PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート 1回戦~5回戦

2011年7月16日

※eJudo携帯版「e柔道」6月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


全日本学生柔道優勝大会男子マッチレポート
1回戦~5回戦 1/4(1回戦~2回戦)


6月24日より26日まで開催された全日本学生柔道優勝大会、第60回の今大会は予選なしのオープン参加となったこともあり、全カテゴリで228校、2037名が参加。7人制で行われる男子は実に143校が参加するという巨大大会となった。

高木海帆(3年)、羽賀龍之介(2年)らを中心に巨大戦力を誇り4連覇を狙う東海大が優勝候補の筆頭。講道館杯超級王者の百瀬優(4年)を筆頭に今年もしぶといメンバーを揃えた国士舘大が対抗馬で、この2校を軸に世界選手権超級王者上川大樹を擁する明治大、軽量ながらも西山大希ら好選手を揃えた筑波大、日本大、日体大、山梨学院大らが2強を追うというのが今年の展望。
4連覇を狙う東海大・吉田優也主将の選手宣誓で3日間に渡る激戦の火ぶたが切って落とされた。

11年6月26日全日本学生柔道優勝大会・男子・開会式
写真:オープン参加の今大会、開会式の日本武道館は
選手でギッシリ
1,2回戦では強豪がほぼ順当な勝ち上がりを見せたが2回戦で大波乱。
昨年ベスト8、今年も組み合わせから推し量って準々決勝までの勝ち上がりが濃厚と思われた桐蔭横浜大がまさかの敗退。2回戦で龍谷大に3-2で競り負けてしまったのだ。

龍谷大 3-2 桐蔭横浜大
(先)鈴木明大×引分×乙津端希
(次)蛯谷和陽○優勢[技有・払巻込]△鹿谷武史
(五)日比野龍矢○払腰(1:25)△西岡勇武
(中)門脇光佑△優勢[指導2]○宮崎賢司
(三)楳生拓也×引分×山根士
(副)高木皓平△背負投(1:38)○大島一起
(大)堀耕平○合技(4:55)長田拓郎

桐蔭横浜大は2トップの全国体育系大会100kg超級王者の長田拓郎、同2位の鹿谷武史がともに敗れるという非常事態。ここでそれぞれ1点を計算していたとすれば、皮算用とのズレはマイナス4点。単なるアクシデントでは総括しきれない完敗となってしまった。
一方の龍谷大は大殊勲。ほかに本命と言える大学がないこのブロックは大混戦の様相を呈することとなった。

ともに優勝経験のある名門同士が1回戦でマッチアップした中央大と近畿大の伝統校対決は中央大に軍配。2つの引き分けを受けて登場した五将の山口真史が内股返で「有効」を失ったがここから奮起、払巻込で2つの「技有」を奪って逆転勝ちすると、そこから一気の五連勝で近畿大を一蹴した。

中央大 5-0 近畿大
(先)倉持剛×引分×垣田恵佑
(次)酒井正男×引分×原田雄太
(五)山口真史○合技(払巻込・払巻込)△安田翔太
(中)福本翼○払巻込△白川幸太郎
(三)土屋潤○出足払△高谷弘樹
(副)吹田勝信○払腰△前口裕紀
(大)田中暁○優勢[指導3]△内林将太

優勝候補筆頭の東海大は相手の大阪教育大が棄権したためこの段階での試合はなし。
天理大、日本大、日体大、山梨学院大、国士舘大、明治大と優勝争いに絡むと目される強豪校はいずれも7-0のパーフェクトゲームで3回戦進出を決めた。

【2回戦・強豪校の勝ち上がり】

東海大○不戦△大阪教育大

天理大 7-0 山梨大
(先)受川正敏○大外刈△片岡亮
(次)矢田友克○肩固△小倉龍太
(五)西田勇生○内股△塩原広平
(中)高木悠祐○大外刈△佐原輝
(三)相川翔太○払腰△早野貴斗
(副)丸山剛毅○内股△佐野随顕
(大)津田賢一○小外刈△中村亮太

日本大 7-0 関東学院大
(先)片岡仁○小内巻込△横山和生
(次)江原拓巳○内股△足立祐樹
(五)藤川和紀○払腰△嶋末和真
(中)臼井郁人○総合勝△小島健志
(三)稲田基○内股△湯田直也
(副)武山大代○払腰△本間遼
(大)原沢久喜○払腰△田中友久

山梨学院大 7-0 日本文理大
(先)中村剛教○合技△鶴丸裕基
(次)阿部亜人○支釣込足△岩藤
(五)帆高純平○裏投△西岡嵩光
(中)嘉山貴之○大外刈△久間裕輝
(三)柴崎裕亘○払腰△工藤健人
(副)鈴木誉広○内股△湯地晋平
(大)増田哲也○払腰△児玉裕世

