PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

満願成就の阿蘇、「最後の校歌」で優勝祝う・金鷲旗高校大会

2011年8月3日

※eJudo携帯版「e柔道」7月23日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


満願成就の阿蘇、「最後の校歌」で優勝祝う

11年7月23日金鷲旗・阿蘇高・校歌
写真:肩を組み校歌を歌う阿蘇高松岡監督と選手たち
優勝を決めインタビューに臨んでいた松岡静也監督に、円陣を組んだ部員たちが「先生、校歌歌おう!」と叫ぶと、松岡監督は「おう!」と応え、ジャンプして輪の中へ。
毎日全員で校歌を歌ってから練習に臨むのが阿蘇高の伝統だが、実は、阿蘇清峰高との統合のため、この秋からは「阿蘇中央高校」と学校名が変わる。もちろん校歌も変わってしまうため、選手たちが今の校歌を歌えるのはこの夏が最後だ。
「最後に必ず日本一になって、会場で校歌を歌おう」との決意で臨んだ今大会で見事優勝を果たし、部員たちの望みはここにかなった。

数十人の部員全員が肩を組んで校歌を歌い、感涙にむせぶ。エースの梅木は笑顔で、優秀選手に輝いた吉村は目に涙を光らせながら、広いマリンメッセ福岡の中央で校歌斉唱という異例の優勝セレモニー。
巨大会場を揺るがす「讃めんかな阿蘇、阿蘇、阿蘇、大阿蘇」の大音声に、観客席からの拍手は鳴り止まなかった。



※eJudo携帯版「e柔道」7月23日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.