補だと言って頂いていたんですが、準決勝で敗退。これは私の指示が至らなかったこともあり、選手にミスが重なってしまいました。悪い流れというよりも違う道を歩いてしまったという感じでしたね。

その金鷲旗、準決勝でエースの田代未来が左膝を負傷してしまいました。復帰の具合は微妙なところですが、さすがに、万全でインターハイに臨むというわけにはいかない情勢です。
ですので、2枚看板のもう1枚、橋本朱未の出来が最大のポイントになるんじゃないでしょうか。
金鷲旗についても、微妙な判定などさまざまな要素がありましたが、生徒たちには橋本が取れなかったことが全てだと話しています。

体調不良からは大分復活してきましたが、金鷲旗を見て頂いてわかるとおり、まだ本調子ではありません。先日の全日本カデの合宿での稽古を見ても、かなり調子は上がってきてはいますが完璧というわけではない。追い込む稽古よりも、体調と相談しながらコンディションを上げていくという形になるでしょうが、それでも金鷲旗よりは二段くらいレベルがあがってインターハイに臨めるんじゃないかと踏んでいます。

3枚目の齋藤麻緒がとにかく負けない選手なので強豪チームと試合をしても十分引き分けの計算は立つ。やはり橋本がキチっと試合をすることが出来るかどうかですね。

バックアップ要員としては渡辺真珠美。中高6年淑徳でやってきた選手ですが、ここ1ケ月で一気に伸びました。関東大会で負け、インターハイ予選で負けて吹っ切れ、これをきっかけにグンと上がってきましたね。橋本や田代のような派手な選手ではないですがうちらしいしぶとい柔道ができます。1年生の高沢真冴は軽量級ですが、金鷲旗で途中で外すのがもったいないくらいの柔道をしていました。しっかり無差別でも引き分けられるだけのものをもっています。

強豪チームとの対戦を考えるとどうしても最後には橋本がカギになる。ここで橋本がしっかり仕事ができるかどうか。負けはしましたが、金鷲旗全体を見ていても、立ち技ではうちが日本一だと思います。去年のような派手な勝ち方はできないと思いますが、その気持ちを持って、今回も優勝目指して頑張ります。


※eJudo携帯版「e柔道」8月3日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.