日体大 7-0 大阪電通大
(先)木村達也○隅返△森岡伸
(次)後藤光○大内刈△花原大貴
(五)小幡豪紀○内股△内野真志
(中)鈴木慎平○内股△木村遼
(三)渡辺裕太○内股△豊田猛
(副)森内椋平○内股△佐藤文哉
(大)飯干翔太○払腰△佐伯一馬

国士舘大 7-0 帝京大理工学部
(先)百瀬優○払腰△山崎友敬
(次)浅沼拓海○横四方固△神谷友道
(五)岩尾敬太○横四方固△瀬端邦章
(中)釘丸太一○内股△大野雄基
(三)井上貴裕○支釣込足△官野文登
(副)手嶋将太郎○背負投△石井祐太朗
(大)羽沢頼誠○上四方固△小椋直樹

筑波大 7-0 岡山大
(先)小倉武蔵○谷落△白河原俊
(次)谷田部亮○内股△福岡啓史
(五)山邉雄己○内股△小村雅之
(中)井口大輔○払腰△真鍋心作
(三)近藤拓也○小外刈△三坂浩
(副)西山雄希○内股△木元琢
(大)宇都宮光樹○袈裟固△加藤直也

明治大 7-0 防衛大
(先)渡辺智斗○大外刈△青木一馬
(次)菅原健志○縦四方固△小松喜治
(五)上川大樹○払腰△仲井幸太
(中)原田龍○払腰△谷川雅則
(三)重松賢太郎○崩上四方固△吉田解析
(副)高橋昂太○合技△井浦勇佑
(大)吉井健○裏投△星瑛仁

【1回戦結果】

福井工業大 4-1 学習院大
清和大 4-1 大正大
日本経済大 7-0 明治国際医療大
関西大 5-1 愛知大
福岡教育大 4-3 芝浦工大
甲南大 7-0 玉川大
東海大学九州 7-0 岐阜大
法政大 6-1 佛教大
平成国際大 7-0 上智大
名古屋大 5-2 広島工大
6横浜市立大 5-2 高千穂大
京都産業大 4-3 仙台大
埼玉大 7-0 東京学芸大
関東学園大 5-2 専修大
拓殖大 7-0 茨城大

【2回戦結果】

東海大○不戦△大阪教育大
流通経済大 5-1 広島国際大
國學院大 4-2 大阪産業大
熊本学園大 5-2 東京有明医療大
天理大 7-0 山梨大
近畿大工専 7-0 日本文化大
道都大 6-0 松山大
城西国際大 4-3 福井工大
福岡大 5-1 旭川大
東北福祉大 5-1 立正大
東京農大 4-1 姫路獨協大
清和大 3-1 静岡産業大
日本大 7-0 関東学院大
同朋大 5-2 京都大
千葉大 7-0 水産大学校
日本経済大 7-0 明治学院大
山梨学院大 7-0 日本文理大
倉敷芸術科学大 4-3 立教大
青山学院大 7-0 専修大北海道短大
関西大 7-0 金沢工大
早稲田大 5-2 富士大
上武大 4-2 芦屋大
中京大 7-0 明星大
福岡教育大 ③代-3 大阪経済法科大
日体大 7-0 大阪電通大
北陸大 6-0 了徳寺大
徳山大 7-0 城西大
甲南大 5-1 弘前大
同志社大 7-0 横浜国大
東京理科大 5-2 下関市立大
慶應義塾大 6-0 大阪経済大
駒澤大 7-0 東海大九州
国士舘大 7-0 帝京大理工学部
大阪体育大 5-1 帝京科学大
金沢学院大 7-0 岡山理大
法政大 ②-2 熊本大
筑波大 7-0 岡山大
亜細亜大 4-2 皇學館大
秋田大 6-1 九州大
平成国際大 7-0 和歌山大
龍谷大 3-2 桐蔭横浜大
新潟大 3-2 成蹊大
大阪商大 5-2 名古屋大
帝京大 6-1 神戸学院大
東日本国際大 6-1 酪農学園大
大東文化大 4-0 九州共立大
明治大 7-0 防衛大
順天堂大 6-0 立命館大
名城大 7-0 千葉工大
京都産業大 7-0 愛媛大
東洋大 7-0 摂南大
九州国際大 7-0 信州大
愛知学院大 7-0 東京経済大
埼玉大 7-0 北海道大
国際武道大 7-0 東京大
東北学院大 5-2 びわこ成蹊スポーツ大
札幌大 7-0 一橋大
別府大 4-2 関東学園大
中央大 5-0 近畿大
鹿屋体育大 5-0 桜美林大
関西学院大 5-2 名古屋商科大
拓殖大 3-2 岡山商科大

 次へ

 
1      


※eJudo携帯版「e柔道」6月30日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.