PAGE TOP ↑

柔道1

柔道2
柔道4 柔道5

eJudoとは?情報募集・お問い合わせサイトマップ

グランドスラムモスクワ女子各階級概況×日本人勝ち上がり詳細

2011年6月5日

※eJudo携帯版「e柔道」5月29日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


グランドスラムモスクワ
女子各階級概況×日本人勝ち上がり詳細 1/2


48kg級
福見友子が優勝、地元勢を寄せ付けず


福見友子(了徳寺学園職・WR2位)が他を寄せ付けず優勝。3回戦では地元ボグダノワ(ロシア・WR12位)を横四方固に仕留めて3試合連続の一本勝ち。準決勝はベテランのジョシネ(フランス・WR9位)から残り30秒で大内刈「有効」を奪って勝利。決勝は地元期待のコンドラチェバ(ロシア・WR16位)から2分54秒に小内刈「技有」、残り8秒にも「有効」を追加して危なげなく優勝を決めた。
欧州選手権に優勝したばかりの北京五輪王者・ドゥミトル(ルーマニア・WR3位)は3回戦でイタリアのモレッティ(WR27位)に「指導2」で敗れて入賞にすら手が届かず。
メネゼス(ブラジル・WR4位)は準決勝でコンドラチェバに一本負けを喫して3位に終わった。

【入賞者】
1. FUKUMI, Tomoko (JPN)
2. KONDRATYEVA, Nataliya (RUS)
3. JOSSINET, Frederique (FRA)
3. MORETTI, Elena (ITA)
5. BOGDANOVA, Liudmila (RUS)
5. KEARNEY, Lisa (IRL)
5. MUNKHBAT, Urantsetseg (MGL)
5. MENEZES, Sarah (BRA)

【日本選手勝ち上がり】
福見友子(了徳寺学園職)
成績:優勝
[1回戦]
福見友子○背負投△CHERNIAK(ウクライナ)
[2回戦]
福見友子○後袈裟固△SHIN SEUNG MII(韓国)
[3回戦]
福見友子○横四方固△BOGDANOVA(ロシア)
[準決勝]
福見友子○優勢[有効・大内刈]△JOSSINET(フランス)
[決勝]
福見友子○優勢[技有・小内刈]△JKONDRATYEVA(ロシア)

52kg級
西田油断!?ムンクフバータルに敗れて2位


大本命の西田優香(了徳寺学園職・WR1位)が決勝でムンクフバータル(モンゴル・WR3位)に敗れる波乱。
試合をコントロールしながらも決め手に掛け、GS延長戦48秒、ムンクフバータルの内股に「有効」失陥で試合を壊してしまった。流れは西田と思われていただけに唐突な、そして痛い一発だった。それまでキム・キョンオク(韓国・WR20位)、タラングル(ドイツ・WR12位)、ラモス(ポーランド・WR6位)らのうるさい選手を一蹴してきた西田だけにここでの敗戦は意外の一言。

ムンクフバータルはグランドスラム・パリで突如優勝したが以後は元通りの、上位入賞に絡み続ける中堅選手という印象の成績しか残せていなかった。しかし再びのビッグタイトル獲得、そして何より独走を続ける日本勢の一角を崩したことでパリ世界選手権では優勝候補の一人に挙げられることになるだろう。
この階級は入賞の7人以外にもゴメス(スペイン・WR4位)、ヘイレン(ベルギー・WR17位)、ミランダ(ブラジル・WR10位)などが参加し、レベルの高い大会だった。

【入賞者】
1. MUNKHBAATAR, Bundmaa (MGL)
2. NISHIDA, Yuka (JPN)
3. RAMOS, Joana (POR)
3. KUZYUTINA, Natalia (RUS)
5. TARANGUL, Romy (GER)
5. CARRASCOSA, Ana (ESP)
5. HE, Hongmei (CHN)
5. KRAEH, Mareen (GER)

【日本選手勝ち上がり】
西田優香(了徳寺学園職)
成績:2位
[2回戦]
西田優香○背負投△CHYTRA(チェコ)
[3回戦]
西田優香○腕挫十字固△KIM KYONG OK(韓国)
[4回戦]
西田優香○優勢[有効・小内刈]△TARANGUL(ドイツ)
[準決勝]
西田優香○背負投△RAMOS(ポーランド)
[決勝]
西田優香△GS有効・内股○MUNKBAATAR(モンゴル)

57kg級
佐藤愛子優勝!得意の担ぎと寝技冴える


日本の佐藤愛子(了徳寺学園職・WR6位)が優勝。準決勝は第1シードのモンテイロ(ポルトガル・WR2位)を破って勝ち上がってきたザブフディナ(ロシア・WR22位)を横四方固「一本」、決勝はパヴィア(フランス・7位)を相手に2分20秒袖釣込腰「技有」を奪って快勝。見事優勝を決めた。

直接対決の相手で世界選手権にメダルに絡む強豪はパヴィアのみ、やや歯ごたえに欠ける「グランプリ」クオリティの面子だったが前述のモンテイロにフィルツモザー(オーストリア・WR3位)、カプリオリウ(ルーマニア・WR5位)、カラカス(ハンガリー・WR4位)、キム・ジャンディ(韓国・WR8位)らの強豪が軒並み参加したハイレベル大会での優勝は素晴らしいの一言。世界選手権に向けて佐藤の存在感を世界に示す優勝だった。

【入賞者】
1. SATO, Aiko (JPN)
2. PAVIA, Automne (FRA)
3. ZABLUDINA, Irina (RUS)
3. FILZMOSER, Sabrina (AUT)
5. GASIMOVA, Kifayat (AZE)
5. MALLOY, Marti (USA)
5. MELANCON, Joliane (CAN)
5. KARAKAS, Hedvig (HUN)

【日本選手勝ち上がり】
佐藤愛子(了徳寺学園職)
成績:優勝
[2回戦]
佐藤愛子○横四方固△MADRAIMOVA(トルクメニスタン)
[3回戦]
佐藤愛子○優勢[指導2]△WAECHTER(ドイツ)
[4回戦]
佐藤愛子○優勢[技有・袖釣込腰]△
[準決勝]
佐藤愛子○横四方固△ZABLUDINA(ロシア)
[決勝]
佐藤愛子○優勢[技有・背負投]△PAVIA(フランス)

 次へ

 
1  


※eJudo携帯版「e柔道」5月29日掲載記事より転載・編集しています。

ドコモ版QRコード KDDI版QRコード
 docomo版QRコード    au版QRコード


→eJudoトップページに戻る
→「ニュース・マッチレポート」に戻る


supported by KAYAC 運営会社サイトポリシー  RSS copyright (c) 2005 ejudo all rights reserved.